牧野由依用語集

Last-modified: Thu, 17 Nov 2022 18:53:52 JST (74d)
Top > 牧野由依用語集

A WINTER STORY

1995年の映画「Love Letter」(監督:岩井俊二さん、主演:中山美穂さん・豊川悦司さん)の劇中で弾いたピアノ曲。当時の由依さんは8歳。編曲を担当したお父上の牧野信博さんが譜面を書いてくれなかったため、1小節ずつ覚えていったという。
大人になってから弾いたバージョンがセレクトアルバム「UP!!!!」に収録されている。
2021年5月には「Love Letter」が中国で再上映されることになったのを記念して、ピアノ由依さん、ヴァイオリン荒井桃子さん、チェロ林田順平さん、ギター岩井俊二監督による演奏動画がYouTubeで公開された。この曲に加えて「SMALL HAPPINESS」という曲とメイキング&インタビューの動画も公開されている。

石貝(菅原)梨乃

ピアニスト。旧姓石貝さん。由依さんとは音楽大学附属高校からの同級生で、たびたびコンサートにも出演している。MCで由依さんにマイクを向けられても、ステージ上では喋ってくれない。代わりにジェスチャーで由依さんをいじる。
「結納を済ませました」というメールを、偶然にもゆらり弾き語りの旅のステージ真っ最中の由依さんに送った。由依さん曰く、「最後の砦だと思ってたのに」とのこと。

19860119

由依さんの誕生年月日であり、ブログのタイトルにもなっている。
また、後に記載する今治タオルをはじめとして様々なグッズに記されることが多い。

今治タオル

  1. 愛媛県今治市の名産品。柔らかく、吸水性がとても良い。
  2. 特に好評なコンサートグッズ。2011年のコンサート"So Happy"で登場した通常サイズ(白地に赤の19860119ロゴ)、2012年の"ゆらり弾き語りの旅"で登場したミニサイズ(水色・ピンクの2枚セット、ともにワインレッドで19860119ロゴ)、2014年のライブ"Welcome to the Yuchhiyland"で登場した柔らかさが増した生地の通常サイズの3種類。白地に黄色の19860119ロゴ入りで2000円。
  3. 2015年の10周年記念ライブ"So Happy!!"で新バージョンが販売される。マンスリーイベント"Countdown【1】10周年ライブ直前!決起集会!!"で語ったところによると、3種類のサンプルに対して「どれが良いか、洗濯した後の状態を確認して判断する」といって洗濯した後の手触りをみて決めたという。白地に緑で19860119ロゴ入り。
  4. 2016年3月の"30 Selection"では白のミニサイズが1枚1000円で販売された。2012年に販売されたものより若干サイズが大きい。白地にワインレッドの19860119ロゴ入り。
  5. 2016年8月の"twilight melody"では、ロゴが今までの鍵盤からコンサートロゴに一新された白のハンドタオル(1000円)、フェイスタオル(2000円)、バスタオル(3500円)の3種類が販売された。バスタオルの大きさは初登場。紺色のtwilight melodyロゴ入り。
  6. 2017年1月の"Thanx Beginning"ではリニューアルされ「リッチバージョン」と銘打ったものライトブラウンのもの(2000円)が登場した。肌色の地にブラウンのロゴ入り。
  7. 2017年7月の"Reset & Happiness"では再び「リッチバージョン」という名前で、チャコールグレー地に黄色の19860119ロゴのものが、フェイスタオル(2000円)、バスタオル(3500円)の2種類販売された。
  8. 2018年6月の"WILL you play with me?"では、ポッカサッポロ 富良野ラベンダーティーPresents ということで、ラベンダー色地に紺色の19860119ロゴ入りのものが販売された。(前回同様フェイスタオル・バスタオル2種)
  9. 2019年6月の"What's UP!!!!"では、紺色地に赤色の19860119ロゴ入りのものが販売された。フェイスタオル2000円、バスタオル3500円、ハンドタオル1000円。
  10. 2020年10月にはデビュー15周年記念グッズとしてワインレッド字に金刺繍の豪華なものが、アスマート通販で販売された。フェイスタオル2000円、バスタオル3500円、ハンドタオル1000円。いずれも「15周年ver.」と銘打たれ、ロゴマークにはいつもの「19860119」ではなく「15TH YUI MAKINO 20050818」という文字が入った。

