暴君デュリオンの潜伏地

Tue, 02 Apr 2019 21:40:43 JST (248d)
Top > ダンジョン > 暴君デュリオンの潜伏地

諸事情により、2019.06.26付けで「TERA 攻略メモ Wiki」の更新を停止します。
日付が経過するに連れてWikiの情報が古くなる可能性が高いので、以降は本家Wikiの閲覧を推奨します。
本家Wiki - http://wikiwiki.jp/arborea/


はじめに

「2016.05.11のアップデート」時点での情報をベースに、ドロップアイテムだけを更新した情報になっています。
度重なるバランス調整パッチにより、一部ギミックが変更されているようなので注意してください。
一人だけでは編集が困難なので、誤情報の修正や情報提供などのご協力をお願いします。

+  変更パッチ履歴

2016.06.15

  • 完全体デュリオンの凶暴化、強化パターン(3重複目)、部下召喚パターンの発動条件を変更いたしました。

2016.10.12

  • モンスターのHPや攻撃力などのステータスが微減いたしました。
  • ネームドモンスターが以前より憤怒状態になり易くなりました。
  • 1ネームドの魔石召喚数、召喚にかかる時間、バリア耐久力を緩和いたしました。
  • 1ネームドの12分制限時間終了後の凶暴化バフが削除されました。
  • 2ネームドの黒魔法球の召喚個数とダメージを緩和いたしました。
  • 3ネームドの一部ギミックを緩和いたしました。(モンスター召喚数、バリア耐久力、注視バフ持続時間等)
  • 3ネームドのHP15%以下凶暴化バフを削除いたしました。
  • 主な報酬を、超越したラケリスの耳飾り、リリス腕防具(着用帰属)、新凱帝装備製作素材、新凱帝武器/脚防具製作書などに調整いたしました。

2018.09.12

  • モンスターのステータス及び一部攻撃パターン、ギミックが変更されています。

2019.01.16

  • ステータス、ギミック等が一部調整されています。

入場地点

「バラカニア領・イルカ近郊」にある「次元の魔法石」から入場

入場地点

ダンジョン概要

ダンジョン基本情報参考画像
入場可能Lv65Lv以上
推奨アイテムレベル446
要求コイン量100
推奨人数最大5人
ダンジョン挑戦には一定量のコインが必要な他、ダンジョン別に週間40回の入場制限が適用されます。
+  一般的なIDでの、各職の基本的な動き方
あくまで基本。一般的なセオリー。応用できる場合は応用しましょう。
IDによっては動き方が異なる場合があります。詳細は各IDのページを参照してください。
秘密基地などの一般的なダンジョンでの動き方です。
 
役割クラス
盾(タンク)ランサー・ファイター
ウォーリアー(52Lv以降・志願時)・バーサーカー(65Lv以降・志願時)
火力(ディーラー)ウォーリアー(ブレードスタンス)・バーサーカー・スレイヤー・ソウルリーパー・くノ一・ムーングレイバー
ソーサラー・アーチャー・ヘビーガンナー
回復(ヒーラー)プリースト・エレメンタリスト
※一般的なPTでの構成は、「盾1・火力3・回復1」
 
