よもぎ/踊る

Last-modified: Thu, 16 Jan 2020 00:55:06 JST (4d)
Top > よもぎ > 踊る

読む Edit

赤い靴をはいた娘は踊っていた。

踊ってばかりいたその報いに、赤い靴は脱げなくなり、

娘は食べることも眠ることもなく、踊り続けていた。

不思議と娘は倒れることも死ぬこともなく、

恍惚とした笑顔でただ町中を踊り回った。

踊る娘を初めは気味悪く思っていた町の人々も、

いつしか『蝶々が飛んできた』という程度に見慣れてしまった。

怖れのない目で見れば、娘の踊りのなんと素晴らしいことか。

時に力強くしなやかで、時に軽やかで愛らしい。

踊る娘は、けしてつまづいたり、転んだりしなかったけれども、

やはり危なかろうということで、娘のためにガラスの円形劇場がつくられた。

娘はガラスの舞台で踊りつづけ、踊る娘は町の名物となった。

町には遠くからも見物客が訪れ、『踊る娘の町』として大変に栄えた。

しかし、報いは報いだったのである。

娘は死ななかったが、確かに年老いていた。

娘がフケていくのにつれて、町はどんどん寂れていった。

やがて、町は廃虚となり、

赤い靴をはいた老婆だけが今日も踊っている。

ジャンル Edit

ダンス??老い

カテゴリ Edit

超短編/ア行

この話が含まれたまとめ Edit

選評/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第19回競作「踊る」 / 参加作

執筆年 Edit

2002年?

その他 Edit

Counter: 14, today: 2, yesterday: 2