エルキドゥ

Last-modified: Sat, 30 Jul 2022 13:50:20 JST (121d)
Top > エルキドゥ

ステータス

☆5ランサー
エルキドゥ.jpg能力値(最大値)
HP15300
ATK10780
COST16
コマンドカードBAQQQ

ステータス詳細 Edit

【属性:中立・中庸】【時代:紀元前2600年頃?】【地域:メソポタミア】
【筋力:?】【耐久:?】【敏捷:?】【魔力:?】【幸運:?】【宝具:A++】
 

新着【更新履歴】 Edit

2022/4/23 REVISION 73の調整点を記載
2022/7/30 REVISION 78の調整点を記載

解説&攻略 Edit

☆5ランサー。2021年10月14日実装。

  • ダッシュ速度は、最速よりかは手前の準最速組で、なかなか速め。
  • 通常攻撃に独特な癖があり、サーチ系や[遠距離攻撃属性]が備えたものが多いものの、軸ズレや命中精度で難を抱えている。
    Rev74でBusterが超強化され、これまでAQが主体だった所から、Busterを主体として戦う事が可能となり、編成も含めて運用方法が大きく変わる事となった。
  • スキル面は、スキル2・3が他にない独自の効果を持っている。
    特に、スキル2は強化解除と必中効果以外で相手側の回避効果に対抗する事ができる。
    サポスキでも非常に強力な効果なので、カードがQQQの三枚持ちという事もあって、後衛の特に三番手適性が非常に高い。
  • 神によって造られた兵器(人形)であるため性別の概念が無い。そのため、性別を対象としたスキル・特攻効果からは対象外となるが、黒髭の「紳士的な愛」の効果対象にはなる模様。
    また、メソポタミアの神々との関係者ではあるが、自身は〔神性〕を持っていない。
    • 特性に関連するバフの恩恵を受けづらい反面、逆に特攻の対象にもなりにくい、良くも悪くも兵器らしい立ち位置となっている。
    • 余談だが、ステータス表記が宝具以外「?」となっているのは、スキルの「変容」の効果によるため。
       「変容」の能力は、各ステータスの能力値を一定の総合値から振り分け直す事ができるというものであり、状況に応じてその都度ステータスが変動する。
       ランクをA+に上げると、他のステータスが-2される。FGOのエルキドゥの均等にステータスを振った値はオールBで、負傷した銀狼がマスターの際はオールA弱、注意点としてオールAではなくオール"A弱"、これは、同じランクでも数値には差があるため(これに関しては原作者がランクを数値ではなく敢えて曖昧なアルファベットにしていると明言している)、Aに限りなく近いBによるオールBという意味ともとれるし、Aが多いがいくつかBがある状態ともとれる。万全な銀狼であればオールAも夢ではないとされることから、優秀な魔術師であればオールAを狙えるといったところ。A+にする際に他のステータスから2ランク分減らす(2つのステータスから1ランクずつ減らすのでも可)とあるが、A+はAよりワンランク上ではなくAの2倍のスペックを瞬間的に出すものなので2ランク減らすだけで済むのは寧ろ条件としては破格に軽い
      +  REVISION 73の調整点
    • REVISION 73のバランス調整では一部攻撃の挙動が調整された。Busterの攻撃発生が素早くなり扱いやすくなった。
    • REVISION 78のバランス調整では全体の調整として宝具のチャージ時間がやや短くなった。

通常攻撃 Edit

【Buster】名称 Edit

[Hit数:1]
Buster1……前方宙返りし、上空から光を撃ち降ろす
Buster2……溜めてから、刃に変えた右手で正面突き

  • 攻撃リーチそのものは短めで、横方向への巻き込み性能も低めだが、飛び掛かりの距離がかなりあるので、前方への攻撃射程は意外とある。
    飛び掛かりはタイミング次第では相手側の攻撃を飛び越えたりもできるが、狙ってはまず無理なので、乱戦時などに偶然の賜物程度の認識でよいだろう。
  • Rev74の調整で出がかなり速くなり、クー・フーリン〔オルタ〕には一歩劣るものの、剣武蔵並くらいには充分速くなっている。
    そのため、これまでは奇襲や横槍用が精々といった所から、タイマン時に真正面での使用も実用的になった。
  • Buster2はよくある溜め攻撃だが、こちらもRev74の調整で発生が早くなったのでコンボで使用しやすくなった。
    多用すると先読みで回避を挟み込まれやすくなるので、適度に他の攻撃も混ぜていきたい。
    +  REVISION 73の調整点
    • REVISION 73のバランス調整ではBuster1・2の攻撃発生が早くなった。

