メドゥーサ

Last-modified: Sat, 27 Nov 2021 21:24:44 JST (59d)
Top > メドゥーサ

ステータス Edit

☆3ライダー
rider01-01.png能力値(最大値)
HP11,618
ATK10,286
COST7
コマンドカードBAAQQ

ステータス詳細 Edit

属性:混沌・善 時代:神話時代 地域:ギリシャ
筋力:B 耐久:D 敏捷:A 魔力:B 幸運:E 宝具:A+
 

新着【更新履歴】 Edit

2018/9/11 改行を増やして全体的に読みやすく。また、スキル周りを色々と追加

9/22 通常攻撃やスキル関係などに加筆。スペシャルアタックも追加

9/30 ステータス更新、宝具へ追記、育成欄追加

2019/1/22 スキル強化の欄にチャージタイムの変化を追加、記述を一部変更
1/26 REVISION 15の調整点を記載、スキル欄を新レイアウトに更新
2/25 REVISION 15以前の仕様を前提とした記述のコメントアウト、ほか追記
10/31 REVISION 33の調整点を記載
2020/1/26 REVISION 37の調整点を記載
7/04 REVISION 42の調整点を記載
2021/4/23 REVISION 61の調整点を記載
7/22 REVISION 64の調整点を記載

解説&攻略 Edit

  • 2018年7月26日稼働に伴う初期実装サーヴァントの一人である。
  • アプリ版においては聖晶石召喚、フレンドポイント召喚の両方で召喚が可能なサーヴァントである。
    本作においてはダッシュ速度がトップクラスで、魔力一本の消費で走れる時間もライダーであるため長い。
    また、魔力回復のリキャストも早めのため、素早い接近と離脱が可能なサーヴァントである。
    一方、通常攻撃は攻撃範囲や発生面では良好であるが、リーチがやや短めなのがネック。
  • 対アサシンクラスに対しては、魔眼と怪力のコンボで密接状態からのB始動クリティカルで大ダメージを与えることも不可能ではないが、スタン中はダメージが半減するのでギリギリの追い討ち時は実用的ではない。
    基本的には味方に対処してもらい、自分からアサシンと戦うのは緊急手段に留めておきたい。
  • 初期習得している魔眼は性別を選ばずスタン(正確には石化だが特別なエフェクトはない)させることができる為、彼女を二番手・三番手に据える事で近接キャラをサポートスキルで援護する戦術が猛威を振るっていた。
    しかし、サポートスキルのCT追加によるシステム変更と、後に更にCT増加の下方修正、弱体無効礼装「聖者の依代」による対抗手段、その他の強力なサポートスキル実装といった、様々な要因で稼働初期のような猛威はさすがに収まっている。
    もっとも、サポ「魔眼」の脅威と彼女自身の基本性能の高さ自体は全く変わっていないので、決して侮ってよいサーヴァントではない。
    +  REVISION 15の調整点
    • REVISION 15のバランス調整でダッシュ速度が速くなったが、他サーヴァントと比べるとそれほど顕著ではない。
       また、一方でライダークラスはダッシュ時に魔力一本で走れる時間が若干短くなった(8秒→7秒ちょっと)ので、魔力全快状態から走れる距離はそれほど変わっていない。
    • 通常攻撃は主力となるQuickとArtsのコンボ間短縮が行われてDPSが向上しているものの、特に操作感で大きな変更はない。
    • 一方で、猛威を振るっていた「魔眼」は「非貫通」の属性が付与され、サポートスキルにリキャスト時間が設定されるという弱体を受けてしまっている。
       そのため、彼女自身は強化されているものの、サポートを宛てにした編成に大きく影響を与える形で調整されている。
    +  REVISION 33の調整点
  • REVISION 33で、サポートスキルのチャージタイムが倍の80秒になり以前と比べ弱体化した。
  • +  REVISION 37の調整点
  • REVISION 37のバランス調整では宝具が『FGO』の強化後の状態に変更された。
  • +  REVISION 42の調整点
  • REVISION 42のバランス調整ではArts1で最後のコマンドカードで攻撃するとき、攻撃終了後の硬直時間が減少している。
  • +  REVISION 61の調整点
  • REVISION 61のバランス調整で、全体的な攻撃モーションで相手を捕えやすくなった。
  • +  REVISION 64の調整点
  • REVISION 64のバランス調整でライダークラス全体の調整として、コマンドカードドロー時間が短くなり、ダッシュ時の魔力を消費する時間の間隔が長くなった。
    一方で魔力回復開始までの時間が長くなっている。

