まつじ/白白白9

Last-modified: Mon, 01 Mar 2021 23:38:41 JST (52d)
Top > まつじ > 白白白9

読む Edit

 やけに時代がかっていたので、夢であったろうと思う。

 蒼い首が、筵の上に並べられいて、瞼を閉じているというのに此方を観察しているようで眩暈、眼球が回ると太陽が一つ、二つ、三つある。

 やはり夢らしく、たちまち沈む太陽は其々ごろりごろ石臼挽き、骨粉と化し、ますます夢である。

 太陽がないというのに、月は輝き一つ、二つ、三つ。まるで脈絡もない。

 光沢を帯びた首が月明かりの下、並べられている。面白くもない、これらロボットの首のどれか一つが、私である。

ジャンル Edit

??数字太陽わたし

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第180回競作「白白白」 / 参加作

執筆年 Edit

2021年?

その他 Edit

Counter: 51, today: 1, yesterday: 2