まつじ/引き算14

Last-modified: Tue, 10 Nov 2020 22:20:26 JST (1204d)
Top > まつじ > 引き算14

読む Edit

世界はもうずっと前から終末に向かっていた。

いつからか何も生まれることがなくなり、ひとつひとつ、一人一人が、姿を消して、ゆっくりと数を減らしていった。

減ることだけが定められた世界は、零に向かって緩慢に進んでいた。

もはや友人も肉親も消え、昨日、飼っていた猫が突然目の前で消えた。

間もなく私も消えるのだろう。

終末世界想像していたよりずっと静かで、何もなかった。

目の前でまた、椅子が消えた。

電柱が消え、車が消え、雲が消え、最後に残った石ころが一つ消え、


それから宇宙は収縮し、後には何も残らないが、そのとき別の宇宙がどこかで生まれ、あなたが生まれたことを、あなたは知るよしもない。

ジャンル Edit

SF終末生命昨日宇宙数字あなたわたし

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字心臓 / 第36回競作「引き算」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 314, today: 1, yesterday: 0