サーヴァント強化

Fri, 31 May 2024 00:20:03 JST (52d)
Top > サーヴァント強化

※霊基再臨、スキル強化に必要な素材の収集については→「素材収集おすすめクエスト」へ

サーヴァント強化 Edit

サーヴァント強化とは Edit

「MENU」→「強化」→「サーヴァント強化」にて実行できる。

サーヴァントの能力値の内、HPとATKを上昇させるのがサーヴァント強化である。(HP=Hit Pointの略で体力。ATK=Attackの略で攻撃力。)

ガチャでGETできたサーヴァントは最初、Lv1でかなり弱い。

そこで、サーヴァント強化でのレベルアップが必要だ。

 

サーヴァントのレアリティは星1/2/3/4/5の5種類となっている。

下記で説明してあるが、霊基再臨(レベル上限の引き上げ)がサーヴァント強化の途中で数回必要となっている。

(サーヴァントのレベル上限は星1=Lv60、星2=Lv65、星3=Lv70、星4=Lv80、星5=Lv90)

 

<サーヴァント強化の流れ>

1、聖晶石ガチャ or フレンドガチャでサーヴァントをGETする

2、種火クエストなどで種火素材をGETする(GETできた星3種火は売却)

3、サーヴァント強化でサーヴァントを選択後、種火を選択し(右上のおすすめボタン)、サーヴァントのレベルアップを行う

4、サーヴァントのレベル上限に達したら、霊基再臨を行ってレベル上限を引き上げる

5、再び3と同じようにサーヴァントを強化する

(QPが不足していたら放物庫クエストをクリアしてQPをGETする。(QP=FGO内のMoney))

 

1部クリアを目指す場合は、マシュ/ゲオルギウスの2体の育成を進めながら、平行してガチャで入手できた星5サーヴァントの育成を進めていくのがおすすめ。

他に全体回避/全体無敵を所持しているサーヴァントの育成も最初は良い。

 

HPとATKを上昇させる方法は以下の三つである。

 

レベルアップによる強化 Edit

  • サーヴァントはEXPを一定値獲得する毎にレベルが上がり、HPとATKの値が上昇する。
    しかし、サーヴァントは戦闘の勝利では経験値(EXP)を獲得できず、叡智の種火や他のサーヴァントを素材とし、QPを支払って合成することでEXPを獲得する。
    素材のレアリティが高いほど得られるEXPが多い。
  • 素材のクラスが強化するサーヴァントのクラスと一致する場合、EXPに+20%のボーナスが付く。
    イベントやショップ交換で入手できるオールマイティの種火は全てのクラスと一致とみなされる。
    エクストラクラスには専用の種火は無いため、ALLクラスの種火でのみボーナスを得られる。
  • 合成は必ず成功し失敗する事は無い。
    稀に『大成功』で経験値2倍、『極大成功』で3倍のボーナスが発生する。
    不定期に『大成功』『極大成功』発生率アップのイベントが行われる。
  • サーヴァントのLvに応じて必要QPが増加するため、QPを節約するならできるだけ多数の素材を同時に与えるほうがよい。
    ただし、レベル上限を超えた分のEXPは消滅し、霊基再臨でレベル上限が上がっても超過していた分のEXPは戻ってこない。
    • レベル上限近くで大成功や極大成功が起きると超過しやすい。
      一度に合成する枚数を減らせば大成功が起きてしまった時に無駄になるEXPが少なくて済むが、小分けにすると合成する回数(手間)が増える事になる。また、大成功の恩恵は一度に合成する枚数が多いほど大きいので、少ない枚数で大成功が出るのはあまり喜ばしい事ではない。
      ローリスクローリターンで小分けにするか、ハイリスクハイリターンで一気に投入するかの判断が必要。

☆1~3のフォウくんによる強化 Edit

  • ☆1~3のフォウくんを合成する事で、レベルアップとは別枠でHPとATKを上昇させることが出来る。
    一体につきHP・ATK各+1000が上限。
    HPを上げるものとATKを上げるものがあり、それぞれ☆3は+50、☆2は+20、☆1は+10のステータス上昇となる。
    全て+12という、おまけ程度の経験値が付随している。
    各+1000まで強化すると上限+2000が解放されるが、1000から先の強化は下記の☆4のフォウくんのみ可能。
  • 合成方法は通常と同様にフォウくんを素材にするだけ。
    合成に必要なQPも通常の合成と同額なので、できるだけ低レベルの内に合成した方が効率的である。
    ただし、サーヴァントのクラスと一致するものしか合成できない。
    そのため、クラス一致のボーナスは無く、エクストラクラスにはALLクラスのフォウくんしか使えない。
    また、『大成功』や『極大成功』が発生した場合も、増えるのは「経験値のみ」であり、フォウくんによる上昇数値は変わらない。
  • 入手手段
    • 常設ショップでマナプリズムと交換
      ☆3フォウくん1枚=マナプリズム30個のレートで交換できる。
      ※2017年6月現在、半額キャンペーンで1枚=15個で交換できる。
      その代わり、月にHP/ATK各20枚ずつの在庫制限が設けられている。
      在庫は月初めに補充される。
    • イベントショップでイベントアイテムと交換
      レートはイベント毎に異なるが、1回のイベントにつき☆3フォウくんをHP/ATK各20枚ずつ交換できることが多い。
    • フレンドポイント召喚
      フレンドガチャからも低確率で☆1~3の各クラス専用やALLのフォウくんが出る。
    • 運営からのプレゼント
      まれに、周年記念や他メディア連携などで特別ログインボーナスの形でプレゼントされる事がある。

☆4のフォウくんによる強化 Edit

2017/05/31復刻版羅生門より実装。

  • ☆1~3のフォウくんによる強化で+1000に達したサーヴァントについてのみ行える。
    HP・ATKのそれぞれ個別に対応しているため、他方が+1000未到達であっても強化可能。
    HPを上げる「流星のフォウくん」とATKを上げる「日輪のフォウくん」があり、それぞれ+20のステータス上昇となる。
    一体につきHP・ATK各+1000が上限。つまり、現状では上限に達するのに各50枚が必要となる。
  • 入手手段
    • レアプリズムと交換
    • イベントショップでイベントアイテムと交換
      現状、主にイベントの上級報酬でのみ入手が可能。
      (つまり☆3以下のフォウくんと違ってかなり貴重な素材なので、使うサーヴァントはじっくり検討しよう)
    • これまでの入手可能数→アイテム一覧/星4フォウくん入手数

成長タイプ Edit

  • サーヴァントにはそれぞれの成長タイプがあり、いわゆる「凹型」「平均」「凸型」が存在する。「平均」以外の成長曲線はいわゆる二次曲線を2つ繋げ合わせたS字のような形(三次曲線)を描いている。
    例えば、最大レベルの50%付近(☆4だとレベル40〜60)とそれ以外のレベル帯において、どちらがステータスが伸びやすいかがサーヴァントごとに設定されている。「凸型」は中間域で大きく伸び、逆に「凹型」は初期段階と最終再臨後の伸びが良い。
    無論、「平均」タイプはどちらのケースでも上昇率が変化しない。
    「凹型」は霊基再臨4まで行い最後までレベルを上げきらなければ他の成長タイプにステータスで見劣りし、「凸型」は霊基再臨4を行っても最終段階では殆どステータスの上昇が見込めない。
    ストーリー序盤の即戦力としては「凹型」は有利である一方、育成上限まで上げきる必要があるが「凸型」は手持ちの素材やステータス上限を鑑みて霊基再臨3で止める選択肢が取れる。

獲得経験値および霊基変換一覧 Edit

  • サーヴァントはLv1かつ宝具Lv1の値
  • レアプリズムへの変換については、イベントで配布された&フレンドポイントから入手した☆4サーヴァントは対象外なので注意。
    聖晶石ガチャで入手した高レアサーヴァントのみが対象となる。
    名称合成時EXP売却時変換個数
    不一致一致マナプリズムレアプリズム
    ☆1叡智の種火1,0001,200--
    ☆2叡智の灯火3,0003,600--
    ☆3叡智の大火9,00010,8001-
    ☆4叡智の猛火27,00032,4001-
    ☆5叡智の業火81,00097,2001-
    ☆1サーヴァント3,0003,600--
    ☆2サーヴァント5,0006,000--
    ☆3サーヴァント9,00010,8003-
    ☆4サーヴァント12,00014,80061(配布鯖は0)
    ☆5サーヴァント15,00018,00095

曜日クエスト<種火集め> Edit

  • 経験値カードを集めるには曜日クエストの種火集めが主になる。
    難易度推奨Lv消費AP主な種火備考
    初級510叡智の種火
    中級1520叡智の灯火
    上級2530叡智の大火
    超級4040叡智の猛火
    極級6040叡智の業火2021/8/1 19:00追加
  • 推奨Lvはサーヴァントの平均Lvと考えたほうがよい。
    推奨Lvが上がるほどレア度の高い種火がドロップする。
    • 超級でもドロップに大火が混じる事、最低でも3クラス分の種火が混在する(指定クラス+狂の種火が落ちる)ため、特定のクラス用種火を集中して集めるのは中々骨が折れる事を覚えておきたい。
      • (要検証)2021/8/1より種火のドロップに変更が入り、超級では猛火+確率で業火がドロップするようになり効率が上昇した。
      • ☆5サーヴァントをLv.90まで育てるには、もっとも経験値の多い☆5叡智の業火だと152枚(クラス一致なら127枚)必要となる。
        1日の自然回復288APで極級が7回行けるので、63枚/日として約2.5日かかる。
  • 期間限定イベントでは、ALLクラスの猛火・大火がそれぞれ100枚ずつ交換できることが多いので、しっかり入手しておきたい。使用機会が来るまではプレゼントボックスに入れておけば邪魔にもならない。
  • マスターLv17でAP40になるため超級に行くことが可能になる。
  • 自前の戦力が整わない内はサポートで高レベルのルーラーを借りれば超級までクリア可能。
    できるだけ弱いサーヴァントを並べて敵に倒させ、ルーラー1人に戦ってもらえばいい。
    その際バーサーカーのクリティカルには注意する事。
  • ある程度、FGOのバトルを知ったら、フレンドから挑戦するクエストに対して有利な全体宝具サーヴァント or 全体宝具バーサーカーの凸カレイドスコープ付き(凸カレスコ/モルガンなど)をレンタルしていくと良い。