盾(タンク)
PTの安定度を高め、PTの壊滅を防ぐのが主な役割。
その役目ゆえ、ID(インスタンスダンジョン)では先頭を進む。
NM戦では敵対値を稼ぎ、ターゲットを自分に固定するのが一番重要な役目です。
+  詳細な解説を開く
道中
道中はシャウト等のヘイトスキルを使い、Mobがバラけないように一般Mob/小型Mobを纏めよう。
一度に纏めすぎるとPTが壊滅する可能性があるので、適度に分割してから倒す事もある。
Mobに後方を取られると即死の危機なので、纏めるときは壁を背にするのを意識。
NM
NMを火力が殴りやすいよう固定し、タゲが飛ばないように維持。
基本的には誘導を意識せず、戦闘開始時そのままの位置で戦う場合が多いと思われる。
IDのギミック次第では、NMを別の場所へ誘導し終えた後から本格的に戦い出す場合もある。
モンスターの誘導
NMの近くで味方が死んだ時は、NMを離れた場所へ誘導する事もある。
NMを別の場所に誘導することで蘇生が楽になったり、ギミック処理が楽になる場面がある。
味方のカバー
アタッカーやヒーラーが瀕死だったり、補助が必要そうな場面では、
打ち上げ・転倒・スタン効果付きのスキルや、その他補助スキルを使って補助しよう。
各ダンジョンの攻略法に則った対応
ヒーラーがヒールヘイトを利用したMob集めを行うIDなど、
一部のダンジョンでは特殊な攻略法を用いて戦うような場所もある。
そのため各自IDのページを参照し、IDの攻略法に則った対応をするようにしよう。
火力(アタッカー)
敵を倒す事が主な役目。敵の後方(盾の反対側)からの攻撃を心がける。
盾が纏めたMobNMを一丸となって攻撃する。バラバラになるのはNG。
IDでは基本的に盾職より先に進んではいけない。FA厳禁。
+  詳細な解説を開く
生存重視
火力組は他のクラスとくらべて、操作が比較的簡単な傾向にある。
そのため、火力が死亡するのは、死んだ人自身が原因という考え方が主流。
被弾しないように攻撃を避けつつ、Mobの後方からの攻撃を心がけよう。
道中
道中はタンクの後をついていき、タンクがMobを纏め終わってから討伐しよう。
タンクが敵を纏めて固定する前に攻撃してしまうと全滅の可能性もあるので、
タンクがシャウト等のヘイトスキルを使用したのを確認してから攻撃すること。
NM戦1
被弾しないように攻撃を避けつつ、NMの後方からの攻撃を心がけよう。
敵を後方から攻撃することで、大幅な攻撃力の上昇やクリティカル率の増加が見込める。
慣れてくると、弱攻撃は被弾しながら攻撃を続けることもあるが、やりすぎて死なないようには注意。
NM戦2
盾がNMを誘導している時は、誘導し終えるまで攻撃を止めて回避や生存に専念しよう。
特にリーシュ(NMに鎖を巻きつける攻撃)を使っている時は、誘導中の合図であることが多いので注意。
盾からタゲを奪ってしまったら、攻撃を控えたり盾の近くへ移動して盾にタゲを返す努力をする事。
ギミック処理や味方のカバー
ギミックの処理は基本的に火力が担当。無視することなく確実に処理しよう。
NMが一般Mob/小型Mobを召喚した時には召喚されたMobの討伐を優先的に行い、
ヒーラーやタンクが一般Mob/小型Mobに襲われてる時には状況を見てカバーする事。
プリーストPTの対応
プリーストPTの場合は、ID入場後や戦闘前にバフの付与があるはずなので、
バフの範囲外に出ないようにする、バフから漏れた場合は再使用をお願いするなど。
エレメンタリストPTの対応
エレメンタリストPTの場合は、HPが7割〜5割以下になったら回復玉を拾いに行く。
また、デバフが付与されたとき、デバフ解除用にHP回復玉を拾いに行くなど。
ID入場後に「気持ちいい挨拶」でエレの移動速度(と生存率)を高めてあげるのも有効。
各ダンジョンの攻略法に則った対応
ヒーラーがヒールヘイトを利用したMob集めを行うIDなど、
一部のダンジョンでは特殊な攻略法を用いるような場所もある。
そのため各自IDのページを参照し、IDの攻略法に則った対応をするようにしよう。
回復(ヒーラー)
味方のHP回復に加えて、様々な支援を担当。
IDでは基本的に、盾職より先行してはいけない。
特にヒールヘイトMobを釣らないように気をつける。
+  詳細な解説を開く
道中
道中はPTの後ろをついていき、味方の回復や強化支援を行う。
タンクがヘイトスキルを使用する前に回復するとMobが散って全滅の可能性もあるので、
タンクがシャウト等のヘイトスキルを使用したのを確認してから回復は行おう。
NM
盾と火力が両方見渡せるように、敵の横側に位置取るのがいいというのが定説になっている。
ただし人によってプレイしやすい位置取りは異なるので、自分に適した位置に居れば良い。
回復である自分が死ぬと、回復する人がいなくなることを最重要として、立ち位置を考えよう。
味方のカバー
ダンジョンでは味方への回復だけではなく、各スキルを使った支援も担当する。
支援の内容は、味方へのバフ付与やデバフ解除、MP回復やバリア、蘇生など。
敵の強化バフ解除や、敵の耐久力減少、デバフによる敵の行動阻害なども行う。
回復優先順位
回復優先順位は自分火力
状況によっては被弾の多い人を見捨ててその他の生存を優先しなければならない場面も。
全員を生存させることよりも、攻略できることを第一に考えなければならない。
デバフ解除
味方にデバフが付与された場合、回復よりも先にデバフの解除のほうを優先しよう。
回復はPOTでなんとかなるが、デバフ解除は回復職(と御神体)にしかできない。
基本的にデバフ状態だとHPバーが紫になるので、常に味方のHPバーの色を確認しておこう。
各ダンジョンの攻略法に則った対応
ヒーラーがヒールヘイトを利用したMob集めを行うIDなど、
一部のダンジョンでは特殊な攻略法を用いるような場所もある。
そのため各自IDのページを参照し、IDの攻略法に則った対応をするようにしよう。

