空虹桜/2020冬

Last-modified: Thu, 11 Feb 2021 22:44:04 JST (254d)
Top > 空虹桜 > 2020冬

読む Edit

 缶ビールがいつまでも冷たい満月の夜。荒野のような街を歩く。

 指が悴んむので始終缶を持ち替えなきゃならないのが不便。冷たさなんて感じなければ良いのに。指紋もグリップしない。

 足音はいつまでも追い抜かないから、孤独じゃない気になるけど、こちらは孤独を求めているから迷惑この上ない。

 緊急事態なのに世界は映画みたいな混迷を極めず、普通は日常にちゃんと折り合う。

「レジリエンス」なんて流行言葉が浮かんだ途端、コンビニの光に溶けて消える。

 レジを仕切るビニルシート、消毒用のアルコール、セルフレジ。でも、酒を買うには虚構の年齢確認が必要。

 入り口のゴミ箱に空き缶を捨てる。

 システムはそこにある。惑星軌道の微かなブレは重力の計算で割り出せる。見えない星がそこにある。

 よくできた社会は動摩擦程度じゃ止まらず、大雑把な世界に人間味はるけど、どうしても君はそばにいない。

 ストロングの缶チューハイは、油断すると甘くてしんどい。

※初稿につき、最終稿はこちら

ジャンル Edit

お酒?散歩?孤独COVID-19

カテゴリ Edit

超短編/その他

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

書き下ろし

執筆年 Edit

2020年?

その他 Edit

Counter: 156, today: 1, yesterday: 1