胡乱舎猫支店/バタフライ効果6

Last-modified: Thu, 27 Feb 2020 00:22:58 JST (35d)
Top > 胡乱舎猫支店 > バタフライ効果6

読む Edit

 「後は全てキミ次第」

 手渡されたものはひどくたよりなくてせめて何かに入れるか包んでくれればと思った時には既に螺旋階段に居た。

 のぼっている様でもくだっている様でもあり、もしかしたら全ては幻で実は平坦な所を進んで、いや進んですらいないのでは無いかと言う気がしてきた。

 (一体何処まで続いているのか?)

 そう思ったら開けた場所に居た。頭上に拡がるのがもし空だと言うのであれば蒼過ぎる。深くただ深くのしかかってくる。

ジャンル Edit

螺旋??オープンエンド?

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第174回競作「バタフライ効果」 / 参加作

執筆年 Edit

2020年?

その他 Edit

Counter: 21, today: 2, yesterday: 0