必要EXP及び必要QP一覧 Edit

  • 必要EXPにレアリティによる差はない。
  • 必要QPは合成するカード一枚当たりにかかる数値であり、レアリティによって補正がかかる。
    ★1を基準としてかかる補正は以下の通りとなる。表に記載してあるのは★1のデータ。
    ★2:必要QP1.5倍
    ★3:必要QP2.0倍
    ★4:必要QP4.0倍
    ★5:必要QP6.0倍
+  経験値テーブル1~30+クリックで展開
レベルNext累計EXP必要QP
11000100
2300100130
3600400160
410001000190
515002000220
621003500250
728005600280
836008400310
9450012000340
10550016500370
11660022000400
12780028600430
13910036400460
141050045500490
151200056000520
161360068000550
171530081600580
181710096900610
1919000114000640
2021000133000670
2123100154000700
2225300177100730
2327600202400760
2430000230000790
2532500260000820
2635100292500850
2737800327600880
2840600365400910
2943500406000940
3046500449500970
レベルNext累計EXP必要QP
+  経験値テーブル31~60+クリックで展開
レベルNext累計EXP必要QP
31496004960001000
32528005456001030
33561005974001060
34595006545001090
35630007140001120
36666007770001150
37703008436001180
38741009139001210
39780009880001240
408200010660001270
418610011480001300
429030012341001330
439460013244001360
449900014190001390
4510350015180001420
4610810016215001450
4711280017296001480
4811760018424001510
4912250019600001540
5012750020825001570
5113260022100001600
5213780023426001630
5314310024804001660
5414850026235001690
5515400027720001720
5615960029260001750
5716530030856001780
5817110032509001810
5917700034220001840
6018300035990001870
レベルNext累計EXP必要QP
+  経験値テーブル61~90+クリックで展開
レベルNext累計EXP必要QP
6118910037820001900
6219530039711001930
6320160041664001960
6420800043680001990
6521450045760002020
6622110047905002050
6722780050116002080
6823460052394002110
6924150054740002140
7024850057155002170
7125560059640002200
7226280062196002230
7327010064824002260
7427750067525002290
7528500070300002320
7629260073150002350
7730030076076002380
7830810079079002410
7931600082160002440
8032400085320002470
8133210088560002500
8234030091881002530
8334860095284002560
8435700098770002590
85365500102340002620
86374100105995002650
87382800109736002680
88391600113564002710
89400500117480002740
90418500121485002770
レベルNext累計EXP必要QP
+  経験値テーブル91~100+クリックで展開
レベルNext累計EXP必要QP
91454900125670002800
92510100130219002830
93584500135320002860
94678500141165002890
95792500147950002920
96926900155875002950
971082100165144002980
981258500175965003010
991456500188550003040
100------20311500----
レベルNext累計EXP必要QP

種火必要枚数の目安 Edit

※大成功・極大成功は考慮しない

  • 叡智の大火(一致 or ALL)
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計
    ☆113枚29枚57枚94枚141枚334枚
    ☆225枚43枚75枚117枚168枚428枚
    ☆342枚58枚95枚141枚196枚532枚
    ☆499枚95枚141枚196枚261枚792枚
    ☆5193枚141枚196枚261枚335枚1126枚
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計

  • 叡智の猛火(不一致)
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計
    ☆15枚12枚23枚38枚57枚135枚
    ☆210枚17枚30枚47枚67枚171枚
    ☆317枚23枚38枚57枚79枚214枚
    ☆440枚38枚57枚79枚105枚319枚
    ☆578枚57枚79枚105枚134枚453枚
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計

  • 叡智の猛火(一致 or ALL)
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計
    ☆15枚10枚20枚32枚47枚114枚
    ☆29枚15枚25枚39枚56枚144枚
    ☆314枚20枚32枚47枚66枚179枚
    ☆433枚32枚47枚66枚87枚265枚
    ☆565枚47枚66枚87枚112枚377枚
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計

  • 叡智の業火(不一致)
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計
    ☆12枚4枚8枚13枚19枚46枚
    ☆24枚6枚10枚16枚23枚59枚
    ☆36枚8枚13枚19枚27枚73枚
    ☆414枚13枚19枚27枚35枚108枚
    ☆526枚19枚27枚35枚45枚152枚
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計

  • 叡智の業火(一致 or ALL)
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計
    ☆12枚4枚7枚11枚16枚40枚
    ☆23枚5枚9枚13枚19枚49枚
    ☆35枚7枚11枚16枚22枚61枚
    ☆411枚11枚16枚22枚29枚89枚
    ☆522枚16枚22枚29枚38枚127枚
    レア霊基再臨×1
    まで
    霊基再臨×2
    まで
    霊基再臨×3
    まで
    霊基再臨×4
    まで
    レベルMAX
    まで
    合計

霊基再臨 Edit

「MENU」→「強化」→「霊基再臨(サーヴァント進化)」にて実行できる。

  • いわゆるサーヴァントの限界突破。Lv上限に到達した時点で、霊基再臨素材を与えることにより最大4回まで解放することができる。
  • 1回毎に一律で+10Lv(最大+40Lv)。
  • サーヴァントのレアリティが高いほど、最大Lvと要求される素材の数がそれぞれ上がる。
    ただし、ステータスについては成長タイプによっては同Lvの低レアの方が高レアより高い場合もある。最終Lvでのステータスは高レアの方が高くなる。
    霊基再臨
    0回目1回目2回目3回目4回目
    0Lv25Lv35Lv45Lv55Lv65
    1Lv20Lv30Lv40Lv50Lv60
    2Lv25Lv35Lv45Lv55Lv65
    3Lv30Lv40Lv50Lv60Lv70
    4Lv40Lv50Lv60Lv70Lv80
    5Lv50Lv60Lv70Lv80Lv90
  • QP&共通素材
    QP
    一段階二段階三段階四段階
    110,00030,00090,000300,000
    215,00045,000150,000450,000
    330,000100,000300,000900,000
    450,000150,000500,0001,500,000
    5100,000300,0001,000,0003,000,000
    ピース&モニュメント
    一段階二段階三段階四段階
    ピースモニュメント
    12個4個2個4個
    23個6個3個6個
    34個8個4個8個
    44個10個4個10個
    55個12個5個12個
  • 素材詳細霊基再臨一覧

特別再臨 Edit

プレイ開始から一定期間(90日?)内に一度のみ使える初心者救済機能。
レアリティを問わず、任意のサーヴァント1体を素材・種火・QPを一切消費せずに、最終再臨(霊基再臨4回)した状態(LvがMAX-10)まで一気に成長させる。
☆1サーヴァントならLv50、☆5サーヴァントならLv80となる。

  • よりレアリティの高いサーヴァントに使う方が断然お得。可能なら☆5サーヴァントに使いたい機能。
  • 途中まで育てたサーヴァントにも行えるが、それまでに使った素材etcは返却されない。
  • 特別再臨を行うと再臨時の演出も順に表示される。
  • 以下のサーヴァントには特別再臨を行えない。

サーヴァントスキル強化 Edit

「MENU」→「強化」→「サーヴァントスキル強化」にて実行できる。

  • 保有スキルは最大Lv10まで強化できる。
    レベルアップによって成長するのは[Lv.〇]と言う表記が付いている効果だけで、Lv表記が無い効果はレベルを上げても成長しない。
    また、Lv6とLv10のときにCTが1ターンずつ減少する。
    • 基本的に1レベル毎の成長量は一定。ただしLv9→10に上がる時のみ2倍の成長をするスキルが多い。
  • QP&共通素材
    QP
    Lv★1★2★3★4★5
    21万2万5万10万20万
    32万4万10万20万40万
    46万12万30万40万120万
    58万16万40万80万160万
    620万40万100万200万400万
    725万50万125万250万500万
    850万100万250万500万1,000万
    960万120万300万600万1,200万
    10100万200万500万1,000万2,000万
    272万544万1,360万2,700万5,440万
    共通素材
    Lv素材★1★2★3★4★5
    2輝石23445
    3輝石4681012
    4魔石23445
    5魔石4681012
    6秘石23445
    7秘石4681012
    8なし-----
    9なし-----
    10伝承結晶11111
    ※注:エクストラクラスのサーヴァント中には、複数種の輝石~魔石を必要とする者や、輝石~魔石を必要としない者も存在する。
  • 注意事項その1
    スキル強化には霊基再臨でも使う貴重な素材アイテムに加え、霊基再臨とは桁違いの大量のQPが必要となってくる。
    • 特に☆5サーヴァントはスキル1つをLv10にするのに5,440万QPも消費する。スキルは3つあるので必要QPはその3倍。
      宝物庫の超級1回(AP40)での稼ぎはQP獲得量増加礼装なしで平均120万QP程度なので、☆5のスキル1つを育てるのに45周、3つなら135周必要になる。
      • 2021/8/1より宝物庫に極級(AP40)が追加。礼装なしだと平均350万QP獲得でき、☆5のスキル1つを育てるのに約16周必要。
    • モナ・リザベラ・リザなどの礼装によって獲得効率を上げられる。最大で+45%上昇させられるが、その分編成難易度も上がるので注意。
  • 注意事項その2
    もう一つのネックが各クラスごとの「秘石」である。曜日クエストでは上級 or 超級の修練場で稀に(数回に1回)ドロップする。
    使用量はレアリティごとに異なるが、☆5サーヴァントのスキル1つをLv10にするためには17個も要求される。(☆1で6個)しかもこちらは曜日ごとに修練場のクラスが変化するため、毎日同じクエストに通って集めるという訳にはいかない。
    QPと併せて育成が滞る最大の要因なので、育成計画を立てる上で念入りに入手量を検討しておきたい。
    • こちらは期間限定イベントにおける周回クエストでドロップが設定されていることが多く、開催中は目当ての秘石ドロップが確認できたクエストを周回する中~上級者の姿が多く見られる。
      • また、秘石が報酬に設定されたBOXガチャが設定されるイベント(クリスマスなど)もあり、こうしたイベントが来た場合多くのプレイヤーが秘石目当てに全力周回を図る。

