胡乱舎猫支店/かわき、ざわめき、まがまがし

Last-modified: Wed, 24 Jun 2020 23:38:06 JST (44d)
Top > 胡乱舎猫支店 > かわき、ざわめき、まがまがし

読む Edit

ずっとイライラしている。この音のせいだ。うるさい。イライラする。喉もヒリヒリする。ジリジリ焦がされてる気がする。そうだ、こう言う時はコーヒーだ。コーヒー飲もう。先ずは落ち着こう…。

「!」

無い…口が無い。なんで?飲めないよ。コーヒー

い…いつからだろう?イライラが増す。この音のせいか?そうだな、違いない。この音の…。

「!」

無い…耳が無い。なんで?どうして聞こえているんだ?この音。あ…こ…骨伝導か?そ…そうだ。そうに違いな…。

「!」

無い…骨が無い。ああああ傾く。ぐんにゃりと崩れて行く。何故だ?この音か…?いや…違う?違わない?ちが…

何かが足元から這い上がって来る。わかってる、脚は無い。無い…それはわかっている。でもわかる這い上がって来るのが。闇と交錯しながら脈打つ様に蠢く色彩…が。眼…眼は…。

の…ま…れ…る…。

ジャンル Edit

ホラーコーヒー?飲む?

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第154回競作「かわき、ざわめき、まがまがし」 / 参加作

執筆年 Edit

2017年?

その他 Edit

Counter: 42, today: 1, yesterday: 0