まつじ/INU総会12

Last-modified: Thu, 12 Aug 2021 23:35:17 JST (72d)
Top > まつじ > INU総会12

読む Edit

 選んだ覚えのない代表たちが何か話しあってるらしいよのようなことを、鼻を鳴らして伝え合うゴロツキたちは、おれたちには関係ないもんねの脚取りで街をゆく。

 うー。うーうー。

 わん。わんわんわわん。

 ばうわう。ばう。

 わふわーふ。

 がふう。がふ。

 もん。んもん。

 うーふ。うっふうっふ。

 さる筋からの情報を得て潜入に成功したのはいいけれど、生まれが異なるというかそもそも吠える内容がちんぷんかんぷん。同じく潜伏中のネズミと目が合い会釈するものの、あちらにはうまく理解できてるのかしらんと疑念は尽きない。とはいえ捕らえられ、ぶたれないだけ幸運か。

 やにわに遠吠え、遠吠え、遠吠え。重なる遠吠え。遠吠えと遠吠えが柱になって、しん。脚音もなく雲隠れ。

 様子を見る。帰るまでが任務。ぐっばい、ネズミ。猫は居ぬか。

 上司とふらり街を歩きながら、何が決まったんだか分からなくて怖かったねとけらけら笑っていると、ゴロツキ犬と目が合い会釈を交わす。

ジャンル Edit

コメディゴロツキ?オノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/その他

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第182回競作「INU総会」 / 参加作

執筆年 Edit

2021年?

その他 Edit

Counter: 34, today: 1, yesterday: 0