難易度
推奨アイテムレベル446以上の高難易度ダンジョンでは、途中で詰んでクリアできないPTが多くなってくる。
DPSが足りない場合はノクタニウム強化弾などを使ったり、攻略が難しい場合はさらに追加の消耗品を使っていこう。

持ち物

必須
強化系
上級戦闘秘薬 or 万能戦闘秘薬
勇猛のポーション or 勇猛のポーションⅡ or 破壊のポーション
魔法刻印Ⅲ以上
ノクタニウム強化弾
回復・生存系
復活の聖典 or 完全復活の書
HP回復ポーション類
MP回復ポーション類
推奨
強化系
魔法刻印Ⅳ
各種料理類
上級ノクタニウム強化弾
回復・生存系
光輝の書:(完全な)クリスタル保護
女神の祝福
 

「ダンジョンでよく使われるアイテム(解説付き)」も見ておきましょう。

MAP

MAP

攻略情報

+  出典(Source)
+  Youtube検索結果一覧

暴君暗黒守護ゴーレム

画像分類
暴君暗黒守護ゴーレム中型 フェリーモス型
HP
39億5000万 (3,950,000,000)
憤怒
100%から15%減で憤怒開始。
36秒間は憤怒持続。
憤怒終了から15%減で再憤怒。
概要
基本的な攻略情報は下級ページを参照。
上級では時間制限が追加され、12分以内のタイムアタック形式になっている。
DPSが足りないようなら「ノクタニウム強化弾」など追加の消耗品も惜しみなく消費しよう。

魔石召喚からの簡易タイムアタックも顕在(HPが70%を切ると使ってくるようになる)。
上級IDなので、当然攻撃速度が上昇、魔石召喚やレーザーもかなり速くなっているので注意。
また、韓国では3/3に修正済みの不具合(魔石吸収中の魔石攻撃)が日本では未修正なので難易度が上昇中。

攻略

赤系背景はギミック系の攻撃、黄系背景は要注意の通常攻撃です。

魔石召喚
説明魔石からの攻撃にレーザー放出が追加され、攻撃パターンが合計3種類に増えている。
【魔石召喚】の対応が困難な場合、回避の少ないヒーラー側へ近寄るなど、PT毎に事前に相談しておくといいかもしれない。
特定の人の元へ集まるように決める場合は、マーカーなどを活用すると、対象がどの位置にいるか判別しやすくなる。
備考CT40秒。固定ダメージ3万。
レーザー
説明レーザーの威力が大幅上昇しており、即死攻撃化している。
狙われた対象は魔石破壊を優先し、巻き添え回避は対象以外の人が各自で行おう。
備考CT15秒。
沼連続召喚
説明沼の威力が大幅上昇しており、クリティカルヒットすると一撃で死亡する可能性もある。
攻撃の発生順序は下級と同じなので、パターンを覚えるようにしておこう。
備考ガード可。
棍棒振り回し
説明上級ではガードに成功しても、NMの攻撃で押し込まれて後退する確率が高くなっている。
その他、威力が大幅上昇しており、プレイヤーの装備次第ではダメージが貫通して瀕死級の大ダメージを受ける。