岩井俊二

映画監督。由依さんの芸歴に欠かせない関わりを持つ人。映画「Love Letter」に、当時8歳だった由依さんをピアニストとして抜擢した。幼少の由依さんは、岩井監督を単に「ジュースを買ってくれる優しいお兄さん」と思っていたらしい。
シングル「ふわふわ♪」では、由依さんの「一生のお願い」により岩井監督がPVを撮影した。
ピアノ・歌・声優の全てを続けていきたいと悩んだときに相談相手となり、所属事務所としてアミューズを勧めたのも岩井監督だという(出展:ニジ★スタ 牧野由依の『What A Beautiful World /ウイークエンド・ランデヴー』発売記念インタビュー 後編)。
2022年10月5日発売のミニアルバム「あなたとわたしを繋ぐもの」ではついに岩井監督が作詞を手がける楽曲「世界でいちばん愛しい音」が収録されることになった。

ウイークエンド・ランデヴー

「お願いジュンブライト」に次ぐ、誤表記注意タイトルの曲。「ウーク」(大きいイ)であって「ウーク」(小さいィ)ではない。「ランデー」であって「ランデー」ではない。

FM NACK5

埼玉県さいたま市にあるラジオ局。由依さんが三浦祐太朗さんと出会ったのは、この放送局の番組「キラメキミュージックスター」にゲストで呼ばれた時のこと。
一部の番組は埼玉県さいたま市の大宮アルシェビル5階にあるスタジオアルシェで公開生放送をしている(新型コロナウイルス流行以降は中止している模様)。このスタジオは同じフロアのCDショップ「HMV」から見られるようになっており、スピーカーが設置されているのでラジオを持って行かなくても音を聞くことができる。由依さんは「キラメキミュージックスター」以外にも公開生放送の番組に数回ゲスト出演している。
埼玉県の象徴的なものの1つと見られているのか、映画「翔んで埼玉」の中に、カーラジオで79.5MHzのFMラジオを聞いている場面がある。

FM FUJI

山梨県甲府市にあるラジオ局。月~木曜深夜に「Music Spice!」という番組を放送しており、由依さんは2015年7月から2016年3月までこの番組の木曜日パーソナリティを担当していた。
東京都渋谷区にサテライトスタジオ(スタジオViViD)があり、一部の番組は通りに面したブースの窓のシャッターを開け、生放送の様子を外から観覧できるようにしていた(新型コロナウイルス流行以降は中止している模様)。由依さんがCDリリースのタイミングなどでゲストに呼ばれた番組を観覧できる機会も過去に何回かあった。なお、観覧できる場所は公共の歩道に面したわずかな軒下のような部分なのでスピーカーは設置されておらず、音を聞くにはラジオを持って行く必要がある。

教えて由依先生

2007年10月~2008年9月に月一配信された動画配信番組「由依が独奏」の中のコーナー。鍵盤ハーモニカを使いつつ、初歩的な音楽理論の話や、ちょっとしたクイズなどをやっていた。
鍵盤ハーモニカはコンサートにも時折持ち込んでいる。
余談ながら、「ピアニカ」や「メロディオン」は一般名ではなく登録商標(それぞれヤマハ株式会社、鈴木楽器製作所)。

大人だっていいじゃない!青春laboratory

2018年3月から2020年2月までニコニコ動画で放送された由依さん初の冠番組。声優番組レーベルPhononチャンネル内で、月1回の放送。URLはこちら
青春時代をテーマとした体験企画や、様々な特技を披露(?)するコーナー、ふつおたのコーナーなどがある。番組イベントも全3回(各回とも昼の部・夜の部あり)開催された。イベントでは毎回合唱コーナーがあったが由依さんの曲は第1回夜の部の「アムリタ」だけという誰の番組のイベントか分からない選曲に大きな疑問が残った。
番組DVD全4巻も発売されており、こちらは放送された内容に加えて放送ではカットされた映像も収録されている。24回の放送のうち4回は総集編だったため、DVDには総集編を除いた全20回分が収録されている。