サーヴァント宝具強化 Edit

「MENU」→「強化」→「サーヴァント宝具強化」にて実行できる。

宝具レベル強化 Edit

同じサーヴァントまたは宝具強化専用霊基を合成することにより、宝具Lvを最大5まで強化することができる。

  • 強化対象のサーヴァントと強化用素材のサーヴァントの宝具Lvは合算(最大は5)される。
    例:宝具Lv3のサーヴァントの強化用素材に宝具Lv2のものを使うと、宝具Lv5になる。
  • レベルアップすると、文末に[Lv.○]と書かれている効果が強化される。
    強化幅は1Lvから2Lv時が最も高く、以後は緩やかに強化される。
  • [オーバーチャージで効果アップ]と書かれている効果については宝具レベルによる変化は無い。
  • 宝具レベルが上昇するとNPチャージ枠が最大300%まで増加し、宝具チェイン無しでもオーバーチャージ(OC)が可能になる。
    NP最大値(宝具チェインによるOC時は除く):1Lv=100%、2~4Lv=200%、5Lv=300%
  • よく勘違いされがちだが、「宝具Lv2になると、NPが200%までチャージできるようになる」のであって「OCで宝具Lv2相当の効果が得られるわけではない」。宝具Lvで強化される部分と、オーバーチャージで強化される効果は全く別である。
    • 例えば佐々木小次郎の場合、宝具Lvを上げると「敵単体に超強力な攻撃」が強化され、OCをすると「スターを大量獲得」が強化される。
  • 同じサーヴァントを2体以上パーティに入れることはできないため、宝具の強化が完了したら2体以上保持する意味はあまり無く、次の場合くらい。
    • サポートの2ヶ所(オールと該当クラス)に同じサーヴァントを入れたい。
    • クエスト攻略や性能チェックなどで、直ぐに倒される1Lvサーヴァントをパーティに入れたい。
  • 現実的に☆5サーヴァントの宝具レベルを上げるのは極めて難しい。期間限定/ストーリー限定召喚サーヴァントとなると☆4どころか☆3ですら地獄。

宝具強化専用霊基 Edit

2021年10月20日実装。
エリザベート・バートリー(シンデレラ)以降の新規配布サーヴァントおよび巡霊の祝祭で入手できる配布サーヴァントに適用。
配布サーヴァント向けの宝具レベル上げ専用素材。それまでの「2枚目以降のセイントグラフ」が、この宝具強化専用霊基に変更された形。

  • 絵柄は通常のセイントグラフと同じだが、左上に「宝具強化専用」とタスキが付いている。
  • サーヴァントではなく素材扱いで、サーヴァント強化やスキル強化、パーティ編成等の画面には表示されず、宝具強化時の「強化用素材」選択時にのみ表示される。
  • 霊基変還(売却)は当該サーヴァントが獲得できるイベントの期間中は不可能で、イベント終了後に可能となる。

宝具ランク強化 Edit

  • 一部のサーヴァントは宝具ランク強化クエストをクリアすることにより宝具ランク・性能を強化することができる。
  • 現状では宝具ランク強化クエストが実装されていないサーヴァントのほうが多い。

宝具チェイン Edit

  • 戦闘中、宝具を連続して使用することにより宝具チェインが発動する。
  • 宝具のレベルが上がっていなくても2つ目の以降の宝具はNPが+100%づつ加算され、最高で元のNP300%+宝具チェインNP200%で合計NP500%までチャージされる。

クエストクリアによる宝具やスキル強化 Edit

強化クエストや一部の幕間の物語は、クリア報酬が宝具強化やスキルの追加あるいは強化となっている。
(クエスト開放条件や強化詳細は該当サーヴァントの個別ページを参照)

聖杯転臨 Edit

「MENU」→「強化」→「聖杯転臨」にて実行できる。
2016年8月6日実装。
最終再臨済み(霊基再臨4回終了)のサーヴァントに対して行うことで、レベル上限をレア度毎に定められた値より高くできる。

Lv100まで Edit

  • 霊基再臨時と同様に、レベル上限に達していないと聖杯転臨を行うことはできない。
  • 聖杯転臨1回につき、聖杯1個とQPを消費する。
  • サーヴァントコインを用いない場合の上限は一律Lv100。
    聖杯転臨した際のLv上限の上昇値は、Lv60では+10、Lv65~85では+5、Lv90以上では+2。
    つまり、元のレア度が低いほど、Lv100に必要な聖杯の数は増える。詳細は下表参照。
  • 聖杯転臨を行うとセイントグラフの枠が変化する。
    • レアリティが☆3以下のサーヴァントの場合、上限Lvが70になると銀枠、80になると金枠に変化する。元々の枠の色は聖杯のアイコンに適用される。
    • Lv90を超えた場合、セイントグラフ上部のレアリティ表記の☆にも集中線のような装飾が施される。Lv100になるとさらに装飾の数が増える。
    • ☆0のアンリマユを聖杯転臨した場合、上記とは異なる変化となる。
  • レベル上限が上がっても編成コストは変化しない。
    例:☆1サーヴァントのアーラシュはLv100になっても編成コストは3のまま。
  • 聖杯転臨を行うことができないサーヴァント。
    • マシュ・キリエライト
      メインシナリオのストーリー進行でレベル上限が解放されるため。
    • 仮加入状態のイベントサーヴァント
  • 聖杯の入手手段は基本的にメインシナリオのクリアか一部イベント内の報酬に限られる。
    詳細は後述の「聖杯の個数限界」を参照。
    貴重ではあるが、メインシナリオクリアのみでも10個以上入手出来る為、1人に注ぎ込めば☆0~2までのキャラでもレベル100到達は可能。
  • 誰に聖杯を使うべきか決められない人へ…
+  ~ちょっとしたアドバイス~+クリックで展開