【Arts】名称 Edit

[Hit数:5]
Arts1……右手を刃に変えて滑り込み、斬り上げ斬り降ろし、飛び上がって光弾の連射
Arts2……体勢を低くして滑り込み、四方の地面から鎖を生やしながら飛び上がり

  • Arts1は斬り上げ斬り降ろし部分のリーチは短いものの、攻撃前の踏み込み距離がかなり長く、更に光弾部分もかなり前へと飛ぶので前方への攻撃射程はかなり優秀。
    だが、巻き込み性能が低い上に、敵が正面から少しでも外れると途端に軸ズレが発生しまくるという、やや難儀な性能をしている。
    後述するQuick1は初手での使用に難がある為、Busterと合わせてコンボの初動用として使わざるをえない所。
  • Rev74の調整で攻撃判定が出るのがワンテンポ早くなり、命中させやすくなっただけでなく、カス当たりや軸ズレの危険性が若干軽減されるようになった。
    ただし、期待されていた攻撃の途中から誘導補正が掛かるようになる調整自体はされていないため、命中の仕方次第ではまだまだカス当たり・軸ズレは発生してしまうので注意したい所。
  • Arts2は攻撃前に間合いを詰めるモーションがあるので、少し離れた位置からでも近づいて攻撃を届かせる事ができる。
    ただ、Arts1が命中していながらも距離が離れている、という状況自体は滅多に発生するものでもないのでお眼に掛かる機会は少ないだろう。
    瞬間に4hitするので、Arts1のような軸ズレの問題点がなく、無難に使いやすい性能となっている。
  • NP獲得量は、初手で+5%。
    +  REVISION 73の調整点
    • REVISION 73のバランス調整ではArts1の攻撃開始時の移動を開始するタイミングが早くなった。

【Quick】名称 Edit

[Hit数:4]
Quick1……地面に手を付き、相手の足元から光の刃を吹き上げさせる[サーチ系遠距離攻撃属性]
Quick2……複数の鎖を射撃のように発射[遠距離攻撃属性]

  • Quick1は相手の居る位置に攻撃判定が発生する、所謂「サーチ系」であり、攻撃が命中しなくてもコンボを続行できるタイプ。
    もっとも、攻撃範囲が狭い上にサーチ精度自体も低く、更に敵が走り続けていると攻撃が命中しないという事もあって、初手での使用は味方が敵を固めている所への援護でもなければまず当たらない。
    発生自体はそこそこ早めなので、コンボの二段目以降に置けば、安定して使っていける。
    攻撃範囲の狭さとサーチ精度の低いものの、相手側が甘い回避行動を取った場合は〝喰える〟事もあり、[遠距離攻撃属性]でコンボの継続・追撃は行いやすい。
    また、障害物の貫通はしないタイプ。
  • Quick2は清姫のArs攻撃のように明確に攻撃を飛ばすタイプ。
    こちらも[遠距離攻撃属性]持ちなのでコンボを継続しやすいが、やはり誘導性能がイマイチ。
    また、Quick1よりも攻撃が届く射程が若干短く、Q1をギリギリの距離で命中させるとマレにQ2が届かないという事がある。
  • コンボの始動がArtsならばNP効率がそこそこ高めで、初手Artsだと続くQ1+3~4%、Q2+3~4%。EXアタックまで併せれば、更に+4~5%とかなり良好気味。
  • QQQで25個程度の星を獲得でき、AQQでも10個程度は手堅い。
    接近によるクリティカル発生ボーナスと併せれば、意外なほどクリティカルを出しやすい。

【Extra Attack】名称 Edit

[Hit数:6]
小さく宙返りし、地面に手を付いて四方八方から鎖を伸ばす

  • サーチ系の部類であり、発生が早めでモーションも短くまとまっており、スキが少なく積極的に使っていける部類。
    通常コンボに適度に織り交ぜると、こちらのコンボ三段目を回避した敵の硬直を喰える事が意外とある。
  • やはり走り続けている相手には命中しないものの、Quick1よりも攻撃範囲が広めかつ、サーチ精度も上がっている模様。
    コンボ三段目までガードしてからの、EXアタック自体の回避はなかなか難易度が高く、甘い回避行動や遅めに走り出したのでは充分喰える事がある。