通常攻撃 Edit

【Buster】獲物を狙う蛇が如く Edit

[Hit数:1]
Buster1……四つん這いの低い姿勢から力を溜めて突進
Buster2……前宙をしながら鎖を振り下ろす

  • 発生が遅く、コンボに混ぜても隙を見られてしまうので、平時においては視覚外からの闇討ち以外では振らない方が良いだろう。
    一方で、魔眼や昏睡状態など敵が動けない状態であれば、密接してクリティカル発生率を上げたうえで積極的に狙っていきたい。
  • Rev61の調整で攻撃判定が出るまでの誘導補正が超強化され、横を走り抜けようとする相手に振って当たるくらいとなった。
    これにより、甘い回避を喰う事もできるようになったので、コンボのリズムを崩す一巻として混ぜ込むのも選択肢として入るようになった。
    +  REVISION 61の調整点
    • REVISION 61のバランス調整で、Buster1の攻撃開始直後にターゲットの方向に振り向く時間が延びた。

【Arts】しなやかに絡めとるが如く Edit

[Hit数:3]

  • Arts1……両手に持った杭状短剣を縦横無尽に振るう
  • Arts2……杭状短剣を使った3連続攻撃
  • 攻撃範囲が広めな上、特に三回目の横薙ぎする判定が胡散臭く、回避した相手を巻き込みやすい。
    Rev61の調整で誘導補正も強化されたため、以前はマレにカス当たりをする事があったが、それも発生しにくくなった。
  • NP獲得量は初手Artsで3%ほど。単体ではイマイチだが、スキル3にNP獲得量アップがあるので意外とNP効率は悪くない。
    +  REVISION 15の調整点
    • REVISION 15のバランス調整によりArts1・2のどちらも攻撃後に次のコマンドカードの攻撃に移行するまでの時間が早くなった。
    +  REVISION 42の調整点
  • REVISION 42のバランス調整にてArts1で最後のコマンドカードで攻撃するとき、攻撃終了後の硬直時間が減少している。
  • +  REVISION 61の調整点
  • REVISION 61のバランス調整で、Arts1の攻撃開始時の移動を開始するタイミングが遅くなり、2段目と3段目で移動する際にターゲットの方向に振り向く時間が延び、3段目で相手に近づくようになった。
    Arts2では3段目で移動する際にターゲットの方向に振り向く時間が延びた。

【Quick】忍び寄る蛇が如く Edit

[Hit数:2]

  • Quick1……急接近して蹴り上げ
  • Quick2……横蹴りと短剣の二連続攻撃
  • 発生は優秀であるが、縦方向に判定があるため、横への巻き込み範囲はそれほど広くない。
    単体でのリーチは短めなので、以前は回避狩りで使おうとすると攻撃が届かない、という事がザラにあったが、Rev61の調整で攻撃前の移動距離が伸びたので空振りを起こしにくくなった。
    また、通常で使用する際にも敵へと命中させやすくなっており、特に背を向けて逃げている相手への噛みつきを失敗しにくくなった。
  • スター生成能力や、単体でのNP効率は並程度。
    第三スキル効果中ならば、Arts始動で意外とNPも溜まる。
    +  REVISION 15の調整点
    • REVISION 15のバランス調整によりQuick1のみ攻撃後に次のコマンドカードの攻撃に移行するまでの時間が早くなった。
    +  REVISION 61の調整点
  • REVISION 61のバランス調整で、Quick1のみ攻撃開始時の移動を開始するタイミングが遅くなり、攻撃開始時の移動距離を延び、敵に近づいてから攻撃するまでの時間が早くなった。