防御を貫通してダメージを受けてしまう場合、盾はガードではなく回避で範囲外へ逃げたほうが良いかもしれない。
また、装備の等級が低い場合、盾は緑クリスタルを[忍耐の教え]に変える選択肢も有効。
備考ガード可(装備次第)。
右腕叩きつけ
説明上級では攻撃範囲が表示されなくなっているので、回転に派生するかどうかはNMの動きを見て判断する必要がある。
備考ガード可。
その他攻撃
説明その他の攻撃パターンは下級と変わらないので、基本情報は下級ページを参照してください。
ただし上級では一部の攻撃範囲が表示されなくなっていたり、攻撃力や攻撃速度が上昇しているので注意。
備考

道中1

下級と同じく罠は顕在で、威力も上昇している。
アークデヴァ群の攻撃力や耐久力もかなり上昇している。
ヒーラー(衛生兵)を放置しているとガンガン回復されるので、衛生兵優先で討伐しよう。

暴君デュリオン

画像分類
暴君デュリオン中型 デュリオン型
HP
30億2500万 (3,025,000,000)
憤怒
100%から15%減で憤怒開始。
36秒間は憤怒持続。
憤怒終了から15%減で再憤怒。
概要
基本的な攻略情報は下級ページを参照。
下級と比べて宝玉の数がかなり増えており、即死ギミックで移動するときにかなり厄介になる。
下級よりも更に宝玉を意識しつつ、被弾を極力抑えるようにしよう。

攻略

赤系背景はギミック系の攻撃、黄系背景は要注意の通常攻撃です。

5連即死サークル
説明NMのHPが80%,60%,40%を下回ると、「デュリオンが魔法を唱えようとしている」というテロップが出現。
テロップが出現した後、NMが右手を地面に付け、特殊な形の即死AoEを5連続で発生させる。
攻撃範囲が複雑なので、攻撃範囲が表示されていない場所へ早めに逃げよう。
備考攻撃範囲が3回点滅した後に攻撃発動。
ルーレット
説明NMのHPが90%,70%,50%,30%を下回った時に発動するようになっている。
また、3回目(50%時)の発動からは、誘導範囲が表示されなくなるので、安地の判別が難しくなる。
攻撃範囲は表示されるので、攻撃範囲が表示されなかった箇所を覚え、その場所へ避難するようにしよう。
備考
黒魔法の宝玉
plasma.jpg
説明上級ではNMのHPが90%,80%,75%,70%,60%,50%,45%,40%,30%を下回った時に宝玉を召喚する。
宝玉の数が最大9個とかなり増えており、威力自体も7万に上昇しており、とても厄介になっている。
軌道自体も変化しており、下級のように周回するだけの物もあれば、不規則に動く物もあるので要注意。
デバフ[宝玉の呪い] 黒魔法の玉に飲み込まれました。HPが減少します。(1秒持続)備考
レーザー放出&一般Mob召喚
説明上級ではNMのHPが95%,75%,55%,35%を下回った時にアークデヴァを召喚するようになっている。
召喚数がかなり増えており、レーザー終了までに討伐しきれないと[宝玉,デヴァ,デュリオン]の攻撃が重なり全滅もありうる。
デヴァの攻撃を全被弾すると即死なので、レーザー終了後にデヴァを討伐する時には細心の注意が必要。

