よもぎ/嘘泥棒

Last-modified: Wed, 13 Jan 2021 23:10:43 JST (284d)
Top > よもぎ > 嘘泥棒

読む Edit

公園のベンチに真っ赤な携帯電話がぽつり。忘れ物かと手に取ると着信音。慌てて出てみると女の子の声。

「おじさん、そのケータイでとってみて」

そしてプツリと通話は切れた。とる?撮る?私は携帯をフォト機能にしてかざしてみた。私の前を夫婦らしい二人が横切った。

「でな、今度の土日は泊まりで接待ゴルフなんだ。すまんな」

カシャ。携帯がひとりでにシャッターを切った。すると

「でな、今度の土日は部下のミユキと一泊旅行だ。うひひ」

男はそう言い換えていた。女はみるみる声を荒げ二人はケンカになってしまった。なんだ?これは?私は公園の人々に携帯を向けた。若いカップルは

「遅れてごめん。渋滞に巻き込まれて」

カシャ。

「あーあ。約束なんてすっかり忘れてたし」

人待ち顔だった女性は男をひっぱたいた。立ち話の主婦は

「可燃ゴミの日に袋に入れてテレビを捨てた人がいるのよ」

「困った人がいるわね」

カシャ。

「自分が捨てたなんて言えないわ」

二人の主婦は顔をひきつらせた。なんだ?この携帯は?

帰宅し、妻や娘にも真っ赤な携帯を向けようとして・・・やめた。怖い。そのとたん着信音。

「なんだ、もうおしまい?じゃバイバイ」

そう言うと、真っ赤な携帯電話はドロンと消えた。

ジャンル Edit

日常ホラー公園写真?オノマトペ??わたし

カテゴリ Edit

超短編/ア行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第96回競作「嘘泥棒」 / 参加作

執筆年 Edit

2010年?

その他 Edit

Counter: 78, today: 1, yesterday: 0