まつじ/そこだけがちがう19

Last-modified: Wed, 09 Jun 2021 23:54:03 JST (138d)
Top > まつじ > そこだけがちがう19

読む Edit

 きみはいま月をみている。雲のない星のふゆぞらに、今日はとてもまるくあかるく光っている。月のまわりはぼんやりとしろく空のいろをかえていて、なんとなく、はくぎんというのはこういういろかもしれないと思っている。きれいな月。しろいいきをはきながらなぜかきみはひとりで夜道にたたずんで、ぼくのことを思い出している。

 ぼくときみはおなじ年、おなじ町でうまれた。ちいさいときから仲がよかった。ふたりで近所のおばさんにしかられた。きみんちのおばちゃんが作ってくれたごはん、なんていうのかいまでもわからないけどおいしかった。そうやっておなじものをならんで食べたりした。そのうち、べつべつの道をすすんで、いっしょにいることもすくなくなってぼくは、町をでた。たまにふたりで会ったけど、さいきんはずいぶんみていない気がする。

 ぼくはいま月をみている。雲のない星ぞらに、ちょうど、とてもまるくあかるく光っている。そうだね、はくぎんというのはこういういろかもしれない。きみはあしたも月をみるだろうか。こんなにきれいな月をおなじ町でふたりでみられたらよかったけれど。ぼくもひとりだ。こっちもさむいよ。だだっぴろい宇宙にほうりだされて。

ジャンル Edit

SF宇宙孤独

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第54回競作「そこだけがちがう]」 / 参加作

執筆年 Edit

2005年?

その他 Edit

Counter: 54, today: 1, yesterday: 0