胡乱舎猫支店/クスクスの謎

Last-modified: Wed, 12 Jun 2019 23:55:33 JST (41d)
Top > 胡乱舎猫支店 > クスクスの謎

読む Edit

眠れないままの朝、まだ薄暗い窓の外を見ると道路に白線が引かれていた。

いや白じゃない黄色…?ぽい。

近寄って見るとわかった。ああコレ、多分ウワサの。

写真でも見た事あるけど実物は初めて見た、そうアレだ。きっと。

どこまで続いているんだろう?

地平線までとかならカッコいいけどここにはそんなもの無いし、途中まで追いかけて面倒になってやめた。ほんと、どこまでだよ?

もうずーっと昔からあると言うかやっていると言うか。一説によると旅立つものが帰るための道標に撒いて行くとか。ほら、童話だかなんかでパン屑とか巻いたみたいに。

でも結局、鳥や動物なんかに食べられたり、掃除されたりして昼頃には無くなってしまうらしい。

ま、そりゃクスクスだもん。


そろそろ眠くなって来た、帰ろう。

ジャンル Edit

ファンタジー動物色彩アレ?

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第144回競作「クスクスの謎」 / 参加作

執筆年 Edit

2015年?

その他 Edit

Counter: 39, today: 1, yesterday: 0