まつじ/あなたと出会った場所

Last-modified: Sun, 04 Sep 2022 23:50:53 JST (543d)
Top > まつじ > あなたと出会った場所

読む Edit

 恋の話をしていた。

 好きなひとがいるの、と言ってしまうと根ほり葉ほり聞かれそうなので止す。厄介なのだ。

 持ち主のいなくなった家の荷をまとめている中に、父のものだろうか、母のものだろうか、ひとつの上製本があったのである。表紙は褪せ、わたしより少しおとなに思える。 そっと、鞄にしまった。

 帰りの電車で、居間で、布団で、バスを待っている間、休憩中、文字が言葉になって流れ込んで、わたしを揺らす。そうするとまた、段段に、もっと震わされるようになる。

 あなたを「ひと」と言っていいのかは、悩ましい。出会いを尋ねられたとして、そこはかつての実家のようでもあるし、触れることのできない場所のようでもある。わたしあなたを知ったのは、電車のボックス席で、居間で、布団で、バス停で、会社のデスクで、それから、それから、それから。

 本を閉じて、人差し指で、その背をなでる。

 ここにいるようで、ここにいないあなたをなでるように、指先で触れる。

 恋の話をしている。

ジャンル Edit

恋愛愛撫?あなたわたし

カテゴリ Edit

超短編/ア行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字心臓 / 第125回競作「あなたと出会った場所」 / 参加作

執筆年 Edit

2013年?

その他 Edit

Counter: 168, today: 1, yesterday: 0