お願いジュンブライト

2011年4月27日に発売されたシングル。タイトルの誤記、誤読が多い曲。「ジュン」ではないし、「ブライ」でもない。
この曲をCMソングに使った資生堂「エリクシールホワイト ホワイト&プロテクターUV」(販売終了、なおエリクシールホワイトシリーズとして新製品が順次発売されている模様)のキャッチコピーは「守れ、純ブライト」だった。曲のタイトルが「ジューンブライド」でないのと関係があるかどうかは定かでない。

かみふらのPR大使

由依さんが富良野ラベンダーティーについてツイートしたのがメーカー(ポッカサッポロ)の人の目にとまり、そこから話が広がって、ラベンダーの名産地である北海道上富良野町のPR大使に、2018年4月20日に任命された。その縁から上富良野町で7月に行われる「かみふらの 花と炎の四季彩まつり」に2018年、2019年と出演している。2019年の同祭では、挨拶のステージに立った上富良野町長からサプライズでPR大使任期延長を提案され、由依さんは驚きつつこれを受諾した。
2021年7月17日、「ラベンダーフェスタかみふらの2021」の場において改めてPR大使委嘱状の授受が行われた。これは前年、新型コロナウイルス流行の影響で行えなくなったのを実施したもの。任期は明らかにされていない。
2022年7月17日、有観客開催される「ラベンダーフェスタかみふらの2022」のステージに立つ予定だったが、新型コロナウイルスに感染してしまった三浦祐太朗さんの濃厚接触者に該当するため、ステージ出演は叶わずビデオメッセージを送るのみとなった。このイベントで由依さんを「かみふらの特任PR大使」に任命することが発表された。肩書きに特任の字が加わった。

ギター

由依さんが2010年にコンサートで挑戦したことがある楽器。黒いエレアコのクラフターと、水色のエレキのムスタング。練習時間の確保が難しいようで、それ以降は登場していない。

クラシックコーナー

コンサートで恒例となっている1コーナー。由依さんがクラシックを身近に感じてもらいたいということで、ピアノ連弾や弦楽器とのコラボ、あるいはソロなどでクラシック曲を演奏する。どこかで聴いたことがあるような曲をチョイスすることが多い。また、作曲家に奇行癖があると曲紹介の際に格好の話題にしている。

高校野球

由依さんが好きなスポーツ。ただし野球そのものに詳しいわけではなく、球児達の全力プレーを眺めて雰囲気を楽しんでいるようだ。

誇太朗(こたろう)

ドラマー。由依さんのコンサートによく出演しており、ドラム以外のパーカッションを使う時もあり、「俺自身が楽器だ」という名言も残されている。

サイン

由依さんのサインはアーティストバージョンと声優バージョンの2種類がある。「ま」の字がアーティストバージョンではト音記号のように、声優バージョンでは下の丸い部分がニコニコマークになっているのが特徴。声優バージョンのニコニコマークは、時折演じたキャラクターの特徴にあわせてアレンジすることも。

the brilliant green

由依さんが初めて買ったCDのアーティスト。
由依さんは子供の頃、ご両親からJ-POPのCDを買ったりカラオケに行ったりするのを禁止されていたらしい。コンサートで語ったことのある話によると、歌い方に変な癖が付かないようにという意図があったとか。そんな中、中学生のときにこっそり買ったのがthe brilliant greenの「There will be love there -愛のある場所-」だった。
当時すでにピアニストとして岩井俊二監督の映画での演奏経験があった由依さん、将来も音楽の道を続けるのならしっかり育つ土台を身につけられるようにご両親が配慮したのではないかと想像する。この想像が正しいかどうかは分からないが、由依さんが素晴らしく成長を遂げたことは一目瞭然だろう。