【Extra Attack】絡めとる蛇が如く Edit

[Hit数:2]
手にした得物の鎖部分を2回振り回す

  • 前方に範囲はやや広めだが巻き込み範囲は意外と小さく、外すと隙も大きいため、無暗に振るのは控えよう。
    また1Hit目と2Hit目の間に半秒程度の間が存在し、ガードされた際には連続ヒットしないという妙な特性がある。
    +  REVISION 15の調整点
    • REVISION 15のバランス調整により2段目の攻撃をガードさせた時の相手の硬直時間が増えた。

【スペシャルアタック】名称 Edit

[Hit数:1]
鎖を伸ばして敵を絡め捕り、突き刺すようなジャンプ蹴りを叩き込む。蹴りの部分はアプリ版のBuster攻撃1枚目に似たモーション。

  • Hit数は1回のみで、上述したジャンプ蹴り部分のみダメージ判定が出る仕様となっている。
  • 特徴的なのが攻撃前の鎖で絡め捕る部分であり、これ自体にダメージは無いものの、命中すれば攻撃判定が出るまで相手を拘束し続ける事ができる。
    そしてこの鎖部分の命中判定が近接系の中でも抜群に早く、横槍さえ入らなければ昏倒状態の相手にほぼ確実に命中させる事ができる。
    全体の攻撃モーション自体は少し長めだが、命中性の高さから積極的に狙って行きたい性能となっている。

保有スキル Edit

【スキル1】魔眼A+ Edit

スタン.png範囲扇 デバフ単体.png初期CT属性効果
80秒非貫通範囲内のターゲット単体を確率で行動不能状態にする[LV.X](4秒)

「───お覚悟を」

  • 他の行動不能(スタン・魅了)系のスキル類と比較して、性別を対象しないという点が非常に強く、彼女の戦術の根幹を成すと言っても過言ではないほど。
    レベルを上げる事で成功率を高める事ができるが、効果時間が伸びる事はない。また、対魔力持ちには意外と無効化されるので過信は禁物。
  • 注意点としては、効果範囲がかなり狭く、真正面に対して小さな扇状の範囲しか発生しないので、何度も練習をして範囲を感覚で掴めるようにしておこう。
    また、慣れるまではスキルボタンを押しっぱなしにして、効果範囲を出したまま相手を追い回すのもよいだろう。幸い、ダッシュ性能が最優クラスなので追いかけっこは得意である。
  • REVISION 46から、行動不能状態の相手へ通常攻撃で与えるダメージが減衰するようになった。
  • REVISION 68から、行動不能状態の相手には宝具でもダメージが半減してしまうように変更されたので、スキル2などでキチンと攻撃力を強化して殴りたい。
    +  REVISION 15の調整点
  • REVISION 15のバランス調整により「非貫通」の属性が付与され遮蔽物を貫通しなくなった。

【スキル2】怪力B Edit

攻撃力アップ.png範囲 自分.png初期CT属性効果
70秒自身自身の攻撃力アップ[LV.X](20秒)

「───怒りましたよ。」

  • 単純明快な火力増強スキル。だが、このスキルの効果中でないと、意外と火力を出せないので使用タイミングには注意したい。
    ただ効果時間が20秒と、同系統の攻撃力アップスキルの中で短い点も見過ごせないところ。

【スキル3】鮮血神殿B Edit

NPチャージ.png範囲 自分.png初期CT属性効果
80秒自身自身のNPを増やす(+10)&自身のNP獲得量をアップ[LV.X](30秒)

「───閉じ込めてあげましょう」

  • 貴重な無条件でNPを取得できるスキル。獲得できるNPは+10で固定。
    スキルを育成する事で、NP獲得量アップの効果が増す仕様となっている。
  • NP獲得量のアップも地味に強力なため比較的宝具を発動しやく、魔眼に頼らないカレイドスコープ装備での早期宝具解放狙いも戦術として充分検討できる。

