よもぎ/鈴木くんのモロヘイヤ

Last-modified: Thu, 13 May 2021 23:48:52 JST (33d)
Top > よもぎ > 鈴木くんのモロヘイヤ

読む Edit

独身寮のワンルーム。ボクは風邪で寝込んでいた。

同期の鈴木くんが小さな土鍋を持ってやってきた。

「具合どう?おかゆ食べる?」

鈴木くんありがとう、と、フタを開けると土鍋の中はいちめんみどりのドロドロネバネバ。なにこれ。

「やっぱ、食べたことないかぁ、モロヘイヤだよ」

風邪をひくと母さんがいつも作ってくれてたんだ、と鈴木くんは笑った。

みどりのネバネバペーストの下は真っ白いおかゆ。混ぜて食べるとほんのり塩味と優しいのどごし。ボクはあっという間にたいらげた。

「大丈夫そうだな」

おとなしく寝ろよ、と鈴木くんは自分の部屋へ帰っていった。ボクはすぐに眠りにおちた。

夢をみた。

鈴木くんが料理をしている。ストトトト、あ、モロヘイヤを刻んでいるの、と手元を見ると、鈴木くんが刻んでいるのは、自分の指先!まな板の上は血みどろ、じゃなくてみどりのネバネバ。(す、鈴木くん、それがモロヘイヤ?)それがモロヘイヤだって?ちがうよ、僕がモロヘイヤだよ、と笑う鈴木くんの髪も指も顔も緑色の葉っぱがざわざわさわさわ。うわあぁああ。

目が覚めた。

あれ以来、鈴木くんの指先をかじってみたくてしょうがない。

ジャンル Edit

コメディ?ご飯寝る??オノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第128回競作「鈴木くんのモロヘイヤ」 / 参加作

執筆年 Edit

2014年?

その他 Edit

Counter: 35, today: 1, yesterday: 0