胡乱舎猫支店/お願いします

Last-modified: Thu, 30 May 2019 00:01:58 JST (55d)
Top > 胡乱舎猫支店 > お願いします

読む Edit

台風一過。屋上で眺める空は晴れ渡って濃い夏の色。月並みだけれど吸い込まれそうだ。うん、一年前に君がうっかり飛んでしまったのが納得できる。

その日置き去りにされた靴があった辺りにいると「お待たせ!」と君がやって来た。最後に会った時と変わっていないね。薄手のジャケットを脱いだら、しゅるんと生えた翼以外は。「上級者」は伸縮自在になるって本当なんだ。

「ふっふっふっ、いいよぉ涼しくて」背中に開けた服の穴を見せながら得意げに言う。少し陽に焼けた翼は綺麗に整った形で、まだ不格好な自分のとは大違いだ。

つい無口になったら「キミが同じになってくれてうれしい。」なんていきなり真顔で言い出すから「お…遅かれ早かれ皆なるよ」と返してしまった。

うん、相変わらず気のきいたことは言えない。

「そろそろ、行こっか?」君が切り出した。

「うん。」

「あ、靴は脱がなくていいよ。」

「…そういえば何で脱いで行ったの?」

「なんとなく。飛ぶのにいらないかなって」

「後で困っただろ?」

「困った…ついでにキミは片付けてくれちゃったし。」

「ええ?ごめん…そんなつもりじゃ…」

「よし、行こう!見本みせるね。」

「お願いします。」

フェンスに手をかける。

ジャンル Edit

青春?飛ぶ

カテゴリ Edit

超短編/ア行

この話が含まれたまとめ Edit

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第140回競作「お願いします」 / 参加作

執筆年 Edit

2015年?

その他 Edit

Counter: 33, today: 1, yesterday: 0