まつじ/ごはんが食べられない

Last-modified: Tue, 22 Jun 2021 23:11:13 JST (1124d)
Top > まつじ > ごはんが食べられない

読む Edit

 他に何もないので白米を茶碗によそって食べていたら、米が一粒飛び出した。

 私が飛ばしたというのではなく、勝手に飛び出して自分で茶碗の縁に立った。立ったと言うからには二本足であるのか米が米なのにと問われればまったくその通りで、よく見なければわからないほど短くて糸のように細い足で思いのほかしっかりと立っているのだ。

 何やら言っているようだが、いかんせん声が小さく、聞こえそうで聞こえない。

 ああ、ぴょこぴょこ跳ねて何か言っている。

「こらー、お前、この、おそろしい、ひどいやつめ、こらー。」

 顔を近付けると、彼は必死で抗議をしていた。叫んでいるようなのが、どうしてもそう聞こえない。

「このー、よくも、食べたな、こらー、返せー、仲間を、返せー。」

 聞くと、真面目も真面目の大真面目で怒っているようだが、どうも愉快だ。

 シャリが怒っている。シャリ君、憤怒。

 などと思っていたら

「こらー、ばかにすんなー、この、ひどいやつめ、このー、悪党、しかし、残った仲間だけでも、とう、オレが、まもるッ。」

 言うや否やまた茶碗の飯に飛び込んだ。

「まもるッ。」

 美味そうな白米のどこからか彼の声が小さく聞こえる。

 まいったな。

ジャンル Edit

?ご飯コメディ?わたし

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字心臓 / 第22回自由題 / 参加作

執筆年 Edit

2005年?

その他 Edit

Counter: 328, today: 1, yesterday: 0