【スペシャルアタック】名称 Edit

[Hit数:1]
地面に手を付き、相手の足元から巨大な光剣で貫く

  • 発生の早さは標準的からやや早めくらいと、実戦で十分に使っていけるレベル。
    サーチ系の部類なので、攻撃時に間合いを詰めずにダメージを届かせるタイプ。

保有スキル Edit

【スキル1】変容 A Edit

バスター強化.png強化・自身のみ.png初期CT属性効果
70秒自身自身のBusterカード性能をアップ[Lv.X](15秒)&QuickカードまたはArtsカード性能をランダムにアップ[Lv.X](15秒)

「───こんな事もできる」

  • Busterカードの強化は確定で付与だが、Arts・Quickカードの強化はどちらか一方だけがランダムで付与される。
    イシュタルエレシュキガルなどが持つ「確率で発動するスキル」とは仕様が全く違い、一部礼装やスキルの「強化成功率アップ」も意味を為さないため注意。
  • 効果時間は短めという事もあって、強化の倍率は「魔力放出」並とかなり高めとなっている。
    Rev74の調整でBusterが格段に振りやすくなり、Artsも安定度が若干増したため、相対的に火力バフとして格段に扱いやすくなった。

【スキル2】気配感知 A++ Edit

クリティカル発生率ダウン.pngデバフ・前方箱単体.png初期CT属性効果
70秒非貫通範囲内のターゲット単体のスター発生率をダウン[Lv.X](30秒)&回避状態を解除+自身に回避時の魔力消費0状態を付与(8秒)

「───ああ……そこに居たんだ」

  • 敵側の回避を解除しつつ、代わりに自身に回避を付与できる複合スキル。
    スター発生率ダウンは効果を実感しづらいので、回避解除・回避付与の面で使って行く事になる。
    特に回避解除は、剣トルフォ清少納言、クー・フーリンの呪腕のハサン等、スキルで回数性の回避を付与できるサーヴァント相手にはよく刺さる。
    「心眼」といった時間型での回避スキルでも、解除できれば相手の攻防を大きく阻害する事ができるので、試合開始前の編成画面で相手側の回避持ちを頭に入れておけるようになっておきたい。
  • 勘違いされがちだが「回避解除」は「強化解除」とは別扱いなので、スキルや礼装による「強化解除耐性」を無視して回避状態を解除する事ができる。
    これは本家のアプリ版でも同じ仕様となっており、礼装の「受難の聖墓巡礼」のような残数性の「強化解除耐性」の残り回数は変動しない。
  • また、この手の複合スキルとしては珍しい、デバフの赤色効果範囲に相手を入れなくても発動する事ができるタイプ。
    そのため、相手側に回避効果が無くとも、自身の攻撃・防御用として積極的に使用する事も可能。
    逆に言うと、回避解除を目的に使用しようとしても、範囲外に相手が居た状態での暴発もありうるので、相手のHPバーに表示されるスキルアイコンを参照する等して、しっかり効果範囲を確認しておこう。

【スキル3】完全なる形 A Edit

HP回復.png強化・自身のみ_0.png初期CT属性効果
240秒自身自身のHPを超回復[Lv.X]&自身の弱体状態を解除

「───欠落は、埋まるものさ」

  • HPの回復量はLv1で5,000、Lv9で9,000、最大Lv10で10,000と破格の水準。
    しかも、弱体解除の効果もある為、相手側からのスタン・デバフ効果にも強くでれる最高峰の回復スキル。
  • その一方、最大級のHP回復能力の代わりに、メリィの「高速神言」と同じく、スキルのCTが非常に長い。(※グレイルウォーの制限時間は240秒)
    玉藻の前の宝具を受けても再使用には程遠く、1試合に1度しか使えないだろう。
    このため弱体解除の効果はあまり気軽に使えず、スタンの解除以外では、HPを回復ついでに防御力ダウン等を解除できれば儲けもの程度で割り切ってしまった方が扱いやすい。
  • また、幾ら回復量が莫大だからと言っても、味方がいない状態で囲まれたり、剣クラスからのクリティカルBusterが直撃すれば、HP満タンからでも一瞬で昇天する事もあるので、油断は禁物。
    最悪の場合、スキルを使用できずにそのまま撃沈される事もあるので、温存のし過ぎによる抱え落ちはなるべくしないようにしたい。
  • 礼装やサポートスキルでガッツを確保できている場合、併せて使用する事で一気に立て直しを行う事ができる。
    特に、水着パイセン“山の翁”といった、サボスキでも高水準のガッツは非常に相性が良い。
    Rev74で通常攻撃が強化され、パーティー編成の自由度が格段に向上したのも、サポスキでガッツ要因を入れやすくなった追い風となっている。