~優柔不断な貴方へ送る、聖杯転臨の指針~

  • Q1.○○が好きなんじゃ~!
    A.貴方は既に答えを得ています。
    ○○を持ってない…いつか手に入る日に備えて聖杯を温存しましょう。
    ○○がマシュの人…いつか聖杯転臨出来ると祈りつつ聖杯を温存しましょう。
    ○○が未実装(※)…いつか実装されると祈りつつ聖杯を温存しましょう。
    (※TYPE-MOONのキャラなら元の設定がサーヴァントでなくても疑似サーヴァントとして実装されるかも……)
  • Q2.何を基準に聖杯転臨の優先度を定めればいい?
    A.最優先はもちろん好きなサーヴァントで次点は高火力アタッカー。
    あとは手持ちに優秀な高レアサーヴァントが手薄なクラスの☆3以下でアタッカーになれる存在。いずれにしても「殺られる前に殺る」のがこのゲームなので、基本的には攻撃宝具を持ちメインアタッカーとなれるサーヴァント(※)を優先するといい。(※自身で火力バフ系スキルを所持していたり、NP確保系スキルがあるとなお良し。NPに関してはアペンドスキルによる初期NP+10~20%も加味する事)
    宝具に関してはカードバフ支援スキル持ちが多いBusterかArts宝具持ちを選ぶと、支援サーヴァントの存在によって更なる火力アップが見込める。Quick支援スキル持ちは少なめだが、☆5スカサハ=スカディの実装以降はBusterやArtsに見劣りしないバフを乗せれるようになった。
    無課金~微課金プレイヤーでもイベントさえこなせば確実に入手出来、宝具レベル5到達も可能な配布☆4サーヴァントもおすすめです。
    また、アタッカー以外だと☆1~2低レアで支援能力が高いサーヴァントもオススメ。支援サーヴァントは敵の攻撃に多少耐えれる程度のHPがあれば高いレベルまで上げる必要もないので、貴重な聖杯を節約出来る。
  • Q3.単体攻撃宝具と全体攻撃宝具持ちはどっちがいい?
    A.難しいクエストをクリアしやすくしたいか、簡単なクエストの周回を快適に行えるようにしたいか、で判断しましょう。
    前者であれば安定した宝具火力+αでアタッカーとしての役割を確実に全うする単体攻撃宝具のアタッカー、後者であれば広い攻撃範囲で要領よく敵を倒してくれる全体攻撃宝具のアタッカーがおススメです。
    ただし、このゲームのプレイに占める時間の割合はフリークエストの周回プレイであること、全体攻撃宝具のアタッカーはレベルや宝具レベルが低いと宝具の基礎威力が低すぎて使い物にならないパターンもあることを加味して、全体攻撃宝具のアタッカーに使うプレイヤーが多いのが現状です。
    特にシステム運用(通常攻撃を挟まず、スキルと宝具攻撃だけで攻略するバトルスタイル。詳細はスカサハ=スカディアルトリア・キャスターの個別ページを参照)ができるアタッカーなど、高速周回プレイに役立つアタッカーの宝具威力向上は、機械的な動きだけでクリアできるフリークエストの種類を増やしてプレイ時間短縮・周回の快適化のメリットに繋げてくれるため、周回に時間を使うことを嫌う人にはおススメです。
  • Q4.使っても微妙なサーヴァントって居る?
    諸葛孔明、玉藻の前、ステンノ、メディア(リリィ)、天の衣など、攻撃宝具ではない高レアサポート系のサーヴァント達は、ダメージ量という目に見えるメリットがない分恩恵が分かりにくいという声はあります。
    ただし、聖杯転輪でHPが上がることに着目し、持久戦やHP回復の恩恵を想定した使い方に役立てられるプレイヤーならば寧ろ有力な選択肢になりえます。
    なお、アンリマユに関しても少々厳しいものがありますが、聖杯転臨するとある特殊な事が起きるので興味のある方は是非。
    バーサーカー全体に対してはHPが上がる=生存率の向上のため意味があるという意見と、どうせ被ダメージ2倍だから気にしないという意見に分かれてます。
    逆にATK(=火力)が上がる事に主点を置き、「やられる前にやればいい」という考えで聖杯転臨を行ってもいいでしょう。
  • Q5.ステータスはどれだけ上昇するの?低レアでも強くなる?
    A.ステータス詳細は各サーヴァントのページを参照。レアリティの差はレベル上限だけでなく最終ステータス自体にも現れている為、聖杯転臨を行い同じレベルに揃えたとしても、高レアサーヴァントの方が高いステータスとなります。
    なお、低レアサーヴァントはステータス面でこそ高レアに劣りますが、スキルの独自性や編成コストと育成コストの低さがステータス面での不利を十分に補う為、低レアでもレベル相応の戦力になることは多いです。
    ちなみに☆1は聖杯1つめ使用に限りLv上限が+10なので、費用効果がわずかに高くなっています。
    とはいえ一部を除く☆2以下と、☆4以上のサーヴァントの間にはステータス以外にも超えられない壁(特にカード性能やNP効率)が多い為、長期的な運用を考えるならその辺は熟慮しましょう。
    • レアリティによるステータスの差(参考)
      +  ☆1~☆5まで存在するアサシンクラスで比較+クリックで展開 恒常入手可能なアサシンの各レアリティの中から最もATKが高いアサシンで比較。(※表はフォウ君なしの数値)
      同じLv100でも、☆1と☆5ではステータスの差がかなり大きいのが分かる。
      補足:☆1小次郎のLv100時のステータスは☆5ジャック(Lv70)or☆3荊軻(Lv90)のステータスの値に近い。
      ・Lv100時のステータスの比較
      サーヴァント名HPATK
      1佐々木小次郎9,5888,912
      2呪腕のハサン10,9609,100
      3荊軻11,2449,754
      4カーミラ12,69811,391
      5ジャック13,90912,651
      ・Lv90時のステータスの比較
      サーヴァント名HPATK
      1佐々木小次郎8,7478,119
      2呪腕のハサン9,9988,294
      3荊軻10,2588,903
      4カーミラ11,58110,395
      5ジャック12,69611,557
  • Q6.やっぱり決められないから、低レアでオススメ教えて
    注意:以下の上げているのは性能面でのオススメの為、今後のスキル強化や宝具強化、新規サーヴァントの実装、ゲーム環境の変化などに影響を受ける可能性があります。
    ここでも書きますが、聖杯は自分の好きなサーヴァントに捧げるのが一番です。
    • アーラシュ
      編成コストが安く、宝具火力が高いサーヴァント。低レア故の低HPで事故が起きやすい難点も解消でき、ターン毎にHPが減っていく黒の聖杯も使いやすくなる。
    • スパルタクス
      アペンドスキル魔力装填10Lv&不屈の意志10LvでNP50%を賄え、初期NP50%礼装と合わせれば開幕全体宝具を撃てる強みを持つ。
    • マンガで分かるバーサーカー
      限定配布☆1。周回特化型バーサーカーで、日々のデイリー消化やイベントの周回プレイを助けてくれる。
      ただし、耐久力が最低クラスでNP自給もできない為、初心者向けサーヴァントではない。サーヴァント詳細ページを熟読した上で判断する事。
    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      Artsパーティに限定されるが、(攻撃)支援能力が極めて高い。
      支援役なら多少場持ちする程度の70~80Lvでも十分なので聖杯も節約できる。ただしぐだぐだ看板娘とセットで使う想定なら聖杯は他へ回した方が良い。
    • イアソン
      セイバークラスでは貴重な多段ヒットするArts全体宝具持ち。アルトリア・キャスターを所持しているなら…
  • ★★
    • 呪腕のハサン
      高確率即死宝具と回避(3回)スキルにより高HPのザコに対しては滅法強い。
      また、初期実装の低レアでは目に見えて高性能なQuickによりNP確保とスター生産を両立してる為、対サーヴァント戦でも活躍可能。
    • ハンス・クリスチャン・アンデルセン
      NPが貯まりやすく、宝具で貴重な毎ターンHP自動回復(たまにおまけで攻撃&防御力上昇がついてくる)を全体に与えるため、サポート面では非常に優秀。
      前述のモーツァルト同様火力は期待出来ないが、☆2以下共通の弱点となるHPがある程度解消されるためLvを80~90にしておくのはあり。
    • エドワード・ティーチ
      全体的にバランスが良い低コストアタッカーだがサポート役としても優秀。
      低レアゆえの火力の低さは2つのスキルで補うことも可能。女性サーヴァントを回復しつつ自らも長く場に居座ることができる。
    • ゲオルギウス
      低レア壁役。元々☆3並のHPがあるため、更にタフな壁役になり、長持ちするほど他のサーヴァントへの負担が軽くなる為、偏った編成などもしやすくなる。
      ただし、クリティカルの攻めがやりづらくなることと、アサシンクラスには相性負けする点は注意。
    • 陳宮
      クセは強いが低レアにも関わらず強力な全体宝具アタッカー。初期からターゲット集中スキルを持ち、囮にもなれるので聖杯転臨したアタッカー陳宮と一段階だけ霊基再臨した囮陳宮(開幕から囮兼NP10%配布要員)と2人所持するのも手
  • ★★★
    ☆3は一芸に秀でるか、便利でよく使うサーヴァントに聖杯を使おう。
    • 呂布奉先
      ☆3以下バーサーカーでは貴重な単体攻撃宝具持ちで攻撃特化型サーヴァント。
      NP確保の礼装必須だが、ほとんど相性を考えず(シールダーとフォーリナー以外の)全クラスに高威力の宝具を叩き込めるのが売り。ただ、いまだに宝具強化が未実装な為、後述の配布☆4ジャンヌ・ダルク(狂オルタ)を宝具5Lvで所持しているならそちらを育成した方がいい。
    • ダビデ
      章クリア報酬。☆3で呂布奉先に続くATKの高さ&単体高火力宝具持ち。
      神の加護で生存しつつ、カリスマと治癒の竪琴で味方全体をサポートできる。敵の全体攻撃宝具対策として起用される機会がそれなりにある。
      反面、クリティカル狙いはしにくいため、地力を伸ばして補うという考え。
    • エウリュアレ
      こちらも単体攻撃宝具持ち。自身のNP獲得スキルと強化クエストクリア後に獲得出来るアーツカード性能を上げるスキルを持つため宝具を撃ちやすい。
      また、敵が男性であれば魅了と特効が発動する為、男性相手なら☆4以上のサーヴァントの攻撃宝具の性能を上回る事がある。
    • ジャガーマン
      ストーリー召喚限定のランサーでスキル依存型アタッカー。☆3とは思えないほどスキルが攻撃面に尖りまくっている為、スキルLvMAXにする価値も高く、完成すれば☆3ランサー最優のアタッカーになる。
      7章クリア後のストーリー召喚でのみ入手可能、フレポでは召喚不可能という条件から入手時期が遅く、宝具レベルも上げ難いが、クラス別PU、7章PU等に含まれる事がある。
    • ベディヴィエール
      ストーリー召喚限定のセイバーで単体宝具アタッカー。特にOC時の宝具威力は他を圧倒する程。Artsが1枚しかないがNP+30%スキルを持つ為、概念礼装と合わせれば宝具発動もしやすい。凸虚数魔術ないし未凸カレイドスコープがあれば開幕宝具可能というのは☆3では貴重。
      前述のジャガーマン同様に6章クリア後のストーリー召喚でのみ入手可能、フレポでは召喚不可能。
    • メディア
      ☆3キャスターでは最高クラスのアタッカー。ゲージ回転率がずば抜けて高く、宝具の手数で勝負できるほぼ唯一の無料入手可能キャラ。
      厄介な敵の強化を剥がせる貴重な低レアサーヴァントとしてイベントでも出番が多い。高性能な回復スキルも所持し、スキルレベルMAXにすると比較的場持ちも改善される。
    • メドゥーサ
      周回プレイ向け。NP+20%のスキルを持つ為、カレイドスコープがあれば1ターン目で宝具発動出来き、宝具モーションも短い。アペンドスキルの魔力装填を取れば☆4の75%礼装でも発動可能になり更に使いやすくなる。
      「宝物庫」や「イベント」周回のお供に。
    • 岡田以蔵
      「限定ピックアップ召喚のみで入手可能な☆3」。対サーヴァント用スキル「人斬り」とCTが短いスターー集中スキル「撃剣矯捷隼の如し」が非常に優秀な対サーヴァント用クリティカルアタッカー。
      入手難易度の高さ、自前で攻撃やカードバフを持っていない、「人斬り」のCT中やサーヴァント(と人型エネミー)以外の敵への火力不足など、いくつか問題はあるものに乗り越えていけばコストが安く済む便利な「人斬り」になる。
  • Q7.逆に高レアでオススメある?
  • ★★★★
    • イベント配布☆4サーヴァント
      スキルも含めて優秀なサーヴァントが多く、初心者でも宝具レベル5を目指せるイベントが多いため、ベストパフォーマンスに持って行きやすいキャラが多い。
      ただし、入手機会が限られる上、イベント参加条件そのものが初心者には難しいのもある。また、イベント期間は長くても2週間程度の為、復刻待ちのプレイヤーは告知を見逃さないように注意しよう。
      (※復刻イベントでも取り逃した場合は、「メイン・インタールード」に追加されるのを待つしかありません)
      以下に挙げたサーヴァントの多くは自分の宝具に対応したカード強化スキルも所持してる為、宝具火力に優れたアタッカーになる。
      BBとメカエリチャン達は攻撃力強化もカード強化も持たないが、BBは高性能なクリティカル強化スキルを持ち、メカエリチャン達は高性能な宝具威力強化スキルを持っている。
      • 坂田金時(騎)クロ両儀式(殺)エリザ(剣)酒呑童子(術)葛飾北斎(剣)長尾景虎
        いずれも優秀な単体攻撃宝具持ち。ただし、エリザベートは第三スキルのコストが重すぎるので実質2つのスキルでやり繰りする事になる。また、酒呑童子はイベントの参加条件が非常に厳しいのが難点。
      • ジャンヌ・ダルク(狂オルタ)