レーザーをアークデヴァに当てると討伐できるので、レーザーを利用して雑魚処理するのも有効。
レーザーを利用して雑魚処理する場合、攻撃対象じゃない人はレーザーの射線上に入らないように注意。
ただし、レーザーはクリティカルヒットすると一撃死する可能性もあるので、回避に集中するのも十分有り。
バフ[黒魔法] デュリオンが邪悪な黒魔法を使い防御力が上昇しています。(NMに付与)備考アークデヴァから放出される球体が合計8個(8方向)に強化されている。
その他攻撃
説明その他の攻撃パターンは下級と変わらないので、基本情報は下級ページを参照してください。
ただし上級では一部の攻撃範囲が表示されなくなっていたり、攻撃力や攻撃速度が上昇しているので注意。
備考

道中2

道中1と同じく、アークデヴァ群の攻撃力や耐久力が上昇している。
ヒーラー(衛生兵)を放置しているとガンガン回復されるので、衛生兵優先で討伐しよう。
アークデヴァを纏めて倒すか分割して倒すかは、PTによって様々。

完全体デュリオン

画像分類
完全体デュリオン中型 完全体デュリオン型
HP
32億4200万 (3,242,000,000)
憤怒
100%から15%減で憤怒開始。
36秒間は憤怒持続。
憤怒終了から15%減で再憤怒。
概要
基本的な攻略情報は下級ページを参照。上級ではHP15%未満からは2分のタイムアタックになる。
高いDPSが必要になる場面が多いので「ノクタニウム強化弾」などの消耗品を惜しみなく使おう。
基本的に上記やそれ以上の消耗品を使っても雑魚処理ができないならTA迄すら行けないと思っておいて良い。

基本的にメンバー全員が攻撃をほぼすべて回避できるのが前提の難易度になっている。
比較的モーションがわかりやすい、なぎ払い程度でも死ぬようなら下級からやり直してこよう。
また、現在「障壁展開」攻撃のギミックをちゃんと処理しても稀に即死する不具合があるので難易度上昇中。

攻略

赤系背景はギミック系の攻撃、黄系背景は要注意の通常攻撃です。

注視
説明デュリオンが周囲を見渡している」というテロップが出現すると同時に、【柄頭2連強打】を行う。
その後、「デュリオンが○○を見つめている」というテロップが出現し、NMに一番近い人へ[注視]デバフが付与される。
[注視]デバフが2つ重なると、[集中注視対象]デバフに変化し、注視対象への【即死攻撃】が開始されるので注意。

テロップが出現した後は、[注視]デバフが付いてない人がNMへ近づき、[注視]デバフが付いている人は離れておこう。
[注視]デバフは2分持続するので、即死攻撃が発動しないように全員で[注視]デバフを上手く回すのが攻略の要。
特に、火力陣は雑魚処理中も[注視]バフの事を忘れることが無いように行動しておこう。
デバフ[注視] 完全体デュリオンが見つめています。不吉です。(2分持続)[集中注視対象] 完全体デュリオンが見つめています。何か嫌な予感がします!(30秒持続)
[暗黒覇気] 完全体デュリオンの黒魔法により身動きが取れません。(30秒持続)[黒魔法転移] 完全体デュリオンの槍に貫かれて身動きがとれません。(10秒持続)
備考デバフは解除不可。
即死攻撃
説明【注視】によって[集中注視対象]デバフが付与された場合、確定で発動する攻撃。
跳躍斬りで注視対象に飛びついた後、「串刺し→後方叩き付け→斜め斬り→前方叩き付け→垂直斬り」のコンボを発動する。
垂直斬りが終わった後は、NMから一番離れている人を対象にプレイヤーを投擲し、これが即死攻撃になっている。