サポートスキル Edit

「───私…ですか」

魔眼A+ Edit

スタン.png範囲扇 デバフ単体.pngCT属性効果
80秒非貫通範囲内のターゲット単体を確率で行動不能状態にする[LV.1](2秒)
  • 通常使用よりも効果時間は短いものの、Buster攻撃を豊富に持つ接近戦キャラに合わせれば、相手にかなりのダメージを与えるチャンスを得られる。
    ただし、メドゥーサ本人のスキルレベルを上げても、サポートスキルではLv1相当の成功確率のままであるので、礼装のレコードホルダー等で確率を補助したい所である。
  • コマンドカードの3枚目を選んだ時点で効果が発揮されるため、上述しているように効果範囲がかなり狭い点も注意したい。
    彼女を操作している場合は、効果範囲を出しながら敵を追いかける事ができるが、サポートは範囲確認なしの即発動なので距離感は掴んでおこう。
    +  REVISION 15の調整点
  • REVISION 15のバランス調整により「非貫通」の属性が付与され遮蔽物を貫通しなくなった。何より、再使用のチャージ時間で連発できなくなる弱体化が施されてしまった。
  • +  REVISION 33の調整点
    • REVISION 33のバランス調整でチャージタイムが(40秒)から(80秒)に延びた

怪力B Edit

攻撃力アップ.png範囲 自分.pngCT属性効果
35秒自身自身の攻撃力アップ[LV.1](15秒)
  • 単純明快な攻撃力アップの効果。
    自身のみで、効果時間も他のサーヴァント達より若干短いのもあってやや見劣りする。

鮮血神殿B Edit

NPチャージ.png範囲 自分.pngCT属性効果
40秒自身自身のNPを増やす(+10)&NP獲得量をアップ[LV.1](20秒)
  • NPをチャージするだけでなく、その後もNP獲得量を少し増やす事ができる。
    使い勝手が良い効果だが、サポスキ1の石化(スタン)が目立つのでなかなか選ばれにくい。

クラススキル Edit

スキル名効果
1対魔力B自身の弱体耐性を少しアップ
2騎乗A+Quickカードの性能をアップ
3単行動C自身のクリティカル威力をアップ
4神性E-自身に与ダメージプラス状態を付与

宝具 Edit

騎英の手綱(ベルレフォーン) Edit

青円と直線.jpg種別効果
Quick範囲内の敵全体に強力な攻撃[Lv.X]
&スター発生率をダウン(30秒)
+範囲内の味方全体のスター発生アップ(30秒)<オーバーチャージで効果UP>

「───優しく蹴散らしてあげましょう。」

チャージ時間は3.8秒~2.5秒

  • 直線状の範囲を纏めて薙ぎ払える攻撃宝具。
    NP獲得スキル持ちの上にNP効率自体も良好、更にスキルにより素のダメージを底上げできるので、一発逆転を充分に狙っていける。
    ダッシュ性能が最速クラスなので前線から離脱しての発動が狙いやすいが、無暗に狙い過ぎると味方へ負担を掛けるので、適切なタイミングを見極めよう。
  • 遠距離から狙うだけでなく、スキルで相手を石化させて動けなくしてから宝具を叩き込むのも鉄板戦術の一つ。
    スタン中はダメージが半減する仕様だが、宝具でならそれなりのダメージを与えられるので、一発逆転用を狙う事もできる。
    また、スタンさせた際に即チャージではなく、味方と敵が戦っている方向へと調整してから狙う事ができれば更に戦果を上げる事ができる。
    ただし、乱戦時や複数が自分を狙っている時にこれを行うと、ほぼ確実に横槍で止められるので、他の敵とは距離があるタイマン時にのみ狙う用にしたい。
  • 意外と忘れられがちだが宝具発動時、周囲に味方パーティーが居る場合はスター発生アップの効果が付与される。
    REVISION 37で強化されてからは、OC1でもそれなりに効果が発揮されるようになったので、宝具後に多少はクリティカルが狙いやすくなる。
  • なお同じ騎クラスで、宝具範囲が同じ直線型のマルタと比べると、あちらの方が若干だけ攻撃範囲が広いので、同じ感覚で扱おうとすると戸惑う事になる。
    メドゥーサ自身の範囲は標準的な直線型の範囲なので、その点は注意しておきたい。
    +  REVISION 37の調整点
    • REVISION 37のバランス調整で『FGO』の強化後の状態に変更され、基礎ダメージが向上した上に『スター発生率アップ』の効果の上昇と『スター発生率ダウン』の効果が追加された。

