胡乱舎猫支店/ほくほく街道

Last-modified: Wed, 26 Jan 2022 23:52:15 JST (112d)
Top > 胡乱舎猫支店 > ほくほく街道

読む Edit

 「そんな名前ついてたっけ?」

 左折の時、表示板を二度見した。いつも通る道なのに全然気づかなかった。まあそんなもんかもしれない。

 「街道って街中通ってるイメージだけどこんな山奥にもあるんだ。字面に騙されたな」

 ついつい独り言。

 「ねぇ、カフェ寄ってかない?海岸沿いの」

 「え?」

 サイドシートからの提案に驚く。

 「そろそろいい時間じゃない?テラスで太陽が海に沈むの見ようよ」

 遠くに建物が見えて来る。多分あれがそうなんだろう。波音が聞こえる。右側に夕暮れに染まりかけの海が広がっていた。いつの間にか開いていた窓、湿った潮風が纏わりつく。左側は見れないまま車を走らせていた。…一体…ココは一体…何処…なんだ?隣にいるのは…コイツは誰…なんだ?

ジャンル Edit

怪談ドライブ夕方こいつ?

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第185回競作「ほくほく街道」 / 参加作

執筆年 Edit

2021年?

その他 Edit

Counter: 53, today: 1, yesterday: 0