胡乱舎猫支店/誰かがタマネギを炒めている

Last-modified: Tue, 24 May 2022 23:52:54 JST (36d)
Top > 胡乱舎猫支店 > 誰かがタマネギを炒めている

読む Edit

 「大丈夫?…爺ちゃん?」

 「…あ?…ああ…何でもない…ちょっとな…」

 「どっか痛いの?…それとも…」

 「違うんだこれはな、その…」

 「またタマネギ?」

 「そう、そうだ、そう誰かがな…タマネギを…い…た…」

 直後にHBM022D000ACは活動を停止し、それが最後の言葉となった。

 これでこの星域の人類は終了したので報告書をまとめて転送したら直後に「指導」が入った。


 ーこの場合は「死亡」だ。訂正を。

 ー了解。

 ー後、この「タマネギ」だが…。

 ー「彼」は何時もそう言った。「泣く」度に。気になるか?

 ー過去に担当した個体と同じだ。この「可食植物」はかなり厄介なものだったらしい。

 ー「泣く」程「厄介」だったと?

 ー そういう事だ。記録によるとどうも「キル」のがそうだったらしい。

 ー「キル」…?「イタメル」のではなくて?…同義語か?

 ーどちらも「チョウリ」とか「リョウリ」の用語だ。

 ー興味深い。

 ーさらに古い記録閲覧の許可が可能だが?

 ー頼む。「彼ら」についてのデータを蓄積したい。

 ー了解。

 ーでは。

 出来ればまた直接、「担当」をしたかったのだがもうそれが叶う事は無いのだろう。

ジャンル Edit

SF滅亡?生命泣く野菜玉葱?

カテゴリ Edit

超短編/タ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第187回競作「誰かがタマネギを炒めている」 / 参加作

執筆年 Edit

2022年?

その他 Edit

Counter: 107, today: 1, yesterday: 0