サンドバッグS

アミューズに移籍した由依さんのマネージャーを、2015年夏ごろまで務めていた男性。塩ラーメンが大好き。
マンスリーイベントの進行役としてステージに立った際に「マネージャーSです」と名前を伏せていたが、2015年1月のマンスリーイベントで、ゲストに登場した由依さんの恩師に口止めを忘れたため「○○○○さん」(一応、ここでは伏せておく)とステージ上で名前で呼ばれてしまった。
2015年4月のマンスリーイベントでは体調不良のため不在の間に、「マネージャーSこと○○○○さんの下の名前は□□□□である、○か×か」とクイズのネタにされていた。ここでは一応名前を伏せておくが、苗字、名前のどちらのイニシャルを取っても「S」だった。
2019年2月17日にゲスト出演した「アドリ部!!」イベントの時点では、パーソナリティ富田美憂さん、前田佳織里さんの担当マネージャーになっていた。

サントリーホール

東京都港区にあるコンサートホール。クラシック音楽の演奏会に利用されることが多く、大ホールの音響は特に評価が高い。
開館は1986年で、由依さんの生年と同じ。
由依さんが「いつかここでコンサートを開きたい」と話したことがある場所。

杉本雄治

WEAVERのボーカリスト兼ピアニスト。ギターも弾く。
WEAVERが2019年11月29日・12月2日に行ったライブの中で、物語の朗読を由依さんが声優として担当したのが縁の始まり。2020年に2回行われた配信コンサートでは曲のアレンジとピアノ・ギターを担当。2021年にはコンサートのバンマスを務めたり、2021年4月3日発売(ダウンロード販売)の楽曲「シルエット」の作詞を担当したりと、由依さんの歌手活動に多く関わっている。なお、前述の「シルエット」の作詞はWEAVERのドラマーで作家としても活動している河邉徹さん。

スクールガールストライカーズ

スマートフォン向けゲーム。由依さんが演じる蒼井雪枝のカードには、由依さんの楽曲名を含む名前が付いた物が複数ある。

  • 究極久遠のアムリタ
  • リトル・ウンディーネ
  • 真なる叡智のユーフォリア
  • 蒼き世界のソルフェージュ
  • 凛景のアルメリア
  • 雪花のエスペーロ

これはおそらく、偶然の一致ではないだろう。

ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)

由依さん主演の、サバイバルゲームを題材にしたアニメ。原作漫画「特例措置団体ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)」とは全く別のストーリーになっている。
原作とは別のストーリーを作るにあたり、由依さん演じる大和ゆらが物語上の暗い部分(チームメイトとの連携が取れない、自己中心的に暴走する、ルール違反や怪我人無視をしてでもゲームに勝つことに執着する、心配して様子を見に来た仲間の話を聞こうとしないなど)を全て背負わされ原作と大きく異なる、視聴者から親しみを持たれない主人公にされてしまった。サバイバルゲームに関しても現実を無視した描写(グレネードを上に投げる:危険なので禁止、リアリティ重視でない作品の忍者のように垂直な壁を蹴って走る)も見られ、前述の主人公の不人気と合わさってアニメの評価が大きく落ちる結果になったと思われる。
筆者の私見だが、一度原作の漫画を読んでみてほしい。作品についても、大和ゆらというキャラクターに対しても、印象が全く変わると思う。

世界でいちばん愛しい音

由依さんのミニアルバム「あなたとわたしを繋ぐもの」の最後を飾る楽曲。由依さんが作曲、岩井俊二監督が作詞、滝澤俊輔さんが編曲という豪華な布陣。
妊娠中に聞かせてもらった胎音が最初の着想になったという。そのため、作詞は岩井監督だがテーマについては由依さんからリクエストしたという。また、仮題は「鼓動」だったことが2022年11月13日の「牧野由依 Billboard Live2022 ~あなたとわたしを繋ぐもの~(東京・夜公演)」で語られた。曲の制作自体は出産後で、「出産後にもう一度出産したようなもの」と冗談交じりに語っていた。

