海音寺ジョー/旅の終わり

Last-modified: Wed, 24 Jun 2020 23:48:38 JST (122d)
Top > 海音寺ジョー > 旅の終わり

読む Edit

 20年ぶりに故国に帰ってきた。

 トランクはボロボロだが、すでにこれは5回買い換えてる。日本を出て行った時、持参した荷は何一つ残ってない。消耗したり盗られたりで全部入れ替わっていて、同じなのはこの身一つだ。

 老父母は何も言わず迎え入れてくれた。実家も10年前に引っ越していて、まるで知らぬ家に泊めてもらっているみたいだ。ステンの浴槽に胴体を沈め、その嵩を確認しながら今までの流離はこの湯船でまどろみながらみた夢だったのではないかと強い疑心が湧いてきた。

 疲れが眠気を誘う。しかし。しかしだ。俺は空をつかむように、右手を前に突き出す。

 

 唯一の確かな事実は、まだ俺がここにいてくたばっちゃいないってことだ。

 トランクの底には巡った地で撮った32葉の写真が突っ込まれている。俺は明日、これらを友に送ろうと思った。

ジャンル Edit

ハードボイルド写真?明日?数字オノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/タ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

選評/感想 Edit

初出/概要 Edit

7文字でつながる連作超短編を書こう! 2015」掲載作

執筆年 Edit

2015年?

その他 Edit

Counter: 326, today: 1, yesterday: 0