途中の「串刺し~垂直斬り」までの攻撃は巻き添えを食らうと他のプレイヤーもダメージを受けるので、攻撃範囲外へ逃げよう。
最後の「投擲」は被弾すれば投擲先のプレイヤーも死亡してしまうが、回避に成功すれば投擲先のプレイヤーのみ生存する事が可能。
念の為、火力陣がNMから離れて攻撃を受け持って回避すると良い。[神速閃]持ちのくノ一など、無敵時間が長い職が担当するとより安定する。
デバフ[注視] 完全体デュリオンが見つめています。不吉です。(2分持続)[集中注視対象] 完全体デュリオンが見つめています。何か嫌な予感がします!(30秒持続)
[暗黒覇気] 完全体デュリオンの黒魔法により身動きが取れません。(30秒持続)[黒魔法転移] 完全体デュリオンの槍に貫かれて身動きがとれません。(10秒持続)
備考叩き付けは前後のみなので、側面にいると楽。
全員サークル
説明【簡易タイムアタック】成功後に確定で発動する【全員サークル】が高威力化しており、即死級の要注意攻撃になっている。
更に、【デュリオン強化】による[不安定な魔力]バフの重複数や、憤怒の有無によって回避タイミングも変動する。
回避タイミングを把握しておきたい場合は、備考欄の動画をよく見て、波紋の位置と攻撃が発動する瞬間を覚えておこう。
バフ[黒魔力集中] 完全体デュリオンの黒魔法が周囲に集中しています。何か不吉な予感がします。(10秒持続)[暗黒覇気] 完全体デュリオンの黒魔法により身動きが取れません。(30秒持続)
[黒魔力シールド] 完全体デュリオンが邪悪な黒魔力で防御しています。(30秒持続・NMに付与)[黒魔法転移] 完全体デュリオンの槍に貫かれて身動きがとれません。(3秒持続・TA失敗時付与)
備考「追尾サークル回避動画まとめ」 ※まとめ先は動画が多いので注意
アークデヴァ召喚
説明上級では「ソードバインドやランページやチェインリーシュ」等でアークデヴァを引き寄せることができなくなっている。
暴君デュリオン戦で詰むとしたら最初の難関は【アークデヴァ召喚】なので、ヒーラーも雑魚処理を手伝おう。
基本的に上級ではこの雑魚処理ができてないとクリアどころか40%未満やTAに行くことすら難しい。

雑魚処理の方法はパーティーによって異なるが、デュリオンを中央に寄せて雑魚までの距離を均等にする方法や、
上記の方法に加えて予め担当位置を決めておく方法(12時,3時,6時,9時を起点に時計回り)などがある。
特に方法を決めてない場合は、機動力が高い職が率先して離れた位置に居る雑魚処理を担当すると良い。
備考HPが85%,65%,45%以下の時に使用し、以降90秒間隔(25%未満は60秒間隔)。(要検証)
状況やメンバー次第ではヒーラーは精密打撃も威容に変えたほうが良い。
障壁展開
説明NMのHPが40%を下回ると、【障壁展開】発動時に「デュリオンの呪文によって呪いが発動!」というテロップが出現する事がある。
テロップ出現時、ランダムで[黒魔法の呪い]デバフが付与されるので、攻撃発動時はデバフの重複数の確認をしておこう。
【障壁展開】の攻撃に被弾するとデバフの重複数が減るため、付与されているデバフを消すためにわざと攻撃を被弾する必要がある。

デバフの重複数だけ攻撃を被弾しないとデバフが残ってしまい、効果時間が終了すると同時に即死してしまう。
また、デバフ消滅後に攻撃を被弾した場合も即死してしまうので、自分のデバフの重複数をよく確認しておこう。
デバフ[黒魔法の呪い] 黒魔法の呪いにかかりました。呪いを解かないと大変なことが起こりそうです。(14秒持続)備考デバフが付いているときは即死床や球体に被弾しても殆どダメージを受けない。
攻撃パターン一覧
デモクロン化
demokron.jpg
説明上級ではデモクロン化した場合の攻撃が強化されており、球体を8方向へ飛ばすようになっている。
球体を全部被弾すると即死するので、万全を期す場合は、攻撃発動を確認した後に討伐するようにしよう。
当然だが、できればデモクロン化前に討伐しきれるのが理想なので、アークデヴァ討伐は最優先する事。
備考デモクロンには状態異常が効くので、「スタン・スリープ」を活用しよう。
3連コンボ・斜め斬り・垂直斬り
説明上級では攻撃範囲が表示されなくなっている。
また、左右のなぎ払い攻撃にDoTデバフが追加されており、より強力な攻撃となっている。
基本的には、全回復POTを使わないと「なぎ払い→DoT」のコンボで即死がほぼ確定なので注意。
デバフ[魔力] デュリオンの魔力により、HPが持続的に減少します。(10秒持続)備考ガード不可・回避可能。デバフ解除可能。
デバフは2秒毎にHP20%持続減少。
「3連コンボの攻撃パターン一覧」
追尾サークル
説明威力が大幅に上昇しており、即死級の要注意攻撃になっている。
更に、【デュリオン強化】による[不安定な魔力]バフの重複数や、憤怒の有無によって回避タイミングも変動する。
「強化バフ3重複+憤怒」で2段目のサークルが消滅する前に発動するので、回避のタイミングに注意が必要。