滝澤俊輔

ピアニスト・作曲家。通称たっきー。由依さんとは音楽大学の同級生で、たびたびコンサートにも出演している。
「アムリタ」の弾き語りバージョンで編曲に参加したり、「たんぽぽ水車 ~Yui Makino Version~」のライブバージョンでピアノを弾いたりしている。
佐久間まゆのキャラソン「エヴリデイドリーム」の作曲を担当するなど、「アイドルマスター シンデレラガールズ」の曲作りでも活躍。2020年2月の「THE [email protected] CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock!」ではバンマスでキーボードを担当、公演二日目のアコースティックパートではスローアレンジでボーカルとピアノのみの「エヴリデイドリーム」、アコースティックアレンジの「マイ・スイート・ハネムーン」で由依さんと共に、大阪ドームと全国ライブビューイング会場のP達の心をぐっと掴んだ。
牧野信博さん(由依さんの御父上)とは呑み友達らしい。

チャーム

コンサートグッズとして販売されている、オリジナルの根付。初期には同じデザインの物を複数回販売していたが、2009年12月のSo Bright以降はコンサートごとに異なるデザインの物を、そのコンサート限定で販売するようになった。
コンサート中のグッズ紹介(という名のセールストーク)では、由依さんがよく「たくさん集めて、牧野由依上級者を目指してください」と話している。コンサートへ行ったら記念に是非!
再販されないはずなので、どこかに引っかけて落とさないよう要注意。
「コンサート」と付かない「ゆらり弾き語りの旅」や「Yui Makino Birthday Llive~19860119~」では販売されていない。
「Re:あのぉ~、新曲はいつですか?」はコンサートと銘打っているがグッズ販売自体がなかったため、チャームも無い。
2016年8月の"twilight melody"では、初めて1つのコンサートでゴールド・シルバーの2色を販売した。
2017年7月の"Reset & Happiness"ではチャームではなくピンバッジを販売した。

デンジャー今西

ベーシスト。由依さんのコンサートによく出演しており、曲によりエレキベースとウッドベースを使い分ける。名前が「今西真也」表記の時も。
メンバー紹介のときの第一声は「ベースのデンジャー今西ですヨロシクゥ」と言うことが多い。

初恋の声

由依さんがヒロインに抜擢された声優デビュー作「ツバサ・クロニクル」で、原作者のCLAMPさんは由依さんの声の印象をこう表現した。
(参考:ファミ通.comのインタビュー記事
デビュー当時で分からないことが多かったため事あるごとにたくさんメモを書き込んだ台本は、ずっと大切にしているという。

パイン

由依さんのペットの犬(犬種はトイプードル)。2017年9月17日生まれ。
ブログにて彼への熱い思いを語っている。
「ワールドツアー」によく反応するそうで、2020年6月4日に行われたインスタグラムによる配信ライブ(sponsored 富良野ラベンダーティー)では、「世界にSay Hello!」に合わせて由依さんとハイタッチする場面が見られた。

ピアノ

由依さんの音楽に欠かせない楽器。4歳の頃に御父上の信博さんが、童謡「ちょうちょ」を壮大なアレンジにして弾いているのを聴いたのがきっかけで始めた。父に弾けて自分に弾けないはずがないと、幼少の頃から負けず嫌いを発揮したらしい。ジャズやポップス系のピアノを弾くお父上に対して、同じ道に進んだらずっと勝てないというのがクラシックの道に進んだ一因らしい。

富良野ラベンダーティー

2017年初夏頃に、最近よく飲むものとして由依さんがイベントのトークやツイッター(ツイート1ツイート2)で紹介した飲み物。ポッカサッポロの製品。由依さんはよく駅の自販機で買うらしい。自販機や店で偶然手にできるのを「野生」、箱単位などで注文するのは「養殖」と呼んでいる。
由依さんのツイートをポッカサッポロの人が目にしたのがきっかけで、2017年のライブ"Reset & Happiness"では来場者全員に一本ずつ配布された。
これで実質牧野由依」などという言葉もあってTwitterの拡散力によって更に広まった結果、2018年6月にはついに「ポッカサッポロ 富良野ラベンダーティーPresent」としてライブコンサートのスポンサーにもなっていただいた。
2019年のライブコンサート「What's UP!!!!」でも協賛が継続されたのに加え、会場には上富良野のマスコットキャラクターらべとんが登場した。

