過去作からの変更点

Last-modified: Mon, 24 May 2021 18:51:06 JST (146d)
Top > 過去作からの変更点
Table of Contents
 

※全武器共通のシステム変更などは省略。あくまで笛に関係のある変更点のみ。


 

操作・モーション関連 Edit

攻撃モーション派生と操作ボタン Edit

MHRise以前の笛からは別武器といっていいほどモーションが変化しているため、「変更点」という形でまとめるのは難しい。

狩猟笛の攻撃モーションに今作のモーションや派生の一覧をまとめているため、そちらを参照。

抜刀中の振り向きの鈍化 Edit

移動速度の低下の影響か、振り向きの速度も鈍化した。

そのため抜刀中はスティックを一瞬入力するだけでは方向転換の途中でスティックが離れた扱いになり、入力した方向に向く途中で止まってしまうようになった。

とは言ってもスティックを本当に一瞬だけ弾いた時に起こる仕様なので、よほど忙しい操作をしない限り方向転換には全く問題なく、使用感にも変わりはない。

ただし過去作のように一瞬だけ反対方向に入力して、反転して後方攻撃を出す立ち回りにはわずかに影響がある。

最速入力だと攻撃方向が数十度ずれてしまうので、スティックを入力し続けてしっかり後ろを向くまで待たなければならず、発生がワンテンポ遅れてしまう。

鉄蟲糸技 Edit

全武器共通のトピックではあるが、新システム翔蟲を用いて武器種ごとに異なる強力な攻撃が出せるようになった。

狩猟笛の技は「スライドビート」「震打」「共鳴音珠」の3種類。こちらも詳細は狩猟笛の攻撃モーション参照。

気炎の旋律 Edit

今回モンスターに攻撃を当てることでチャージされる笛専用のゲージが追加されており、ゲージ最大時に実行できる特殊な演奏攻撃。モーションはMHW:IBの響音攻撃によく似ている。

三音演奏もしくは鉄蟲糸技「スライドビート」の直後にZRで発動し、短時間大きな攻撃力UPの効果を発生させる。

武器出し攻撃の削除 Edit

武器出しのためにXを1回押しただけでは攻撃が発生しなくなった。

代わりに武器出し中に好きな攻撃ボタンを押せばそのままその攻撃が発動するので、今まで通りの抜刀攻撃がしたい場合はXを2連打する必要がある。

実質的に自由な武器出し攻撃を選べるようなものなので、納刀のデメリットが減ったと言える。

衝撃波のダメージ計算式 Edit

Wの衝撃波は「斬れ味補正や会心の影響を受けないが、攻撃力や肉質の影響は受ける。また1.05倍の特殊な補正がある。」

というダメージ計算をしていたが、今作では属性ダメージが乗らない代わり肉質無視になった。また斬れ味補正も受ける。

衝撃波を出す技自体も多様になっているため、Wに比べて大幅に衝撃波ダメージの重要度が増した。

既存攻撃モーションの削除 Edit

連音攻撃・演奏攻撃・追加演奏攻撃:演奏方法の大幅な変更に伴い削除。

柄攻撃(単発)・響音攻撃:連撃振りおろし・気炎の旋律にモーションは引き継がれるも性能は別物。

ジャンプ強叩きつけ・段差登り前方攻撃:ハンターの移動方法が劇的に改善されたため削除。

 

旋律関連 Edit

旋律効果と音色の関係 Edit

従来の特定の音色の並びを揃えて演奏攻撃で旋律発動、という仕組み自体が見直された。

MHRiseの狩猟笛は、笛ごとに各通常攻撃ボタン(X、A、X+A)と対応する旋律が決まっており、必然的に1武器の旋律種類は3つとなる。

どの笛でも攻撃時に貯まる音色はX:青 A:赤 X+A:で固定されており、音色と旋律効果に相互関係はない。

(:防御力UP :攻撃力UP :体力回復【小】の笛もあれば、:攻撃力UP :聴覚保護【小】:防御力UPの笛もある。)

旋律モード Edit

MHRiseの狩猟笛は武器アクションの入れ替え要素によりZR(演奏)のモーションを「旋律モード:奏」と「旋律モード:響」のどちらかから選択することができる。

このモードは旋律発動の仕組み自体にも影響を与えるため、この選択は単にモーションだけでなく旋律効果の維持を含めた戦い方に関わることになる。

両者の違いは以下の通り。


「旋律モード:奏」

・同じ音色を2つ連続で貯めれば、ZR演奏をしなくてもその音色に対応した旋律が即時発動する。

・ZR演奏をすると譜面の状態に関係なく自分強化のみを演奏する。


「旋律モード:響」

・ZR演奏をすると譜面に現在存在する音色(1つ以上あればよい)の効果を全て同時に発動し、自分強化も発動する。

三音演奏 Edit

3種類の音色をすべて譜面上に揃えた場合(順番無視)、ZR+Xで「三音演奏」が実行できる。

三音演奏を行うと、すべての音色の効果がまとめて発動する。

三音演奏のための音色は演奏時に譜面上に残っている必要はなく、1度でも条件を満たせば演奏するまでストックされる。

旋律効果の種類 Edit

過去作に比べ1武器に3種類までなので種類数は減少傾向だが完全新規の旋律も増えた。旋律解説を参照。

自分強化の移動速度低下 Edit

MHXXやMHW:IBに比べると自分強化時の移動速度が低下している。(MHWに近い)

自己強化による火力上昇削除 Edit

MHWで行われた調整の、自分強化で自分の攻撃力が上がる仕様はなくなっている。

攻撃力・防御力UP旋律の対象がステータス全体に Edit

MHWで攻撃力UPは武器攻撃力に、防御力UPは装備防御力にのみ掛かるよう修正されていたが、MHXXまでと同様全てのアイテムなどを含めたステータスに上昇量が掛け算されるようになった。

ただし大小の区別はなくなり、倍率も従来の小1.15倍/大1.2倍から一律1.1倍に下方修正されている。(防御力は1.1倍後に+20のボーナスがある)

 

装備・スキル関連 Edit

笛吹名人の効果変更 Edit

演奏の仕組みが見直されたからか、従来の旋律効果時間延長(+回復旋律効果増+高周波範囲拡大)ではなく「演奏モーション速度上昇(1.1倍)+衝撃波ダメージ上昇(1.1倍)」の効果に変更された。

またMHWではレベル上限2が追加されていたが、本作のレベル上限は再び1となっている。

モーション速度上昇の対象は通常の(ZRで出す)演奏2種のみであり、三音演奏や気炎の旋律には影響がない。