よもぎ/円

Last-modified: Thu, 17 Jun 2021 23:25:38 JST (126d)
Top > よもぎ > 円

読む Edit

四角いメガネ、二本足をした円は、仲間を探す旅に出ました。

あるとき、門に会いました。門は「我輩は、確かに君と同じ二本足である。だが、この細くて知性的な目が君とは違うのである」と偉ぶって言いました。円はたじたじとその場を離れました。

あるとき、巴に会いました。巴は「アタシは、たしかにアナタと同じ四角いメガネ。でも、そんなガニマタの二本足じゃないわ」と言いました。そこへ、ポニーテイルをした色がやって来て、巴と色は二人でニョロニョロと行ってしまいました。

円はひとりぼっちで悲しくなりました。そこへ、ほっそりとした月が通りかかりました。少し自分と似ている気がしました。けれどもこんな美しい人と仲間になれるとは思えません。ところが月は「あら、あなた、私とそっくりね」と微笑みました。「ぼくはあなたのようにスマートではありません」円はうつむきました。月は優しく笑って「またお会いしましょうね」と言いました。円は、それから毎晩、月がやってくるのを待ちました。月は、夜ごとにふっくらとしていき、やがて満月になりました。自分が円でよかった。円はそう思いました。

ジャンル Edit

童話漢字?トポロジー?数字あなたわたし

カテゴリ Edit

超短編/ア行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第137回競作「」 / 正選王

執筆年 Edit

2015年?

その他 Edit

Counter: 46, today: 1, yesterday: 0