よもぎ/金属バット

Last-modified: Thu, 24 Sep 2020 23:23:35 JST (28d)
Top > よもぎ > 金属バット

読む Edit

キン。と音を立てて白球が夕暮れの空に吸い込まれていく。

買い物袋を下げたまま、ふと金網越しにグラウンドを覗く。

キン。バットの放つ小気味よい金属音が呼び起こす遠い日の。

あの頃の私は生活に疲れた主婦などではなく。

キン。白球を追うかけ声が記憶にこだまする。

あの時もこうして金網越しに彼を見つめていた。初恋の。

キン。ボールの重みが一瞬にして弾け飛び現実にぶつかる。

結婚という生活はぬるく苦く澱んで重なり。目眩が。

キン。キン。キン・・・。

繰り返される打撃音。夫の背後に迫る自分がよぎる。夕闇がじわりと潜む。

キン!ひときわ高く弧を描いてボールが飛んでいった。

ハッと我に返る。

今晩は枝豆をゆでておこう。

ジャンル Edit

日常夕方買い物?野球オノマトペ?わたし枝豆?

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第39回競作「金属バット」 / 正選王

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 40, today: 1, yesterday: 0