稀に2連続で発動するため、回復職はCTが足りないなんて事になる場合も多く、対策が必要な攻撃。
プリーストの場合は「プロテクションアーマー」や「ガーディアンサンクチュアリ」で威力を軽減したり、
エレの場合は「守護精霊(覚醒時)」や「ヴィガー:イン(保護紋章)」で軽減できるので、装備次第だが耐えれるなら有効。

また、ヒーラーが味方を蘇生している時に、ほとんどの場合にこの攻撃で蘇生を妨害しにくる。
「蘇生で攻撃誘発→即キャンセルで逃げる→回避後に再度蘇生」など、各自で楽な方法を見つけよう。
備考ランタゲ。蘇生妨害枠。1撃目が大円、2撃目が小円。
「追尾サークル攻撃パターン一覧」 ※まとめ先は動画が多いので注意
プレイヤー投擲
説明プレイヤーを串刺しにした後、壁際まで投げ飛ばす攻撃。
単体で使うこともあるし、注視(デバフ付与)の後に連携して使うことも多い。
モーションは刺突回転斬りとおなじだが、ダメージは大したことない。
備考即死攻撃後の投擲攻撃とは別枠。
従来の投擲無しの「刺突回転斬り」も顕在(大ダメージ)なので要注意。
その他攻撃
説明その他の攻撃パターンは下級と変わらないので、基本情報は下級ページを参照してください。
ただし上級では一部の攻撃範囲が表示されなくなっていたり、攻撃力や攻撃速度が上昇しているので注意。
備考

ID固有ドロップ

カテゴリードロップアイテム
装備強化素材・装備昇級素材職人御用達キット、異空間の破片、不吉の魔法スクロール
未知の粉、神秘の聖水、先駆者の名品、
独角竜の頭蓋、至高の元素
製作関連暴炎の石、深海の石、大地の石、暴風の石
暴炎/深海/大地/暴風の粉Ⅳの製作書
刻印書材料の加工書(玲瓏・輝く・燦爛と輝くシリーズ、不均衡の調和)
宝石の加工書(緋水晶、蒼藍鉱、翠閃玉、皇剛石)
強化素材の加工書(アルボレア金晶石Ⅱ・Ⅲ/銀晶石Ⅱ・Ⅲ)
その他翠閃玉、皇剛石、炎刃哭の装備ボックス、原始の仮面
アーティファクト原石Ⅶ
※上記のアイテムが一定確率でドロップします。

コメント

最新の10件を表示しています。 ダンジョン/暴君デュリオンの潜伏地/コメント

  • 以前からあった3NMで注視を受けないバグを確認。
    2NMで死亡した人は3NM前でのリログを推奨します。

    -- ID:wtRBC.zYM5A 2019-02-06 (水) 17:04:46

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




当サイトで利用している画像及びデータは、GameOn株式会社及びKRAFTON Inc.に帰属します。
当サイトの文章や画像を、許可なく他のサイトへ無断転載することを禁じます。
 
Copyright © KRAFTON Inc. All rights reserved.
Copyright © GameOn Co., Ltd. All rights reserved.