海音寺ジョー/シンクロ

Last-modified: Wed, 15 Mar 2017 23:15:42 JST (1176d)
Top > 海音寺ジョー > シンクロ

読む Edit

 ボリビアの首都・ラパスは周りを高山に囲まれてて、まるですり鉢の底にあるよう。夕闇が辺りを覆うと、山壁に建てられた町々が明かりを灯し、ラパスの全体がネオンで覆われる。視界をはるかに越える360度の外灯のきらめきが壮烈に綺麗で、高山病の吐き気の苦しさを一瞬忘れ、ぼくは絶景に心を奪われる。


 地球の裏側、日本にいる君に今この瞬間の、この無尽蔵の光のパノラマを見せたい。


 そう思ったとき中央広場(セントロ)のベンチの、ぼくの隣りに座っていた老人が手風琴を鳴らした。『コンドルは飛んでいく』という曲。そのメロディが流れるのと全く同じタイミングで停電がおき、外灯が明滅した。あまりにもリズムが合っていて、ぼくは一つの確信を得た。


 街という物語は寓意に満ちている。貧しさも内紛も軍事政権もどうでもいい。老人はぼくにウインクして、ぼくは笑みを返しチップなら弾むさ!と日本語で言った。

ジャンル Edit

異国音楽数字?

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第87回競作「シンクロ」 / 参加作

執筆年 Edit

2009年?

その他 Edit

Counter: 154, today: 1, yesterday: 0