サポートスキル Edit

「───手を貸そう」

変容 A Edit

バスター強化_0.png強化・自身のみ_1.pngCT属性効果
35秒自身自身のBusterカード性能をアップ[Lv.1](10秒)&QuickカードまたはArtsカード性能をランダムにアップ[Lv.1](10秒)
  • Busterと、ArtsかQuickのどちらかを瞬間的に強化するスキル。
    効果時間が短いので、効果を狙うとしたら2枚目を選んだ状態で置いておいて、攻撃直前に3枚目を選ぶなどの工夫が必要。
  • 他のサポスキが優秀なので、絆Lvが上がり次第、そちらに切り変える方がよいだろう。

気配感知 A++ Edit

クリティカル発生率ダウン_0.pngデバフ・前方箱単体_0.pngCT属性効果
35秒非貫通範囲内のターゲット単体のスター発生率をダウン[Lv.1](20秒)&回避状態を解除+自身に回避時の魔力消費0状態を付与(4秒・1回)
  • メインでの使用と変わらず、相手側の回避を解除しながら、こちらには1回分の回避を付与できる。
    しかも、サポスキで使用した場合は使用硬直が無いため、ノーモーションでの回避剥がしは非常に強力。
  • 強化解除と比べるとメタ気味ではあるが、回避効果だけでも充分強力であり、更に再使用もCT35秒のままと、強化解除のように倍に伸ばされていない。

完全なる形 A Edit

HP回復_0.png強化・自身のみ_2.pngCT属性効果
120秒自身自身のHPを超回復[Lv.1]&自身の弱体状態を解除
  • 回復量は+5,000。
    HP回復系のサポスキとしては、瞬時に回復できる量として最大。
  • 非常に場持ちを良くできるものの、CTが非常に長いので、1試合につき2回までが限界となる。
    しかも下手に回復量が多いだけに気軽に使用するのは躊躇われ、コマンドカード選びに失敗しての暴発で無駄にしてしまう危険性もある。
    そのため、書いてある文章は強力だが、実際に運用しようとすると、なかなか上手くいかない場合が多くなりがちな、扱いが難しいサポスキとなる。

クラススキル Edit

スキル名効果
1対魔力 A自身の弱体耐性をアップ

宝具 Edit

人よ、神を繋ぎとめよう(エヌマ・エリシュ) Edit

宝具 遠距離円単体_0.png種別効果
Buster範囲内のターゲット単体の防御力をダウン(30秒)<オーバーチャージで効果UP>
&超強力な〔人類の脅威〕特攻攻撃[Lv.X]
&〔神性〕特性を持つ場合スタン状態を付与(4秒)

「呼び起こすは星の息吹。人と共に歩もう、僕は。故に───」

チャージ時間は2.5秒~1.7秒


育成 Edit

霊基再臨 Edit

+  クリックで展開
霊基再臨×1必要レベル:50霊基再臨×2必要レベル:60
素材個数素材個数
ランサーピース5ランサーピース12
愚者の鎖22
QP100,000QP300,000
霊基再臨×3必要レベル:70霊基再臨×4必要レベル:80
素材個数素材個数
ランサーモニュメント5ランサーモニュメント12
八連双晶12精霊根4
精霊根2蛮神の心臓5
QP1,000,000QP3,000,000
 

スキル強化 Edit

+  クリックで展開
レベル必要QP必要アイテム完全なる形 A
HP回復量
チャージタイム
変容 A気配感知 A++完全なる形 A
1--+○○70秒70秒240秒
1⇒2200,000槍の輝石×5+○○68秒68秒238秒
2⇒3400,000槍の輝石×12+○○66秒66秒236秒
3⇒41,200,000槍の魔石×5+○○64秒64秒234秒
4⇒51,600,000槍の魔石×12、八連双晶×5+○○62秒62秒232秒
5⇒64,000,000槍の秘石×5、八連双晶×10+○○60秒60秒230秒
6⇒75,000,000槍の秘石×12、愚者の鎖×15+○○58秒58秒228秒
7⇒810,000,000愚者の鎖×29、ホムンクルスベビー×6+○○56秒56秒226秒
8⇒912,000,000ホムンクルスベビー×18、原初の産毛×15+○○54秒54秒224秒
9⇒1020,000,000伝承結晶×1+○○50秒50秒220秒
合計54,400,000槍の輝石×17、槍の魔石×17、槍の秘石×17、八連双晶×15、愚者の鎖×44、ホムンクルスベビー×24、原初の産毛×15、伝承結晶×1
3スキル合計163,200,000槍の輝石×51、槍の魔石×51、槍の秘石×51、八連双晶×45、愚者の鎖×132、ホムンクルスベビー×72、原初の産毛×45、伝承結晶×3
 

