空虹桜/きっと悪い人ではない

Last-modified: Thu, 25 Jun 2020 00:31:08 JST (160d)
Top > 空虹桜 > きっと悪い人ではない

読む Edit

「そこの黒髪短髪中肉中背の白Tシャツ!お前だ。お前!!」

「ん?えっ?俺?俺ッスか?なんッスか?おまわりさん」

「お前、マスクはどうした」

「ついさっきまで、熱射病になりかけたからコンビニでいたんッスよ」

「だからどうした」

「いや、そん時外したマスク落しちゃって」

「逮捕だ!この非国民め!!」

「え?たしかに自民党嫌いですけど、天皇陛下は好きッスよ」

「五月蠅い。言い逃れするな」

「だいたい非国民って」

「民度の高い日本人のクセに、新宿駅前でマスクをしないのは非国民に違いない。国家反逆罪で逮捕だ」

「うわっ。なに言ってるかわかんね」

「詳しいことは派出所で聞くから」

「おまわりさん、日本語通じてますかぁ?」

「貴様、本官を侮辱するのか!」

「『本官』とか、2時間ドラマだけと思ってた」

「国家反逆罪に公務執行妨害。現行犯で逮捕する」

「うっそー。マジ手錠?ありかよ。そんなの」

「逮捕だ逮捕!」

「君。君。そこの警官コスの君」

『えっ?』

「騒ぎってから来てみたら、君、『マスク教』だね?」

「チッ!」

「困るんだよねぇ。そういうことされると。ちょっと、書類作るのに協力してもらえるかな?」

※初稿につき、最終稿は後日公開。

ジャンル Edit

コントSF風刺アウトサイダー警察?宗教?マスク?COVID-19

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

書き下ろし

執筆年 Edit

2020年?

その他 Edit

Counter: 43, today: 1, yesterday: 0