よもぎ/落ちる!25

Last-modified: Thu, 25 Jun 2020 00:41:38 JST (160d)
Top > よもぎ > 落ちる!25

読む Edit

 落ちる!その瞬間、目が覚めた。ワタシはホッとしてベッドから起き上がる。トイレに向かう。ドアを開け1歩踏み出す。床がなかった。落ちる!その瞬間、目が覚めた。ワタシはハッと辺りを見回す。満員電車の中、ワタシは誰にも見られていなかった。駅に到着する。人の流れに乗って階段を降りる。後ろからドンと押される。落ちる!その瞬間目が覚めた。心臓がバクッと大きく拍動する。会議中、ワタシはさもメモをとっていたかのように手を動かす。意見を求められる。冷や汗の発言。どうにかしのぎ湯飲みに手をのばす。すべった。落ちる!その瞬間、気がついた。私は気持ちのいい潮風に吹かれていた。沁みるような青い海と白い波が目の前に迫ってくる。靴は崖の上に揃えておいてある。

ジャンル Edit

一行作品コメディ?色彩走馬灯?わたし

カテゴリ Edit

超短編/ア行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第30回競作「落ちる!」 / 参加作

執筆年 Edit

2003年?

その他 Edit

Counter: 55, today: 1, yesterday: 0