戦術 Edit

パーティ考察 Edit

チーム考察 Edit

関連動画 Edit

公式

モーション・ボイス集

セリフ集 Edit

+  CV:小林ゆう
CV小林ゆう
開始「いいとも。性能を競い合うんだね?」
途中出撃「遠慮せずに僕を使っていい。どう思うかは、君だけだ」
スキル変容 A「こんな事もできる」
気配感知 A++「ああ……そこに居たんだ」
完全なる形 A「欠落は、埋まるものさ」
サポート「手を貸そう」
カード選択通常1「そうだね」
通常2「わかったよ」
カードチェイン「的確だね」
ブレイブチェイン「最適解だ」
Buster1「どうかな!」
2「そこだね!」
Arts1「はあっ!」
2「やっ!」
Quick1「ふっ!」
2「えいっ!」
Extra1「それっ!」
スペシャル1「受け止めきれるかな?」
NP100以上1「マスター、全力を出していいかい?」
2「全開でいこうか」
宝具「呼び起こすは星の息吹。人と共に歩もう、僕は。故に──『人よ、神を繋ぎとめよう(エヌマ・エリシュ)』!」
ターゲット自分に集中「この状況……実に辟易だね」
相手連続ふっとばし相手HP多「うーん、強いのか弱いのか」
相手瀕死「ごめん、期待しすぎたみたいだ」
ガードなし被弾通常「うわっ」
クリティカル「ぐあっ」
回避1「おおっと」
2「さて」
3「何かな?」
ガード後退残HP多「驚いた」
残HP中「やるじゃないか」
残HP少「まだ……止まれないんだ」
直撃ふっとび残HP多「避けたと思ったんだけどねえ」
残HP中「やるね、君」
残HP少「なんの……まだまだっ……!」
瀕死「役目は……果たす……っ」
戦況報告優勢「どう見ても有利だ。でも慢心は、ダメだよ?」
互角「互角か……こんな戦いは久しぶりだ」
劣勢「僕は壊れても構わない、攻めに出よう!」
勝利目前「ほら、行こう!」
敗北寸前「時間はまだあるさ」
攻撃警告「右かい?」
「左だね」
後ろ「後ろだ」
敵撃破シングル(シャドウ鯖)「どちらの性能が上かな?」
グレイルウォー「もう終わりかい?」
聖杯所持状態「」
勝利目前「想定よりも呆気ない」
被撃破「うあああぁっ!」
戦闘不能「ごめん……ちょっと停止するよ」
聖杯顕現6騎目脱落「聖杯の気配だ……やれやれ」
自分が獲得「さあて、どれくらい僕の性能が高まったかな?」
味方が獲得「聖杯を手に入れたのかい? それは良かった」
相手が獲得「敵は聖杯をどう使うのかな」
味方聖杯奪取「道具は使ってこそ。ためらわずに使うといい」
相手聖杯奪取「あの聖杯の力……排除する」
勝利「お疲れ様。いい切れ味だったよ、君達」
敗北「戦いだからね……負けることも、そりゃああるさ」
20秒放置「マスター? どうしたのかな」
魔神柱戦攻撃開始「」
敵必殺「」
レベルアップ「基本出力が向上したよ。この調子でいこう」
スキルレベル強化「スキルアップだ。僅かであっても、数値が上がるのはいい」
絆レベルアップ「絆……。ああ、シナジー、ってやつかな」
霊基再臨1「レベルアップとは違うんだね。バージョンアップ、というやつかな?」
2「もぐもぐもぐ……」
3「兵器として強力になるのは嬉しいんだけど……。粘土の質は上がっても、精神面での成長はないのが、ちょっと寂しいな」
4「これが僕の、最後の姿なんだ。神々がしてくれなかった事を君はしてくれた。この感謝は、戦いで示してみせるよ」
編成選択時1「分かったよ。同行しよう」
ホーム画面会話1「やあ、マスター。今日はどんな変化が起きるのかな? 楽しみだね」
2「これから出かけない? 休憩時間は有意義にね」
3「僕はただのシステムだ。どんな命令も、気軽にどうぞ」
マイルーム会話1「僕は君が使う兵器に過ぎない。兵器をどう扱い、どう思うかは、君の自由なんじゃないかな」
2「命令系統の話? それなら分かるよ。脳の役割は肉体を守ること。肉体の役割は脳の命令に従うこと。ほら……だから上が無能なのは、ちょっと困るよね」
3「……? 欲しいの? 聖杯。僕に魔力を注いでくれれば、願望機の真似事くらいは、できるけど?」
絆Lv1「」
2「」
3「」
4「」
5「」

