よもぎ/衝撃8

Last-modified: Thu, 13 Aug 2020 23:24:06 JST (44d)
Top > よもぎ > 衝撃8

読む Edit

公園に散歩に出かけた。愛しあう二人をみかけた。二人は固く抱き合ってキスを交わしていた。二人は唇から溶けだして、二人の顔はひとつの白い塊りになり、二人の体はひとつの黒い塊りになり、二人の塊りはベンチに溶けていった。私の体も地面や木や草に溶け、二人も私も噴水もゴミ箱も夕日も境界線を失った。私は世界とひとつの塊りになり、目も眩む幸福感で満ち溢れた。そして戦く。私がこんなに幸せであってはいけない。私がこんなに幸せであるはずがない。

私は部屋に逃げ帰って茶わんを洗った。

ジャンル Edit

幸福?生命逃げる?わたし

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第34回競作「衝撃」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 32, today: 1, yesterday: 1