空虹桜/ちと不条理

Last-modified: Thu, 25 Jun 2020 00:27:15 JST (43d)
Top > 空虹桜 > ちと不条理

読む Edit

 怖いか怖くないかで言えば、怖い。というか、怖くない方がどうかしてる。でも、煙草は止められん。iQOSにしたんだから、神様とやらがいるのなら、ちょっとぐらい酌量してくれや。

 そんなことを考えながら空を眺めていたが、いい加減寒いので事務所へ戻る。抜けるように青い空と北風。寒さも怖さも見せたら負けだと思うし、マスクは嫌いだ。息が詰まる。

 小さなビルの小さなエレベータ。駆け込んできた小太りは、しかし、明らかに俺より小さくて、きっと軽い。憂鬱。

 上がった息。口で行われる呼吸。世界が俺を殺しに来てるという強迫観念。ソーシャルデイスタンスだか、ディスタンシングだかな2mはとっくに侵略されて、息を止める。あとワンフロア・・・!

 転げるように廊下へ出る。なにも無かったようにエレベータが閉まる。事務所までの短い廊下。

 嫁も娘もいる。もしかしたら、団信降りて住宅ローンは返済できるかもしれんが、俺のいない家族の団欒は釈然としない。脂肪と糖で出来てるんだ。肉体ってヤツは。血圧や血糖の上振れぐらい誰にだってあるだろ。肝臓がフォアグラだって、肺が黒くたって、俺なら生き延びる。生き延びられる。ドアを開ける。

 あっ!息が詰まるって、弱み全開じゃねぇーか。

※初稿につき、最終稿はこちら

ジャンル Edit

リアルタバコエレベータ?神様?呼吸?COVID-19

カテゴリ Edit

超短編/タ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

書き下ろし

執筆年 Edit

2020年?

その他 Edit

Counter: 62, today: 1, yesterday: 1