フランチェスカ

由依さん主演のアニメ。および、同アニメの主人公キャラクターの名前。
北海道のご当地アニメとしてのヒットを狙ったか、観光業とのタイアップをしたり北海道ゆかりの人物をモデルにしたキャラクターを登場させたり、実在の観光名所を話の舞台にしたりした。北海道石狩振興局PRキャラクターに採用された。PRのための展開として他にもイベント「Anime Japan 2014」や「ニコニコ超会議3」へ出展したり、主題歌「囁きは"Crescendo"」とは別にフランチェスカのキャラソン「Hungry Zombie Franchesca!!」を製作したり、テレビ神奈川で1年遅れで放送されたのを機に同局のイベント「TVKアニメまつり2015」にメインキャスト(由依さん、井澤佳の実さん、工藤沙貴さん)が登壇したりと様々なアピールを行った。だが、あまり成果は出なかった模様。
札幌でフランチェスカのラッピングタクシー(いわゆる痛車)を1台運用し番組スポンサーになっていた長栄交通は経営破綻してしまい、さらにはアニメの製作会社だった株式会社ハートビットも倒産してしまった。アニメのラストシーンは完結ではなく第一部完という雰囲気であり続編の構想があったという噂もあるが、これで全てが終わってしまった。

ほっけ

  1. 開いて焼くと美味しい、飲み屋のメニューによくある魚。
  2. 由依さんのペットのフェレット。牧野家のアイドルでファンにも大人気だったが、2014年5月18日に天国へ旅立った(参考:由依さんのブログ記事)。「アムリタ」発売3周年の2008年8月18日生まれ。「お願いジュンブライト」初回版のアナザージャケットやメイキング映像にも登場している。

牧野信博

ピアニスト、キーボーディストとして活躍している、由依さんの御父上。作曲家としても活動しているので、そちらで名前を耳にした人も居るかもしれない。
2012年の「ゆらり弾き語りの旅」の最終日、東京公演では親子共演を果たした。
2021年頃、オフィシャルサイトを立ち上げたようだ。

牧野由衣

ファンならやってはいけない誤字。正しい字は牧野由。にんべんを忘れずに。
2012年のゆらり弾き語りの旅で会場になったライブハウスの中には、店頭のボードに「後からにんべんを書き足しました」という様子の依の字が書かれていた所があったとか、なかったとか・・・

松ヶ下宏之

由依さんのコンサートではお馴染みのバンドマスター。いくつもの楽器を演奏するだけでなくコーラスワークにも定評がある。
コンサートではよく「松ヶ下丈(たけ)」なるファッション?を愛着している。

まる投げ放送局

ニコニコ生放送で不定期に配信される動画番組。内容はその時その時で様々。
2012年6月の放送開始から時間が経つとともに放送頻度が少なくなっていき、コンサート直前にグッズ紹介の場として使われるだけというのが2018年あたりの状況。その後、たまにインスタグラムのライブ配信機能を使ってコメントを読みつつの配信をするようになった。まる投げ放送局は自然消滅か?最後のまる投げ放送局は2018年6月6日。

マンスリーイベント

由依さんが2015年8月に迎える歌手デビュー10周年へのカウントダウンとして、2014年11月から毎月一回行われているイベント。毎回違うスタッフが企画を担当している。
カウントダウンと言いながら、2014年11月の【10】から毎月一回では、2015年8月は【1】になってしまう。初めは「ゼロになったら、無くなっちゃうみたいだから」と話していたが、2015年1月のイベントで、カウントダウン【0】としてのライブを2015年8月22日に開催することが発表された。怪我の功名。

