胡乱舎猫支店/Jungle Jam

Last-modified: Mon, 03 Jun 2019 23:52:52 JST (307d)
Top > 胡乱舎猫支店 > Jungle Jam

読む Edit

「も…申し訳ありませんっ遅くなりましたっっ」

「おはよう。今日はよろしく」

「おっおはようございます。な…なんか緊張して眠れなくて…起きれなくて…緊急性が高いと聞いたのに遅れて…」

「大丈夫、そこまで急いじゃいないさ」

「ほっ本当に申し訳ありません」

「よし、じゃあ始めよう。そっち側持って」

「こ…ここですか?」

「もっと端。手が丁度かかる所あるだろ?」

「えっ…こ…こ?あれ?」

「いやそこじゃ無理」

「え…と…?」

「落ち着いて、ほらそこ」

「あっ…ここだ!」

「よし、いいかい?じゃあ引きあげるよ、せーの」

ぺりぺりとシールか何かの様に大地が薄く剥されて行く。アマゾン川をほぼ真ん中にして密林が持ち上がる。そこに生息していた生物も、ついでにエコツアーご一行様なんかも皆一緒に。

「おっと、そこたれてるよ。勿体無い」

「わわっすみません」

歪な端をまとめて縛った後に月の横に開いたホールに「それ」を滑り込ませた。

「よし、じゃあ次ね」

「すみません、手際、悪くて」

「いいのいいの、こういうのは経験。すぐに慣れるさ」

「そういうものですか…。それにしてもいい材料が豊富ですね。ここ」

「本当、間にあってよかったよ。汚染し尽くされる前で」

ジャンル Edit

神話仕事異国風刺コメディ

カテゴリ Edit

超短編/その他

この話が含まれたまとめ Edit

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第141回競作「Jungle Jam」 / 参加作

執筆年 Edit

2015年?

その他 Edit

Counter: 107, today: 2, yesterday: 0