        クセがなく扱いやすいバーサーカー。自前で狂化EX、ATKバフ、Busterバフを所持してる事から高い宝具火力を持つ。HPは低いが回避、NP確保スキルも所持し、バランスもいい。
      • アルトリア(サンタオルタ)グレイ
        全体攻撃宝具持ち。前者はNP補強必須だが「”とても”強力な攻撃」で威力倍率が高いだけでなく、強力な回復スキルも所持している。後者は2種類のバフ(+特攻)を持つ為、バフ込みで強力な宝具ダメージを叩き出せる。
      • BB
        配布唯一のムーンキャンサー。未所持なマスターは「メイン・インタールード」の「深海電脳楽土 SE.RA.PH」を開放&クリアする事で入手可能。高い攻撃力とLvで出てくる事が多いアヴェンジャークラスに相性優位を取れるのはごく少数しかいない。ATKは低いもののスキルと宝具が高性能で、少しばかりステータスを上乗せしてやればArts耐久パで頼れる後輩となる。
      • メカエリチャンメカエリチャンⅡ号機太歳星君
        配布アルターエゴのアタッカー。現状アルターエゴは基本限定ピックアップ召喚でしか入手手段がない為、配布で確実に入手出来る彼女らの価値は高い。
        2022年に登場した太歳星君はザコ6体が一度出るクエストにおいて有用な特殊な全体宝具を持っている。
      • ケツァル・コアトル(サンバ/サンタ)レオナルド・ダ・ヴィンチ(裁)壱与
        配布ルーラーのアタッカー達。全員何かしらの支援バフスキルを持つので、所持サーヴァントが少ない時ほど役に立つ。使い手が少ない宝具威力強化&チャージ+1を持つレオナルド・ダ・ヴィンチ(裁)は宝具のOC効果の高いサーヴァントと組ませると便利。
    • 恒常orストーリー限定☆4サーヴァント
      恒常サーヴァントはほとんどのガチャで排出する為、ガチャを回していれば入手機会は常にある。一方、ストーリー限定サーヴァントはクラス別PUガチャのようなものでない限り入手機会は少ない為、課金プレイヤーでない限りは宝具レベルを上げ難い傾向がある。
      恒常&ストーリー限定サーヴァント達は宝具強化やスキル強化による性能更新がされやすい傾向にある為、今ここに記載がないサーヴァントであっても、良い方向に化ける事がある。ただ、カード性能はほぼ強化されない(※)為、カード性能が低い傾向がある初期実装サーヴァント達は性能面で聖杯を捧げる相手としてはやや難がある。(※攻撃モーション改修などで若干カード性能が向上した例はEX攻撃に限り存在する)
      • アルトリア・ペンドラゴン(オルタ)
        ストーリー限定。青王とはスキル、宝具共に似通っているが、スキル性能で若干劣る分、青王よりも威力倍率が高い全体攻撃宝具を持つ。スキル強化すれば未凸カレイドスコープと合わせて開幕宝具発動が可能。Lv90にすればATKが青王を超えるATK特化型のステータスを持つが、前述のサンタオルタ同様NP面の補強は必要。
      • 鈴鹿御前
        恒常。最初の☆4確定チュートリアルガチャで入手できる事もある。カード性能はEX含めて並みだが、スキルを鍛えればNPのほとんどを自分で賄えるようになる。2020年7月~9月にかけて宝具強化&スキル強化され攻撃面が強化された。
      • ランスロット(剣)
        恒常。スキルがクリティカル面に特化し、Arts系なので第一スキルと合わせて宝具を使いやすい。レベル90時では☆5セイバーの沖田総司や宮本武蔵と攻撃面で互角になれるが、耐久系スキルは皆無。
      • パールヴァティー
        全スキルの育成が必須のスキル依存型ランサー。カード性能も優秀、クラススキルで弱体耐性も高い為、ATKの低さを聖杯と☆4フォウで補えば、弱点はほぼ無くなる。また、宝具強化未実装ではあるものの、2つのスキルの強化率が大きい為、スキル併用時の宝具火力は高い。
      • エレナ・ブラヴァツキー
        味方全体へ全種カードバフと最大NP20%を付与するスキルと宝具強化実装済みの全体攻撃宝具を持ち、周回プレイへの適正が高い。各スキルの長いCTが欠点ではあるが、周回プレイならあまり気にしなくてよい。
      • ギルガメッシュ(術)
        前述のエレナ同様、2つの固有スキルのCTが少し長めなのが欠点だが、「王の帰還」「カリスマ」「魔杖の支配者」といった保有スキルが全て高性能と、自他すべてへの支援能力が非常に高い。
        また、自身の宝具も「王の帰還」を使えば大量のスター発生が狙える。
      • 茨木童子
        Busterの単体攻撃宝具持ちであり、耐久性も高い優秀なバーサーカー。スキル依存型だが最終的には高い耐久性を持つだけでなく、スキルでパーティ全体への攻撃バフ、宝具で敵のバフ解除+防御ダウン、と多芸でメインアタッカーだけでなくサブアタッカーとしても優秀。
      • ヘラクレス
        ATKが高いだけでなく、回避とガッツ状態が付与出来るスキルを持つ為、殿で追い込みをかける戦法に向く。
        入手に多大な手間と時間がかかるものの、絆Lv10で入手出来る「雪の城」は自身にガッツを三回分付加するという凄まじい効果を得られる。
        ただ、前衛3騎だけでクリア出来る程度の難易度なら、そもそも殿自体不要。彼が殿として必要とされるのは僅かにある高難易度クエスト位なので、性能で聖杯を投入するならよく検討する事。(令呪コンティニューという手段もある)
  • 限定☆4サーヴァント
    恒常☆4と比べてやや優遇されており、優秀なスキル持ちが多いのが特徴。ただし、入手機会そのものは実は限定☆5すら下回る場合がある。所謂「水着サーヴァント」は夏季限定PU時、それ以外の「限定サーヴァント」は関連イベント時だけが数少ない入手機会となる。なお、宝具やスキルが強化された水着サーヴァントは少ない(※1騎めの強化まで3年かかっている)。その為、ほぼ現状性能が全てとなり将来性は低い。
    • 源頼光(槍)
      水着サーヴァント。スター集中、クリティカル威力、Busterカード性能アップなどと攻撃性能が非常に高い保有スキルの持ち主。スキルも攻撃特化で構成されており、聖杯転臨しなくても攻撃面なら☆5級同然といわれるが、耐久系スキルは皆無で打たれ弱い。
    • 茨木童子(槍)
      水着サーヴァント。カード性能が非常に高く、Ats1枚のランサーにも関わらず、NP礼装の補助無しでも宝具発動が可能。スキルも上記の頼光(槍)ほど攻撃特化ではないものの、攻撃寄りでまとまっており優秀。
    • マルタ(裁)
      水着サーヴァント。耐久性に優れるルーラークラスで☆4上位のATKと単体攻撃宝具、更に比較的対象サーヴァントが多い神性への特攻スキルを所持、宝具強化実装済み、という、攻撃面で比較的万能に近いサーヴァント。
      魔力装填10Lv&水辺の聖女10Lv+初期NP50%礼装で開幕宝具発動も可能。
      各クラスの戦力が充実してくるとクラス混成クエスト以外での出番が減る。
    • オキタ・J・ソウジ
      水着サーヴァント。NPもスターも自力で確保できるほぼ最上位のカード性能を持ち、スキルも非常に優秀で☆4アサシンの中ではATKも高い。宝具でスタンする事があるのが難点なので、聖杯をささげるなら指令紋章などで対策しよう。防御面へのフォローは敵次第だが基本的には攻撃面を強化しよう。
  • Q8.SSR(☆5)に使用するなら?
    ☆5への聖杯転臨は貴重な聖杯を5つも使ってLv100まで育成する事が半ば前提になるだろう。
    それによって消費するQPも、育成に必要な経験値も極めて膨大になるので「強化の大成功確率アップ」等があるイベント時を狙って育成しよう。
    • アルトリア・ペンドラゴン(恒常セイバー)
      初期からいるサーヴァント故にカード性能は低いが、最短CT5となる2つのバフ&NP最大+30%のスキルを備えた全体宝具(宝具強化&スキル強化2つと恵まれている)持ちで、周回適正が高め。耐久スキルは皆無だが、☆5の中ではスキル育成が容易で、癖もなく扱いやすいのが売り。
    • ギルガメッシュ(限定アーチャー)
      攻撃特化型アーチャー。「サーヴァント特攻」の全体攻撃宝具(強化クエスト実装済)が強力で、敵サーヴァントが複数出てくるバトルでもまとめて薙ぎ払える。
      自身の耐久性は低いがスキル「バビロンの蔵」の実装によりNP効率が向上する為、宝具の複数回発動も狙える。また、通常攻撃のHit数が多くスター生産能力も持ち、それでいて比較的初期に実装された事から☆5の中ではスキル育成素材を集める機会に事欠かないのも強み。
    • アルトリア(弓)(限定アーチャー)
      アーチャーの中でも特に高いNP回収効率とHit数に裏打ちされたスター生産能力を持つ、手数で勝負する単体攻撃宝具持ちアタッカー。アーチャー補正もありATKはやや低いが優秀なスキルとスターが集まりやすくクリティカルを狙える事で十分補える。
    • オジマンディアス(恒常ライダー)
      皇帝特権のバフの効果量が大きいだけでなく味方全体へのNP+強化成功率をアップできる太陽神の加護を持っている為、恩恵も大きい。また、宝具に『宝具封印状態を付与』がある為、スキル回復の時間稼ぎに使えたりと非常に優秀。
    • フランシス・ドレイク(恒常ライダー)
      周回向けの宝具アタッカー。宝具強化実装済み、NP+50%獲得スキル持ち、宝具でスター獲得も可能、育成難易度も低め、とセールスポイントが多い。
    • イヴァン雷帝(限定ライダー)
      アタッカーながら弱体解除、無敵付与、敵全体強化解除と、欲しいものが勢ぞろい。高難易度や長期戦では非常に頼もしいライダー。
    • 救世主トネリコ(限定キャスター)
      キャスターの中でも特に高いATKと悪特攻の全体宝具を持ち、パーティ支援能力も兼ね備える。
      「逆境のカリスマ」はHPが減る程に攻撃力が上がっていく為、HPを減らす手段を用意できれば、強力な火力源になる。
    • クー・フーリン(オルタ)(ストーリー限定バーサーカー)
      「第一部五章クリア後のストーリー召喚のみで入手可能」。
      3つのスキルと宝具に裏打ちされたバーサーカーらしからぬ高い防御力と、高い基礎攻撃力と宝具火力に裏打ちされたバーサーカーそのものな攻撃力を兼ね揃えた高難易度向けの汎用アタッカー。
      持久戦などの使い方にも強い分、攻撃力だけでなくHPの増加のメリットも多いため、聖杯転輪のメリットがかなり大きい。
      (後述のジャンヌ・ダルク(オルタ)には及ばないものの、Lv100時フォウ込みでATKが15,000を越える)
    • 源頼光アルジュナ(オルタ)宮本武蔵(狂)モルガン伊吹童子(狂)千利休(すべて限定バーサーカー)
      ☆5バーサーカーの全体攻撃宝具持ち。
      ほぼクラス相性を気にせず敵3体をまとめて薙ぎ払える事から周回プレイへの適正が高く、イベントで起用される機会も多い。
      ただ、最近のイベント周回の高Lv帯では3体×3WAVEが減ってきており、全体宝具3連射が常に必要ではない、という事は留意しておこう。
      なお、恒常☆5狂の項羽も全体攻撃宝具持ちだが、限定☆5と比較すると宝具による総合火力がやや低い。ただ、恒常排出の☆5の為、宝具レベルで上回れるならこちらに聖杯を捧げるのもあり。
    • 土方歳三(限定バーサーカー)
      脆いバーサーカーではあるが、低HPまで追い詰められた時の爆発力は全サーヴァントの中でもトップクラスのロマン型。被ダメージが大きいクラス故に自然と低HPになりやすいのもプラス材料。
      ただ、最大のダメージ源が低HP時の宝具とクリティカルになる為、サポート役と概念礼装にあまり融通が利かない点と事故には注意。
    • ジャンヌ・ダルク(恒常ルーラー)
      Lv100でHP2万の大台に到達する。基本的に防御有利相性がとても多いルーラーのHPがさらに上がるということは数値の二倍以上の恩恵があり、Wiki等で敵編成を調べないでストーリーやイベント攻略をするプレイスタイルなら高い耐久性が役に立つ。
    • 始皇帝(限定ルーラー)
      運用の要となる自己強化宝具を持ち、壁役としてもアタッカーとしても非常に優秀な主将。
      諸葛孔明や玉藻の前、強化済みアンデルセンなどと組み合わせて回転率を上げれば大概の敵を片っ端から制圧しやすくなる。
    • ジャンヌ・ダルク(オルタ)(限定アベンジャー)
      最高値のATKを持つアヴェンジャー。
      聖杯転臨でATKを更に伸ばしつつ☆4相当の低いHPも底上げ出来る。あとは宝具等でスターを供給すれば、自己改造での高威力クリティカルでどのクラス相手にも強気な攻めを展開できる。
      ただ、あくまで等倍ダメージ内での高火力となるので、相性優位を取れる強力な高レアサーヴァント達が充実してくると出番が減ってくる。
    • スペース・イシュタル(限定アベンジャー)
      三色全体攻撃宝具&NP50%獲得スキルを持つアヴェンジャー。
      自前でATKバフ、カードバフ、宝具バフを備えて高い宝具火力を持つ。☆5キャスターの陣容次第では宝具3連発も十分に可能で、周回の主力として活躍が可能。
      スターを吸わず味方全体の高倍率ATK強化を持つので、サポーター能力も一応持つ。
    • アーキタイプ:アース(限定ムーンキャンサー)
      NP獲得100%を持つ全体宝具アタッカーのムーンキャスター。
      基本的に相性優位が取れないものの黒の聖杯+光のコヤンW編成が強力な為、黒の聖杯と光のコヤンを所持しているなら転臨候補になる。
    • ソドムズビースト/ドラコー(限定ビースト)
      バーサーカーも含めた基本7クラスに相性優位という事から、大半のクエストに連れていける。
      宝具の特攻効果が〔七騎士のサーヴァント〕限定ではあるが、イベントで周回するクエストでサーヴァントが出ない事はほとんどないので使い処が無くなる事はないだろう。(ただ、お目当ての周回するクエストの相手がエキストラクラスのサーヴァントである事も・・・)