育成 Edit

霊基再臨 Edit

+  +クリックで展開
霊基再臨×1必要レベル:30霊基再臨×2必要レベル:40
素材個数素材個数
ライダーピース4ライダーピース8
蛇の宝玉4
QP30,000QP100,000
霊基再臨×3必要レベル:50霊基再臨×4必要レベル:60
素材個数素材個数
ライダーモニュメント4ライダーモニュメント8
虚影の塵13鳳凰の羽根7
隕蹄鉄4隕蹄鉄7
QP300,000QP900,000
 

スキル強化 Edit

+  必要アイテム表+クリックで展開
レベル必要QP必要アイテム鮮血神殿[B]
NP獲得
チャージタイム
魔眼A+怪力B鮮血神殿B
1--+10%80秒70秒80秒
1⇒250,000騎の輝石×478秒68秒78秒
2⇒3100,000騎の輝石×876秒66秒76秒
3⇒4300,000騎の魔石×474秒64秒74秒
4⇒5400,000騎の魔石×8
虚影の塵×7
72秒62秒72秒
5⇒61,000,000騎の秘石×4
虚影の塵×13
70秒60秒70秒
6⇒71,250,000騎の秘石×8
蛇の宝玉×3
68秒58秒68秒
7⇒82,500,000蛇の宝玉×6
蛮神の心臓×2
66秒56秒66秒
8⇒93,000,000蛮神の心臓×5
鳳凰の羽根×13
64秒54秒64秒
9⇒105,000,000伝承結晶×160秒50秒60秒
合計13,600,000騎の輝石×12、騎の魔石×12、騎の秘石×12、虚影の塵×20、蛇の宝玉×9、蛮神の心臓×7、鳳凰の羽根×13、伝承結晶×1
3スキル合計40,800,000騎の輝石×36、騎の魔石×36、騎の秘石×36、虚影の塵×60、蛇の宝玉×27、蛮神の心臓×21、鳳凰の羽根×39、伝承結晶×3
 

戦術 Edit

  • 魔眼の効果を最大限に発揮するのは、拘束した相手への宝具攻撃。相性の不利でなければ確実に一騎脱落させる事が出来る。
    乱戦時に相手の頭数を減らす、聖杯持ちの味方の手助けをする、相手の聖杯を奪うなど、戦局を見極めて使用したい。
    当然、相手もメドゥーサの魔眼には警戒を払う。魔眼を使った相手は止める事が出来ても、他の敵から横槍を刺され4秒経ってしまっては何の意味もなくなってしまう。
    また、清姫クー・フーリン(キャスター)など弱体解除スキル持ちの場合、こちらの魔眼使用に合わせて解除を使われる可能性もある。
    乱戦時も他の敵からの巻き込みを受ける危険があるため、そういった状況が発生しない相手を選ぶ観察眼を身につけておきたい。
  • 魔眼を掛けていない場合、ArtsやQuickを初手にして戦いたい。
    Buster攻撃は初手での使用はリスクが大きいが、時折コンボに混ぜ込むと、下手に動こうとした敵を喰う事があるのでたまに使ってみるのもよいだろう。

