グリーorテラー

Last-modified: Sun, 07 May 2023 21:22:31 JST (296d)
Top > グリーorテラー

グリーorテラー-武器構え.jpgグリーorテラー-立ち.jpg

基本性能 Edit

攻撃力属性会心ステータス補正斬れ味
匠5
スロット百竜スロット
310龍属性47-30%/+15%なしlllllllllllllllllllllllllllllllllll
llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
白70
紫30
③①-

旋律 Edit

特徴 Edit

アップデートVer13.0.0で追加された渾沌に呻くゴア・マガラの狩猟笛。
見た目はサウンドofドゥームの色違い。1発生産も可能だが、派生ルートで強化するとレア素材を使わなくて済む。
なお他武器種の説明文は使用者がうんぬんかんぬん~だが、狩猟笛のみ奏者になっている。細かい。

 

平均的な攻撃力310と、渾沌ゴア武器特有の2種類の会心率(後述)、長い白ゲージ70(青70)と高めの龍属性値を獲得。匠3から紫ゲージが出現する。
汎用性の高い3種の旋律を持つため会心率を除けば非常に扱いやすい狩猟笛となっている。
特徴的な会心率-30%/+15%は渾沌ゴアの不安定さを表現してか火力的にも不安定そのもの。
スキルで会心率をプラスしても-30%はそのままで、素のプラスの方しか伸びない。例えば見切りLv1なら-30%/+20%となり、どっちが発動するかは運次第である。
狂竜症【蝕】の克服時のみマイナス会心がプラス会心に転化し素会心45%の性能となる。よって基本的に狂竜症【蝕】とセットで使うのがベター。
会心率の影響が少なめの狩猟笛とはいえマイナス30%は結構痛いため、百竜装飾品の痛恨の一撃が候補に入るかもしれない。

 

似たような性能を持つ赫絶の澄翼ステレジアと当笛の白ゲージ同士での比較だと、狂竜症【蝕】採用ならステレジアの安定した火力をグリーorテラーの攻撃力で補う形になり、火力はほぼ同等である。
匠3以上で紫ゲージを出せば攻撃力30差と斬れ味補正のおかげでこちらが圧倒的に勝るのだが、紫ゲージの維持をどうするかが問題。業物3のみでは足りないので刃鱗磨きや剛刃研磨も選択肢に入る。マイナス会心の影響が大きい達人芸は会心率100%にしても実質70%のため軽減率は2.5倍。匠5紫30なので紫75相当に留まる。克服前の不安定さと克服後の安定を許容できるかどうかだろう。
ver.14以降は傀異スロット拡張ボーナスが追加され、最終的には斬れ味が+20されるため、匠と業物でも紫ゲージの維持がかなり現実的になる。大器晩成ではあるものの、非常にバランスが良くて扱いやすい優秀な笛に成長してくれる。