ダンマスこうりゃくそのさん

Last-modified: Sun, 22 May 2022 11:38:46 JST (193d)
Top > ダンマスこうりゃくそのさん

Eエリアができたぜ。イヤッフゥー
 


 

*E-03 課題 Knock Out Regrets ステップ 難易度 CHALLENGE 7

裏条件:AAをとれ・・・?
 
 
裏条件の中でもショップに並ばないという特殊な隠し条件。
AAを達成したら出現したのでAAまたはフルコンが条件だと思われる。
 
フルコンが条件かつ結構むずいので解説。
 
基本全体密度が多い曲でずれたら終わりではあるものの、 BPMは速く変則もないので踏みやすい譜面であるだろう。
なんとかこのスピードに追いついていけ!!w
 
注意したいところは途中のフリーズ交じりの部分。 一番のコンボカッター。
ここさえ耐えれば後はチキン切りに気をつけて 集中力の勝負となる。あのテーテレーの部分で油断しないように。
 
そもそも曲がクリアできない人はクリアからのスタートとなるが、 ここまで来るまでの実力があるならば楽勝だろう。
 
 

*E-04課題 I will Survive ステップ 難易度 HEAVY 8

クリア条件 ダンスレベルA以上を取ってください。
オプション ←と→:BOOST ↓:x2 ↑:x0.5
 
 
この課題は非常に厄介。つかむずい。
ポップンで表すならばバラバラスピードで9万点とれみたいなものと一緒。
 
・・・えーと、説明が非常に難しいのだが ←と→はブースト。ゆっくりからkskする。
トリックコースであったあのブーストと一緒。残りは2倍速と0.5倍速で流れてくる。
 
対処法は最後の手段。コントローラー全押し。 邪道かもしれないがこれが一番楽だ。いや、自分もこれでしか無理だった。
基本バラバラスピードでランクAなんかとれっていわれるとこれくらいしか。
こいつは覚えようとしてもまず無理というかやる以前にやる気をなくすタイプ。 なんとかならないという感じがなぁ。
 
リズムは非常に遅いので大丈夫だろう。あとはズレて判定をダメにしないように。
 
ちなみにこいつはあくまで「仮」の姿である。あくまで「仮」の姿である。 大事なことなので二回言いました。
 
 
 

*E-05 課題 Let's Dance ステップ 難易度 CHALLENGE 7

裏条件 ダンスレベルAA以上を取れ!
 
 
はいはい、またお世話になりますオニイチャン。 こちらもあの脱皮(Knock Out Regretsの和名)と同じく特殊条件。ヒントでは出てこない。
 
なんと今回は鬼譜面。かつAAなのでフルコンをしなくてはならない。
フルコンつったらさっきあった脱皮もフルコンだが、 難易度はこちらのほうが高いと思う。
変則、低速、フリーズと切りやすい要素満載。 クリアできない人はまずクリアから。gd以下5程度になったらねらい目。
 
切りやすいのはまず最初のテッテレッテレのところ。
ここは曲あわせなのだが最初は一部ひねくれているというか歯抜けなので、
何回かやって覚えるかクラップで予習をすることをオススメする。
 
次に切りやすいのはフリーズ地帯。軸譜面なので、非常にきりやすい。 とりあえず違う手やら足やらで対処していく。
 
そしてサビラストの足連打。ここが結構やばい。 集中力もアレなので、非常に切りやすいと思われる。
落ち着いて連打をとっていくこと。これでなんとかなると思う。
なんとかならない人はトレーニングやるなりHSつけて予習なり色々試すべし。
 
 
 

*E-11 課題 G2 ステップ 難易度 HEAVY 9

クリア条件 8,000,000点以上取ってください。
 
 
ポケピコーン。自分の中では事実上ボス。ここまできてもクリアさえできない人もいるかもしれない。
BPMはそこそこあるが、変則リズムがかなり激しくスコアは出ない人も多い。
80万ということは最低でも61後半~62万はとらないといけない。 (最高70万)つまりポップンでいうと91000~92000あたりだ。
 
こいつの対処法はどうしようもない。しかしクリアしないとラスボスは出ない。
・・・まぁこれクリアしないとラスボスに対する抵抗はなかなかないだろうが。 それでもクリアするならば根気が要る。
 
自分はなんとか達成できたがもうできないだろう。 そしてクリアしたとき「足じゃ無理だこれ」と思ったのであったという。
 
少しばかり助言してみる。
 
>1
最初はフリーズと変則の組み合わせ。曲とあわせてターッタラな感じ。 その裏でフリーズが入る。フリーズを切らさないようにするには軸踏み必須。
欲張って同じやつで他を踏まないように。足でやるなら問題ないのだが、 手でやるとそうやってフリーズを切る可能性がある。
 
>2
次はドラムのリズムと同じように踏んでいく。
黄青の感覚が早いのでそれを見て踏むのがいいが、 まずはクラップで聞いてどんな感じになっているか聞いたほうがいい。
というかこいつを攻略するにはトレーニングのクラップありが一番。 CHAOSない時代だからこいつのカオスレーダーまじぶっとび。
 
>3
次はベース主体で交互踏みをしていく。ここが一番きつい。 結構速いスピードで出るのでここでどうしても差が出てしまう。
調子がいいときには伸びて悪いときには全く伸びない。 ここは運の見せ所というところか。
途中で8分踏みがあるが、ここは貴重な稼ぎどころなのでミスらないように。 これが終わったら再びよくわからない交互踏みに入って次にいく。
 
>4
しばらくは稼ぎどころ。回復地帯ともいえる。ここで少し落ち着かせる。
それが終わったら同時踏み→単体→同時踏みというストイクや鳥フェニ激に出てくるのと似たところが出てくる。
最初は難しいかもしれないが、 ここを慣れておくと貴重な稼ぎ地帯になる。
 
>5
ラストは3と同じくかなりスコア差が出てくる交互踏み地帯。 ここで泣くこともしばしば。
よくわからん交互をやったら2と似たような踏みをしてラストは交互ラッシュ。 ラストは光らせること。ラッシュではあるが中身は単純だ。
 
 
まぁ言葉で書くと簡単だが、実際やると手でも難しい。
HS使えないのも響くか。曲自体が速いのがガチで幸いなところだ。 まぁ頑張りなさいってこった。
 
これが「仮」の姿だなんて信じない!信じないぞォォォ俺は!!!
 
 
 


 
>NEXT・・・?