パーティ考察 Edit

  • 自身がA二枚持ちである事を活かし、カレイドスコープなどNPを補助する礼装を持たせていきなり宝具を狙い撃つ運用も考えられる。
    後衛をA三枚持ちで固めればカード配布3巡ごとに(運が悪くなければ)2回はAチェインが組め、さらに自身の鮮血神殿も使えばかなりの速さでNP100を達成でき、怪力で火力も確保可能。
    NPを増加させるサポートチェインも種類が増えたので、カード枚数や後衛のクラス編成などを考えて色々と組み合わせてみよう。
  • 稼働初期より、三番目に配置して一・二番目のサーヴァントが彼女のサポートスキルの魔眼を活用することが多くみられる。
    その場合、魔眼の成功確率を高めるためにもレコードホルダー恋談火焔行恋のお呪いといった成功率を高める礼装装備が選択肢に入る。
    本人の出撃時は勿論、サポートチェイン時の魔眼にも効果があるため相手を仕留めやすくなる。
    ただし本人の魔眼と同じ範囲でしか効果が発生しないため、メドゥーサを三番手にする場合は、前衛に近接戦主体のサーヴァントを配置しておきたい。
    REVISION 33によりサポートチェインのCTが倍加したため、使い勝手は悪くなったものの、まだまだ凶悪な戦術である。

チーム考察 Edit

関連動画 Edit

セリフ集 Edit

+  CV:浅川悠
CV浅川悠
開始「」
途中出撃「」
スキル魔眼 A+「」
怪力 B「」
鮮血神殿 B「」
サポート「」
カード選択通常1「」
通常2「」
カードチェイン「」
ブレイブチェイン「」
Buster1「」
2「」
Arts1「」
2「」
Quick1「」
2「」
Extra1「」
スペシャル1「」
NP100以上1「」
2「」
宝具「」
ターゲット自分に集中「」
相手連続ふっとばし相手HP多「」
相手瀕死「」
ガードなし被弾通常「」
クリティカル「」
回避1「」
2「」
3「」
ガード後退残HP多「」
残HP中「」
残HP少「」
直撃ふっとび残HP多「」
残HP中「」
残HP少「」
瀕死「」
戦況報告優勢「」
互角「」
劣勢「」
勝利目前「」
敗北寸前「」
攻撃警告「」
「」
後ろ「」
敵撃破シングル(シャドウ鯖)「」
グレイルウォー「」
聖杯所持状態「」
勝利目前「」
被撃破「」
戦闘不能「」
聖杯顕現6騎目脱落「」
自分が獲得「」
味方が獲得「」
相手が獲得「」
味方聖杯奪取「」
相手聖杯奪取「」
勝利「」
敗北「」
20秒放置「」
魔神柱戦攻撃開始「」
敵必殺「」
レベルアップ「」
スキルレベル強化「」
絆レベルアップ「」
霊基再臨1「」
2「」
3「」
4「」
編成選択時1「」
ホーム画面会話1「」
2「」
3「」
マイルーム会話1「」
2「」
3「」
絆Lv1「」
2「」
3「」
4「」
5「」

絆Lv10

「」

召喚「」
 

小ネタ Edit

+  +クリックで展開
  • 初召喚の台詞がアプリ版から変更されている。
    • アプリ版「……物好きな人ですね。生贄がお望みでしたら、どうぞ自由に扱ってください。」

このサーヴァントについてのコメント Edit

最新の30件を表示しています。 メドゥーサ/コメント

  • Tranca Jogatina - Cartas e Canastras na App Store

    -- 2018-06-05 (火) 17:40:17

  • ライダーをしんがりにおいてのサポートスキルで石化発動が強すぎる。二枚目まで選んで接近しながら凹殴り

    -- 2018-08-27 (月) 20:33:12

    • GWで2人目、3人目に置く人最近増えて来てるわ。毎回誰かしろどころか2~3人くらいみかける事もザラになってきた

      -- 2018-08-30 (木) 23:47:53

      • ユーチューブで情報出てから一気に広まった気がする

        -- 2018-08-31 (金) 12:52:32

  • 低コストパーティーおすすめありがたい。マタハリよりレオニダスのほうが環境的にも強いと思うけど早落ち以外に起用理由あります?