Lv100から Edit

2021年8月1日実装。
サーヴァントコインを用いて聖杯転臨を行う事で、レベルを最大120まで上げることができる。
聖杯転臨のコストも高いが、その後のレベルアップに必要な種火の数量も桁違いに上がる、エンドコンテンツの一角となっている。

  • レベル100までの上限開放と同様に、聖杯転臨の項目から行う。
  • 聖杯転臨1回につき、聖杯1個、コイン30枚、QPを消費する。
  • 聖杯転臨1回につき、上限Lvが2上昇する。

聖杯転臨時の必要QP等 Edit

  • QP・サーヴァントコイン
    下表内のQPは万単位。
    LV上限☆5☆4☆3☆2☆1☆0コイン
    60→70----40--
    65→70---60-60
    70→75--100806080
    75→80--20010080100
    80→85-400300200100200
    85→90-500400300200300
    90→92900600500400300400
    92→941,000700600500400500
    94→961,100800700600500600
    96→981,200900800700600700
    98→1001,3001,000900800700800
    合計(A)5,5004,9004,5003,7402,9403,740-
    LV100到達
    必要聖杯数
    57910-
    100→1021,5001,2001,00090080090030
    102→104
    104→106
    106→108
    108→110
    110→112
    112→114
    114→116
    116→118
    118→120
    100→120
    合計(B)
    15,00012,00010,0009,0008,0009,000300
    総計(A+B)20,50016,90016,50012,74010,94012,740300
    LV120到達
    必要聖杯数
    15171920-
  • 叡智の猛火(一致 or ALL)
    Lv90→9292→9494→9696→9898→10090→100累計
    必要枚数27枚34枚46枚63枚84枚254枚
    Lv100→102102→104104→106106→108108→110100→110累計
    必要枚数1,254枚1,254枚1,254枚1,254枚1,253枚6,269枚
    Lv110→112112→114114→116116→118118→120110→120累計
    必要枚数1,254枚1,254枚1,254枚1,254枚1,253枚6,269枚
    100→120累計12,538枚

  • 叡智の業火(一致 or ALL)
    Lv90→9292→9494→9696→9898→10090→100累計
    必要枚数9枚13枚16枚21枚28枚87枚
    Lv100→102102→104104→106106→108108→110100→110累計
    必要枚数418枚418枚418枚418枚418枚2,090枚
    Lv110→112112→114114→116116→118118→120110→120累計
    必要枚数418枚418枚418枚418枚418枚2,090枚
    100→120累計4,179枚

聖杯の個数限界 Edit

聖杯の基本的な入手先はメインレコード各章および一部大規模イベントの報酬となっている。
2022/01/01からは、聖杯鋳造にて製作する事も可能になったが、条件は厳しい。
共用素材中では伝承結晶以上に限りある資源なのでよく考えてから使うこと。
サーヴァントコインの実装により聖杯の使用機会(必要数)が増えたためか、実装時(2021年8月)以降は複数の聖杯が入手できるイベントが増加している。

  • イベントで聖杯を入手出来なかった場合の入手機会
    • 復刻イベント
      2018年末まででは、コラボイベント以外はおおむね1年以内に復刻イベントが開催されている。
      ただし、これまでのところ、各イベントの復刻は1回しか行われていない。
      なお、聖杯が報酬となっているイベントが復刻された場合、過去に同イベントをすでにクリアして聖杯を手に入れていた場合、代わりに「伝承結晶」を入手する。
      また、コラボイベントなどの一部イベントは大人の事情(権利関係や金など・・・)で復刻し難い事もある。特にコラボイベントは復刻までに時間がかかったり、そもそも復刻できないといったケースもありうるので、可能な限りそのイベント内で聖杯を入手する方がよい。
    • メイン・インタールード(MI)
      一部のイベントは「メイン・インタールード」という形で、ストーリー部分のクエストのみをプレイ出来るようになっている。
      元のイベントにおいて報酬に聖杯があった場合、未入手プレイヤーは聖杯の入手が可能。
      こちらも、イベント時に聖杯を入手済みのプレイヤーは代わりに伝承結晶を入手する。

聖杯の最大入手個数と入手先 Edit

2024/3/31現在、聖杯鋳造を除く聖杯の最大入手個数は146個(メインシナリオ31個、イベント84個、その他31個)。

コマンドコード刻印 Edit

2018年7月31日実装。
サーヴァントのコマンドカードに付け加えられる要素。

  • 5枚あるサーヴァントのコマンドカードのいずれかに指令紋章(コマンドコード)を刻印(付与)することで、そのコマンドカードによる攻撃時に特殊な効果を付加する。

詳細ページ→指令紋章

コマンドカード強化 Edit

「MENU」→「強化」→「コマンドカード強化」にて実行できる。
2019年8月4日実装。
素材「獣の足跡」を消費して、コマンドカードの攻撃力を上げる。
コマンドコードと同様に、カード1枚ごとに対して行う。

  • 素材1つ消費で20上がり、カード1枚あたり最大500まで強化可能。
  • 費用は強化1段階(ATK+20)につき初期で50万QP。
    5段階強化するごとに強化費用が増加していく。
    強化段階必要QP獣の足跡
    1回分累計カード5枚分
    (鯖1体分)
    +20~10050万250万1,250万25個
    +120~200100万750万3,750万50個
    +220~300200万1,750万8,750万75個
    +320~400300万3,250万1億6,250万100個
    +420~500400万5,250万2億6,250万125個

  • 素材「獣の足跡」の入手方法
    コマンドカード1枚を+500にするのに25個、サーヴァント1体分(カード5枚全て)で125個必要。
    毎週のログボ分のみで上げると、1体完成に二年半近く掛かることになる。
    • 恒常
      • 連続ログインボーナス7日目の報酬(1個/週)
      • レアプリズム1個と交換(3個/月)
    • イベント等

アペンドスキル強化 Edit

「MENU」→「強化」→「アペンドスキル強化」にて実行できる。
2021年8月1日実装。
クラススキルと同様に自動的に働くスキル。
初期は未解放の状態であり、サーヴァントコインを使用して解放する(Lv1にする)。
解放に必要なサーヴァントコイン数は1種につき120枚