  • 2014/11/8 CountDown【10】
    • 「牧野大陸」という情熱大陸風ドキュメンタリー映像、これまでの活動を振り返ったりファンの要望を聞いたりする「牧野総会」。
  • 2014/12/20 CountDown【9】 クリスマスパーティ
    • 絵本「ゆきうさぎのねがいごと」の朗読、「サンタが街へやってくる」と「ユメノツバサ」をみんなで合唱など。
  • 2015/1/24 CountDown【8】Birthday Party「30歳からドンッ!といきます!!」
    • 由依さんへサプライズを仕掛けるため会場と時間は伏せられ、由依さんには「台湾の雑誌のインタビュー」と伝えられていた。由依さんのお母上が密かに提供した幼少期の写真やピアノ演奏映像、ゲスト出演したピアノの先生と親友からのメッセージなど。イベントタイトルは「無事に30歳を迎えるために、29歳になった今から準備をしないと」という意図。しかしよく知っている人以外には、もう30歳になったと誤解される。
  • 2015/2/15 Count Down【7】Valentine's Day Party
    • 妄想バレンタインデート台本に基づく「ここで牧野由依ならどうする」、新曲「88秒フライト」の生歌初披露。ニコニコ動画で中継も行われた。来場者全員、由依さんとの2ショットチェキ撮影会も行われた。
  • 2015/3/15 Count Down【6】White Day Party
    • 「宇宙をかける少女」「山田君と7人の魔女」スタッフの柴宏和さん、ピアニスト・作曲家の滝澤俊輔さんをゲストに迎えて、「牧野由依の良いところを褒める」をテーマにしたトーク。声優、歌手としての活動をよく知る二人からの深い話。ミニライブは「88秒フライト」、「ふわふわ♪」、「春待ち風」の3曲。2月に続いて2ショットチェキ撮影会も行われた。
  • 2015/4/11 Count Down【5】10周年横断ウルトラ牧野クイズ!
    • 由依さんに関するクイズ大会。○×クイズによる予選を勝ち抜いた4名プラスじゃんけんによる敗者復活戦を勝ち抜いた1名で、早押しクイズの決勝戦。チャンピオンには録音機能付き目覚まし時計にその場で由依さんが台詞を吹き込んだ物がプレゼントされた。イベントの冒頭には「スケッチブックを持ったまま」、最後には「ジャスミン」の2曲の生歌もあった。
    • なお出題の方向性は様々。「由依さん初のキャラクターソング"永遠の想い"では作曲を担当した」→×(作詞を担当、作曲は五島良子さん)という普通に知識を問うもの。「由依さん初のリリースイベントが舞浜イクスピアリで行われた年月日は?」→2005年9月??日という重箱の隅を突きすぎて分からないもの。「牧野家の一昨日の夕飯はもつ鍋だった」→×という最早運試しな問題など。
  • 2015/5/9 Count Down【4】Spring Piano Concert
  • 2015/6/3 CountDown【3】 「きみの選ぶみち」リリース当日だよ、全員集合!!
    • 新曲のCD発売日にニコニコ本社で行われたイベント。3月のベトナム、5月のカナダのイベントとその前後の様子をサンドバッグSさん撮影の映像を見つつ振り返った。そして新曲発売日に合わせて、「きみの選ぶみち」メイキング映像を見つつ撮影時の裏話(早朝からの撮影で小雨が降っており、とても寒かった。白い息が出てしまうと口に氷を突っ込まれるのでもっと大変だが、それは辛うじて免れた。スタジオで撮影しているときは暖かいのでほっとしている。など)も語られた。ミニライブで「きみの選ぶみち」、「たったひとつ」の2曲。ニコニコ動画での中継終了後、「Cluster」。さらには会場でのCD購入者対象にアナザージャケットお渡し会が行われた。
  • 2015/7/18 CountDown 【2】夏休みBBQパーティー
    • よみうりランドのバーベキューパークJU-JUを借りてのバーベキュー。由依さんがテーブルをまわりつつのトーク、賞品(写真6枚セット、うち1枚に直筆サイン)をかけてのゲーム大会。
  • 2015/8/2 CountDown 【1】10周年ライブ直前!決起集会!!
    • 最近の海外イベントを、写真を見ながら振り返るトーク。10月に発売されるアルバムの先出し情報を少しだけ。そしてアニバーサリーライブに向けた意気込みと、グッズ情報。最後に「ハチガツノソラ」の生歌。

