よもぎ/衝撃30

Last-modified: Thu, 20 Aug 2020 23:01:12 JST (430d)
Top > よもぎ > 衝撃30

読む Edit

祖父・洋次郎88歳。昭和21年8月生まれ。祖父の日課。昼間はうとうとしている。日が暮れる頃になると自室に籠る。白い手袋をはめる。ラックから1枚の擦り切れたLPレコードを取り出す。レコードジャケットをしみじみと眺める。ジャケットから薄いビニール袋に包まれたレコード盤を取り出す。スプレーを薄くかけクリーナーで溝にそって一点の曇りもないように丹念に拭き取る。盤にホコリをつけないよう注意しながらプレイヤーの上に乗せる。そっと針を落とす。じじじじじ...微かなノイズの後、コーンを震わせ大音響が鳴り響く。


お おおお おおおおお なに なに これ スゲェ 凄ぇよ

おぉ なに何 この音 どうなってんの これ おお カッチョえぇ 

おおぉ なんか 熱い 熱いぜ この リズムが また 

ちくしょっ 頭が 体が 勝手に なんか うひゃ キモチいい

スゲェ 凄ぇよ こんな 音楽が あったの か うぉお おおおお


祖父は、生まれて初めてあのレコードを聴いた夜を毎晩のように繰り返す。

家族の顔はもう覚えていない。

ジャンル Edit

音楽幸福?レコード?老いオノマトペ祖父

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第34回競作「衝撃」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 80, today: 1, yesterday: 0