  • アペンドスキルの解放を行ったサーヴァントと同じサーヴァントを新しく引いた場合、解放状態は最初から同じ(解放済のアペンドスキルのみLv1)になっている。
    解放以降のレベルアップは個別に行う必要がある。

アペンドスキル効果 Edit

現在3つのアペンドスキルが設定されており、1番目と2番目は全サーヴァント共通。
3番目はサーヴァント毎に、適用対象のクラス(下表△△部分)が異なる(サーヴァントの設定やFGO含む既存作品の活躍などを参考に、主に有利相性に被らないクラスが設定されていると思われる)。
また、バーサーカーの3番目のアペンドスキルは効果そのものが他のクラスと異なる。
なお、1番目はカード性能をアップの記述通りスター獲得量やNP獲得量も増加する。3番目は攻撃力をアップの記述通り他の攻撃力をアップ(+敵の防御力をダウン)効果と加算の計算になる。

スキル名効果
追撃機能向上自身のExtra Attackカードの性能をXX%アップする
魔力装填自身のNPをXX%チャージした状態でバトルを開始する
狂以外対△△攻撃適性自身の〔△△〕クラスに対する攻撃力をXX%アップする
対△△クリティカル発生耐性自身の〔△△〕クラスに対する被クリティカル発生耐性をXX%アップする

上表「XX」部分

スキルLv12345678910
S1 XX%アップ30323436384042444650
S2 XX%チャージ10111213141516171820
S3 XX%アップ20212223242526272830

アペンドスキルのレベルアップ Edit

上記の通り、アペンドスキルの解放(Lv1にする)には1種につきサーヴァントコインが120枚必要。
Lv2以降はコインではなく、保有スキル同様にQPと素材が必要となる。
必要QPは保有スキルと同額だが、スキル石以外の素材は別の素材が設定されている。
Lv9→10の素材は保有スキルと同じく伝承結晶。
個別の内容は各サーヴァントページを参照。

霊衣開放 Edit

「MENU」→「強化」→「霊衣開放」にて実行できる。
2017年7月12日実装。
クエストクリアなどで開放権を獲得後、特定の条件を満たすことで、対象となるサーヴァントを別の外見に変更することが可能となる。

  • 霊基再臨と同じようにサーヴァント詳細画面から外見の変更が可能。
  • 外見の変化のみでステータスやクラスは変わらない。
  • 戦闘時のボイスは霊衣着用時専用の物に変更される(2018/02/28~)。

詳細および対象サーヴァント→霊衣開放

クラススコア Edit

「MENU」→「強化」→「クラススコア」にて実行できる。
2023年6月7日実装。
自身のマスターとしての能力を高めることで各クラスを強化する。
詳細→クラススコア

マナプリズムについて Edit

  • ショップにて大量のマナプリズムが必要となる。
  • 現状では叡智の大火(銀)や不要な☆3サーヴァントを霊基変換することが望ましい
  • 概念礼装は恒常的に入手できる経験値カードが無いため、LV上げが困難であり霊基変換はおすすめしない
  • 小技・小ネタ/マナプリの稼ぎ方も参照。

絆レベル Edit

各サーヴァントに設定されたステータスの一種。マスターとサーヴァントの繋がりを示すとされる。
アイテムを消費して強化するのではなく、パーティーに加入させてクエストをクリアすることで上昇する。

  • 戦闘に勝利すると、パーティーに加入していたサーヴァント全員にクエストごとに設定された「絆」(絆レベル専用の経験値。本wiki内では「絆ポイント」または「絆P」と記載)が加算され、一定値に達する毎に絆レベルが上昇する。
    • 前衛・後衛共に絆Pを得られる。そのため、前衛のみでクリアできる難易度のクエストを行う際に、後衛に未育成のサーヴァントを配して絆レベルだけ先に上げることも可能である。「幕間の物語」などで開放条件が絆レベルのみのものに対して有効。
      • 2023/07/30、前衛の絆Pが20%アップされるようになった。前衛枠にサポートまたはゲストサーヴァントを編成していた場合は、その騎数毎にパーティに編成している自身のサーヴァントの絆ポイント獲得量が4%アップする。当時のお知らせ
    • 絆Pはサーヴァントの個体毎ではなく種類に対して溜められていく。そのため、同じサーヴァントを複数体保有したり手放した後に新たな個体を入手した場合でも、溜まった絆は共通である。
      例:絆レベル5のサーヴェントと同じサーヴァントをガチャで引いた場合、新たに引いたものも絆レベル5になっている。
    • 例外としてマシュ・キリエライトはLv5までは絆ポイントを獲得せず、ストーリー進行に伴って自動的に絆レベルが上がる。以降の詳細はマシュのページを参照。
  • 絆レベルに関する事項は、実装時期の差からLv0~5、Lv6~10、Lv11~15の三段階に大別出来る。
    なお、「絆レベル上限開放」を行わない場合、絆レベルの上限は基本的にLv10である。

絆Pの獲得量を増やす方法 Edit

  • 星見のティーポット
    2021年12月17日実装。
    使用期限があり、期間限定で使えるアイテム。
    クエスト出撃時に消費して出撃すると、クエストクリア時に得られる絆が2倍に増える。
    2倍処理は最後に行われ、クエスト固有の値に加えて概念礼装やイベントボーナスなどで増えた分の数値まで全て2倍となる。

絆レベル上限開放 Edit

「MENU」→「強化」→「絆レベル上限開放」にて実行できる。
2018/11/27実装。

  • 対象となるサーヴァントを指定し、専用アイテム「カルデアの夢火」とQP(下記絆レベル11~15の表参照)を消費して実行する。
    上限開放を行うには、絆が上限に達していないといけない。
  • 「カルデアの夢火」の入手は、現在のところ、イベント時の配布を除くと月1つのレアプリズム3個との交換に限られている。

絆レベルによる効果 Edit

  • プロフィールとマイルームボイスが開放される(~Lv5)。
    ※サーヴァントによっては、特定のシナリオクリアなど他の条件も満たす必要がある。
  • 幕間の物語強化クエストが開放される(~Lv5)。
    ※クエストの有無や具体的な絆レベルの条件はサーヴァントによって異なる。
  • レベルアップ時にアイテムを獲得する(Lv6~、詳細は下記)。
  • レベルアップ時にサーヴァントコインを獲得する(Lv1~)。
  • 特定の章やクエストにおいて、絆レベルに応じた戦闘能力ボーナスを得る(Lv6~)。
    • 例:終局特異点
      新規ユーザーはここで使いそうなサーヴァントを調べて、絆レベルを上げておいた方が良い。

絆レベル0~5 Edit

  • 絆Lv5までに必要な絆ポイントの合計値はサーヴァントによって異なるが、1万~5万の範囲になっている。
  • 個別の数値は各サーヴァントページの「マテリアル/絆ポイント」欄を参照。
  • マイルームボイスは絆Lvが上がると更新され、前の絆Lvのボイスはタッチでは聞けなくなるが、マテリアル→サーヴァントとの記録から表情付きで見返す事が出来る。

絆レベル6~10 Edit

2016年4月下旬より段階的に実装。
実装当初はLv10まで上げられるサーヴァントは限られ、十数回の拡張を経て全てが対象となった(当時のお知らせ)。
第七特異点実装時(2016/12/07)以降は、サーヴァント実装時にLv10まで開放されている。

  • Lv5までと異なり、Lv6以上にするには1レベル毎に5桁~6桁の絆ポイントを必要とする。
    • 絆レベルの上がるペースはサーヴァント毎に差があるが、Lv10までに必要な累計ポイントはレア度毎に大まかに決まっており、下記表の基準値の±75,000の範囲内となっている場合が大半。まれにその範囲から少し外れている者もいる。
  • Lv6以降はボイス及びプロフィールの更新は無く、レベル上昇時にサーヴァントのレア度に応じたアイテムを獲得する。
  • Lv10到達時にはそれまでのアイテムではなく、絆礼装と呼ばれる特殊な概念礼装を入手する。
    • 絆礼装はサーヴァント毎に異なり、他のサーヴァントに装備しても効果を発揮しない専用のものである。また、他の入手方法は存在しない一枚だけのものであるため、レベルアップや限界突破はできない。
      アップデートにより現在は売却や強化素材で失う事がなくなり、礼装所持数にもカウントされなくなっている。
レア度☆1☆2☆3☆0、4☆5
0→10の
絆P基準値
105万120万135万150万165万
LvLvアップ時の獲得アイテム
5→6黄金の
果実x1
黄金の
果実x1
聖晶石x1聖晶石x2聖晶石x3
6→7
7→8聖晶石x1
8→9聖晶石x1
9→10絆礼装

絆レベル11~15 Edit

2018/11/27実装。

  • 通常は絆レベルは10までだが、「絆レベル上限開放」(1レベル/回)を行うことでレベル上限を最大15まで拡張することができる。
  • 「絆レベル上限開放」時には「カルデアの夢火」と1000万以上のQPを必要とする。
  • 絆レベル11以降の達成に必要な絆ポイントは、絆レベル10までに必要な絆ポイントの累計と同等以上の量になる。
    物差しとして、絆レベル11に必要な絆ポイントは星1サーヴァント絆マ相当量、絆レベル12には星2サーヴァントの絆マ相当……と、絆レベル15にするには星1〜星5サーヴァントを一体ずつ絆マにするのと同じくらいの絆ポイントが要る。
    • 絆レベル上昇時に獲得するアイテムは聖晶石30個。
    • Lv10までと異なり、必要なQPや絆P、獲得アイテムにサーヴァントのレアリティによる差は無い。
絆Lv上限開放時
必要QP
Lv上昇に
必要な絆P
Lvアップ時の
獲得アイテム
10→111,000万109万聖晶石×30
11→121,200万123万
12→131,400万136万
13→141,600万150万
14→151,800万164万

サーヴァントコイン Edit

2021年8月1日実装。当時のお知らせ
サーヴァントコインはサーヴァント毎に個別のものとなる。
「MENU」→「マイルーム」→「所持サーヴァントコイン一覧」にて確認できる。