三浦祐太朗

歌手。由依さんの旦那様。2020年6月12日に結婚を発表した
二人の出会いは2015年、祐太朗さんがパーソナリティを務めるFM NACK5の番組「キラメキミュージックスター」に由依さんがゲスト出演したのが最初で、共通の知人が複数いたことから仲が深まっていったという。この番組は大宮アルシェビルのサテライトスタジオで公開生放送が行われていたので、観覧に行った由依さんファンは知らず知らずのうちに歴史の目撃者になっていたことになる。。。
趣味に関して熱い想いを持っているようで「二次元の嫁は増やすもの」と言っており(由依さん公認)、アイドルマスターシンデレラガールズの橘ありす担当らしい。ペットの黒いトイプードルの名前も「ありす」。

三宅"バスター"亨

ギタリスト。コンサートではバンマス松ヶ下さんと共にコーラスも担当することが多い。
名前の読みは「みやけ"バスター"りょう」さん。「とおる」さんではないので要注意。名前の表記から"バスター"が消えたり、「ミヤケリョウ」と片仮名になったりと、どういう事情か芸名がよく変わる人。
2019年のライブコンサート「What's UP!!!!」では、「夏休みの宿題」の間奏で左手に持った富良野ラベンダーティーのペットボトルで弦を押さえてギターを弾く不思議な奏法(筆者は勝手にペットボトルネック奏法と名付けている)を披露した。

やさぐれ歌姫

「やさぐれた歌姫」とも。2009年11月、鷲崎健さんの番組にゲスト出演した際につけられてしまったあだ名(参考:鷲崎健の超ラジ!ブログ)。由依さんもたまにトークのネタに使うことがある。
(筆者私見:やさぐれている変に気取ったりしない所も由依さんの魅力の1つだと思う。)

山之内涼

サンドバッグS氏の後任として、2015年~2019年頃まで由依さん担当マネージャーをつとめた男性。実は2013年の「Yui Makino Birthday Live ~19860119~」にも物販スタッフ「山ちゃん」として参加していた。マネージャーになったときには筋肉質に変化していたため、「山ちゃん」と同一人物と気づいた人はごく少数、ひょっとすると皆無かもしれない。
「声優マネージャーの養成指南本 声優のマネージャーになる!」という本(一迅社、ISBN978-4-7580-1491-5)では、12ページにわたる由依さんとの対談でマネージャー業の大変さを語っている。

YUI's CLEF

ファンクラブその1。略称「ゆいくれ」。
&u(){詳細の執筆者募集};

由依とゆかいな仲間たち

ファンクラブその2。略称「ゆいふれ」(仲間たち=friends)。2008年5月~2009年3月。「Yahoo!ファンクラブ」のサービス上で運営されていた。その特徴を生かしてブログや会員限定動画メッセージ配信などをしていたが、2009年2月に解散、3月にWebページも消滅した。
(現在はYahoo!ファンクラブのサービス自体が終了している)
それ以降ファンクラブは設立されていない(2022年5月現在)。

ゆらり弾き語りの旅

2012年の3月~4月にかけて行われたツアー。客席と距離が近い小さめの会場で、ステージには由依さん一人で、ほぼ全曲ピアノ弾き語りという、普段のコンサートとは大きく異なる形で行われた。
トークが多めだったり、会場の小ささを逆用してマイク無しのアカペラを聴けたり、終演後にはサイン会をやったりと、盛りだくさんな内容だった。

4色ボールペン

  1. 文具店や100円ショップでよく売られている、シャープペン+ボールペン3色、あるいはボールペン4色が1本になっているもの。
  2. ゆらり弾き語りの旅で販売されたグッズの1つ。シャープペン+ボールペン(黒赤青)が1本になっており、本体色はダークブラウン、白、黄緑、ピンクの4色。株式会社キングジムの「Toffy マルチペン」(2020年現在生産終了)にオリジナルのロゴが入ったもの。
    4色ボールペン.jpg
    ボールペンの芯はボール径0.7mm、長さ88mm。メーカーから替え芯は販売されていないが、三菱鉛筆の「SXR-80-07」が同サイズなので使える(メーカー純正でないので自己責任で)。持っている人は替え芯を利用して、ぜひ長く使ってください。

ロミオ

由依さんのペットのハムスターだったが、既に天国へ旅立った。牧野家のアイドルだった。