絆Lv10

「」

召喚「サーヴァント・ランサー、エルキドゥ。君の呼び声で起動した。どうか自在に、無慈悲に使ってほしいな、マスター。」
 

小ネタ Edit

+  クリックで展開

このサーヴァントについてのコメント Edit

最新の30件を表示しています。 エルキドゥ/コメント

  • PV見た感じA1かQ1のどっちかは1,2臨BBと同じサーチ攻撃タイプっぽいなぁ。あと素で瞬間1万回復持ちはCT100秒だとしても厄介そう…w

    -- ガッツ3000だの回復5000だの最近の槍サポこわれスギィ 2021-10-13 (水) 16:04:11

    • 半分ほど削った後にスタンさせた所で、すぐに弱体解除&1万回復は心が折れる…

      -- 2021-10-13 (水) 16:13:05

  • 気配察知の「回避解除」は「強化解除」ではないので強化解除耐性を無視して回避状態を解除(本家通り)で範囲内に敵がいなくても使えるタイプ。完全なる形は案の定高速真言と同じ扱いでCT240秒、サポートも120秒とのこと

    -- 2021-10-14 (木) 16:02:19

  • スキルにしろ宝具にしろ露骨に弱体化されてるねえ。

    -- 2021-10-15 (金) 21:47:10

    • 瞬間1万回復はヤバくね?とか最初思ってたけどよくよく考えたらじわじわ回復していく持続型とはいえアルジュナがCT100秒の1万回復スキル持ってるんだよなぁ…元のCTでもせいぜいフルタイムで2回使えりゃ御の字だし不利のセイバーからはワンパン超火力バスター飛んでくるしでここまでする必要なかったよなぁ

      -- 2021-10-16 (土) 01:14:43

      • スタンからでも1万とか簡単に吹っ飛ばしてくるのが沢山いるのに1万回復とはいえクールタイム長すぎやね。ぐっさんのガッツとあんな頭おかしい仕様なのに何でこんなんなのか

        -- 2021-10-16 (土) 07:17:14

      • 少々デメリット有りとはいえ剣式と弓アルトリアがCT40で5000回復できるしねえ

        -- 2021-10-20 (水) 23:30:31

      • 元のCTで良かった説() まあ実装するまで俺らがヤバイヤバイ言ってたから調整しておいたってのは良き。そのうち再調整されるでしょ

        -- 2021-10-21 (木) 18:01:10

    • なんと言うか慎重に調整しました感が最初期のジャンヌを思い出す。まあ、あんな酷い産廃レベルではないけど

      -- 2021-10-23 (土) 03:13:35

  • Aはカス当たり頻発、Qは射程長めだけど歩きに当たらない、宝具は最速1.8秒…扱いの難しい鯖だ

    -- 2021-10-16 (土) 06:46:25

  • Q1よりQ2の射程が短いのも地味にクソ

    -- 2021-10-29 (金) 18:36:03

  • Qパに完全なる形のサポスキ目当てで入れる選択ってアリかな?

    -- 2022-03-01 (火) 20:22:10

    • 使った事あるけど、CT長いから運要素がかなり絡む。HP5,000回復が生きれば確かに有効なんだけどね

      -- 2022-03-01 (火) 22:28:28

      • やっぱり120秒は難しいか・・・意見ありがとうございます

        -- 2022-03-01 (火) 23:33:13

        • サマモなら女神変生のスタンデメリットを弱体解除しつつHP回復アップの恩恵で7500回復できっからアリかもなー程度にはうっすら思ってはいるが、、、星5槍並ぶのはいささか弱いか?

          -- 2022-03-02 (水) 05:43:04

          • サポスキが凄まじく有用でない限りは、「☆5の同クラス」を2騎以上編成するのは避けるべきだと思う

            -- 2022-03-02 (水) 12:24:31

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

関連リンク