サーヴァントコインの用途と必要枚数 Edit

Lv.上限開放とアペンドスキル解放全てをこなすには、660枚のサーヴァントコインが必要となる。

  • 660枚獲得するための必要召喚数
    コイン
    目標数
    レアリティ召喚時
    獲得数
    絆Lv5
    既得25
    不足635
    絆Lv10
    既得80
    不足580
    絆Lv15
    既得180
    不足480
    ▼不足分獲得の必要召喚数
    660☆590876
    ☆4限定50131210
    ☆0
    ☆4恒常30222016
    ☆3限定
    恒常15433932
    ☆261069780
    ☆12317290240
    獲得数最多の星5サーヴァントですら、絆Lv15まで上げてなお、6枚目を引く必要がある。

Lv120に加えてアペンドスキル1つ解放に抑えるなら召喚数の条件は緩くなる。

  • 420枚獲得するための必要召喚数
    コイン
    目標数
    レアリティ召喚時
    獲得数
    絆Lv5
    既得25
    不足395
    絆Lv10
    既得80
    不足340
    絆Lv15
    既得180
    不足240
    ▼不足分獲得の必要召喚数
    420☆590543
    ☆4限定50875
    ☆0
    ☆4恒常3014128
    ☆3限定
    恒常15272316
    ☆26665740
    ☆12198170120
    より詳細に記すと星5サーヴァントが420枚獲得する絆Lvは召喚数4だと絆Lv9、召喚数3だと絆Lv14である。

サーヴァントコインの獲得方法 Edit

召喚によってサーヴァントを入手する Edit

聖晶石召喚やフレンドポイント召喚(いわゆるガチャ)でサーヴァントを引いた時に下表の枚数を得られる。
獲得枚数は「レア度」と「恒常/ストーリー限定/期間限定の区分」によって決まっている。

  • 無記名霊基やサーヴァント配布キャンペーンなどでの入手は対象内(召喚と同じ扱い)。
  • イベント配布サーヴァントの入手は対象外(召喚扱いにならない)。
    基本的には絆Lvアップ分のコインしか獲得できないようだが、期間限定イベントなどで獲得できる場合がある。
  • サーヴァントコイン実装前の入手分に対する措置
    • ☆5・☆4については、実装前に入手していた分(霊基変還(売却)済分を含む)も召喚回数に応じた枚数がプレゼントボックスに送られた。
    • ☆3~☆0については、実装前の入手分に対する措置が無く、実装後に召喚した分しか獲得できない。

絆レベル上昇 Edit

レアリティ等に関係無く、絆レベル上昇時に下表の枚数を得られる。
区分がLv1~6、7~9、10~15と、絆レベルの大別区分(0~5、6~10、11~15)とはズレているので注意。

絆レベル獲得枚数累計備考
0→155
1→210
2→315
3→420
4→525
5→630☆5サーヴァントのアペンドスキル開放可能
6→71040
7→850
8→960
9→102080限定☆4サーヴァントのアペンドスキル開放可能
10→11100恒常☆4サーヴァントのアペンドスキル開放可能
「絆レベル上限開放」が必要
11→12120
12→13140
13→14160
14→15180
  • 例外
    マシュ・キリエライト
    絆レベル獲得枚数累計備考
    0→11010特異点Fクリア
    1→1.5010第一特異点クリア
    1.5→21020第二特異点クリア
    2→2.5020第三特異点クリア
    2.5→31030第四特異点クリア
    3→3.5030第五特異点クリア
    3.5→41040第六特異点「第14節」クリア
    4→52060第七特異点クリア
    5→62080Lostbelt6クリア
    6→720100
    7→820120
    8→930150Lostbelt7クリア

期間限定イベントやキャンペーンなど Edit

当初の公式お知らせでは「獲得量は期間限定イベントやキャンペーン毎に異なる。」とされている。
配布サーヴァントについては、今のところ全てのイベントで480枚のコインが獲得可能となっており、絆Lv15に達した際に合計660枚となる形になっている。


コメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 念のためとはいえコマンドカード強化について確認しそびれたんですが、概念礼装みたいに費用上がる前にまとめて強化するとQPお得みたいなことはないですよね? -- 2019-10-08 (火) 17:04:15
    • ないです。10枚同時に投入しても1枚ずつと同じ750万QPかかります -- 2019-10-08 (火) 23:01:22
      • ありがとうございます。 -- 2019-10-09 (水) 14:55:21
  • コマンドコードじゃなくて、コマンドカード自体を強化するのか、リムーバー使ってもリセットされないのね? -- 2019-10-29 (火) 19:43:13
    • 獣の足跡のことなら、リムーバーでリセットはされないでしょ。カード版フォウ君みたいな扱いだから取り外し不可 -- 2019-10-29 (火) 20:08:51
  • 聖杯の最大入手個数と入手先を更新&表化。違ってたら修正お願いします -- 2019-11-13 (水) 21:45:26
    • 聖杯の最大入手個数と入手先にラスベガスとBIN2019分が抜けているようです。修正できる方、お願いします。 -- 2019-11-20 (水) 23:57:08
  • 獣の足跡の存在感が薄過ぎて、必要QPがおぞましい数字なのをおそらく殆どのプレイヤーは気づいていないだろう。最終的に累計QPがカード1枚だけで5,000万ぐらいいきそうな勢いだな…。 -- 2019-12-10 (火) 03:29:41
    • コマンドカード1枚に獣の足跡25個使って、強化+500で5250万QP消費しました -- 2020-01-08 (水) 10:02:18
  • 宝具Lv3のサーヴァントの宝具レベル上げに宝具Lv2のサーヴァントを使用した場合、宝具レベルは5になりますか? -- 2020-09-09 (水) 13:46:02
    • なりますよ。そのまま足し算される模様 -- 2020-10-24 (土) 10:05:26
  • ご報告です、アンリが出ましたが、サーヴァントコインは50もらえました。 -- 2021-08-02 (月) 20:15:31
  • アペンドスキルの追撃技巧はLV9で46%UPです。もうどうせ埋まってるだろうと思って途中チェックしてなかったけど、とりあえずご報告まで。 -- 2021-08-03 (火) 02:23:49
    • ヘラクレスの記事コメントによるとLV10は50%UP。 -- 2021-08-03 (火) 02:33:34
  • まだ数回しか転臨してないけど100以降の必要経験値は一律で2031万1500でいいのかな?これってレベル100を一騎作る分の経験値なんだね。 -- 2021-08-03 (火) 03:01:08
    • 今110で2レベルごとに見てるけど一律っぽいね。奇数桁見てないのは心配だけど -- 2021-08-03 (火) 20:13:22
      • 1上げるのに星5種火200個近くいるから120までに4000個必要なのか…… -- 2021-08-08 (日) 01:50:33
  • レベル100を超えるとセイントグラフの青色がクリアな感じに変わる。記述が無かったので一応 -- 2021-08-09 (月) 23:28:35
    • 120まで行くとフレンドの見た感じ聖杯から出る光がさらに伸びるみたいです。上の方に付け加えて -- 2021-08-09 (月) 23:31:08
    • 霊基一覧や編制選択時の枠も変わってますね -- 2023-10-02 (月) 07:16:05
  • マシュのコインですが、絆レベル6になったらコイン20枚もらえました。 -- 2021-08-14 (土) 01:21:29
  • 聖杯使う予定が一切ないならアペンドスキルはガンガン解放しちゃっても平気そうかな。魔力装填を解放するだけで初期NP10もらえるからNPチャージのない鯖、特に低レアにはありがたいね。 -- 2021-08-14 (土) 11:12:06
  • アペンドスキル強化の鯖選択でコイン数が点滅するのウザすぎる。レアリティの表示なんて要らんやろ。要るとしてもレベルとの交互で良いだろ。 -- 2022-03-25 (金) 17:18:45
    • わかる。いつだかのアンケートで書いたけど、改善されたら嬉しいね -- 2022-03-25 (金) 18:03:24
  • 聖杯個数って89ではなく90ではないでしょうか? -- 2022-03-30 (水) 03:07:25
    • 何が抜けてるんでしょう? -- 2022-04-26 (火) 13:05:04
      • 修正漏れですね。直しました -- 2022-04-26 (火) 13:07:28
  • 聖杯全く使わないマンだけど、それでもアペンド解放が鯖によっては結構キツいなと改めて思う。 恒常星4は宝具1だと絆10でもコイン10枚不足だから宝具2絆9でやっと1つ解放だし、2つ解放したいなら宝具6絆9うおお。期間限定orスト限星4でも宝具1絆10でやっと1つ解放、2つ解放なら宝具4絆7。 その点星5はみんな宝具1絆6で1つ解放、2つ解放でも宝具2絆9だからやさしい…?あと期間限定orスト限星3は恒常星4と同じだから結構大変ね(特にベディ,赤兎馬)。 -- 2022-06-17 (金) 15:38:59
  • 一番下のコイン入手数、ハロエリとブレエリは480枚じゃなく960枚だよね?(シンエリ実装時と巡霊の祝祭で480枚ずつ入手可能) -- 2023-07-30 (日) 00:50:29
    • って別々に分かれてるだけでちゃんと書いてあるのか、すまん -- 2023-07-30 (日) 00:52:23
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



検索


編集者の方へ

クエストのエネミー情報の入力順はゲーム画面に即したものにしてください。
詳しくは編集方針を参照してください。


編集時においてメモ帳からコピペし、一括して全体編集等を行うことは管理者からの指示事項等の削除に繋がるため原則として禁止します。
ページ編集に際しては現行の記載を精査した上で適切に行ってくださいますよう、編集協力をお願い申しあげます。

注意

最新のテンプレ適用後に旧テンプレへの差し戻しや、提案意見掲示板にて意見提出されていない内容への無断改修が確認されています。
無断のテンプレ変更は荒らしとして書き込み、編集権限の停止措置をとる場合がございますので、ご意見がある場合は必ず事前に提案意見掲示板へご意見いただくようお願いいたします。

プラグインの不具合について

プラグインの不具合については以下フォームよりwicurioへご連絡ください。
問い合わせフォーム