よもぎ/ひつじの春

Last-modified: Wed, 15 Jul 2020 23:13:54 JST (28d)
Top > よもぎ > ひつじの春

読む Edit

除夜の鐘を数えていたら、ひつじがごぉんと夢枕に飛んだ。ごぉんごぉんとひつじは群れて108匹のひつじは1かせの毛糸だまになった。それがみるみる東の空へ、あたりを朱に染め初日の出。ご来光に手を合わせ今年もひつじでありますようにと願う。すると、めえと一声あげておひさまはパカリと割れた。中からは「謹賀新年」の垂れ幕と金銀あかねのぼたん雪。手の平にふわりのひとひらが「まちびとひつじ」と告げたので、手紙結びにして食べた。春になったら会えるよね。ひつじはもうすぐそこ。

ジャンル Edit

一行作品正月??数字オノマトペコメディ

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第1回自由題 参加作

執筆年 Edit

2003年?

その他 Edit

Counter: 21, today: 1, yesterday: 0