    -- 2018-08-29 (水) 12:08:02

    • そもそもグレイルウォーの話なら落とさないように立ち回ってほしいなって

      -- 2018-08-29 (水) 12:26:32

      • 落ちないと魔眼連打ができないんだよ。

        -- 2018-08-29 (水) 12:52:35

    • ちょろっと書いてあるけど三騎士相性による事故り防止じゃないかな。環境的にレオニダスなら安定はすると思うけど、メタ読みセイバーも一定数いるしアサシン相手の相性有利はキャスニキくらいしか驚異がないからね

      -- 2018-08-29 (水) 12:42:53

    • マタ・ハリは強い

      -- 2018-09-02 (日) 22:14:25

  • 始めてゲットしたんで試しに対戦連れていってみたけど…すっごい強くね?この移動スピードだけでも十分なのに、スタンが優秀すぎる

    -- 2018-09-12 (水) 15:21:16

  • マルタに比べるとAチェが少し組みにくいけど、鮮血のお陰でカレスコ初手ブッパ要員としてはこっちの方が上だったりする。サポートの魔眼量産が使えなくなるのは少し寂しいけど

    -- 2018-11-10 (土) 08:17:44

  • 二騎目にメドゥーサ、三騎目に孔明という編成を考えてみたけど、どうだろう。A5枚からのアーツチェインNP10とサポのNP5+クリ威力、本人の鮮血でNP10+獲得量アップとか狙える

    -- 2018-11-15 (木) 12:22:43

    • 態々サポチェを狙うくらいなら、普通にAチェ素振りの方が安定すると思う。そもそも孔明は初手で耐久する鯖だし

      -- 2018-11-15 (木) 16:21:05

      • サポチェのNPはオマケ、本命はメドゥ採用=宝具前に近距離で殴り合う為のクリティカルの方。二番手で素振りせず戦線に復帰した上で宝具発動を狙え、戦況次第では遠くで素振りにも移行できるしどうかなって思った

        -- 2018-11-16 (金) 01:36:35

        • メドゥのモーションってアーツが優秀なんだっけ?殴り合うならNPチャージよかモーションの優秀さの方が大事なイメージ。

          -- 2018-11-16 (金) 14:35:33

      • メドゥーサが三番手にいる、これだけで凄いアドバンテージやな。たとえ2秒でもトドメや仕切り直しには十分、自身の番になれば聖杯奪取もお手の物ときた。流石に1vs2はどうしようもないけど、2vs2混戦ならExtraで二人まとめて昏倒まで見えてくる

        -- 2018-12-08 (土) 15:08:51

        • 違う所に付いた、ゴメン

          -- 2018-12-08 (土) 15:11:33

  • さり気なくモーション全部2種類ずつ用意されてるのな

    -- 2018-11-25 (日) 12:45:49

    • 一部遠距離を除いて鯖全体に言える事だけどね

      -- 2018-11-25 (日) 19:55:16

  • レアリティ差なのか知らないけど酒吞童子のサポより確率低いのに効果が短いのに納得行かなくなってきた今日この頃。スタン対策も増えてきたし2秒にするとかゆるめてもいいと思うのだがどうだろうか?

    -- 2020-04-23 (木) 10:09:48

    • と思ったけどあれ?メデュのサポっていつの間に2秒になったの?

      -- 2020-04-23 (木) 10:32:00

      • サポスキでのスタン系、稼働時から効果時間は2秒やで。Rev15の最初の大型バランス調整でリキャストが付くようになった

        -- 2020-04-23 (木) 19:16:37

        • その頃からだったんだ… てっきりスタン無双時代の反動で1秒にされたままだと思ってたw

          -- 2020-04-24 (金) 09:26:25

          • 行われた調整はリキャストタイムだけで、稼働から2秒から変わった事ないって。1秒になった事はない。

            -- 2020-04-26 (日) 11:39:21

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

関連リンク