よもぎ/河童

Last-modified: Sun, 25 Apr 2021 23:43:18 JST (182d)
Top > よもぎ > 河童

読む Edit

会えなくなるね、と差し出された少年の右手。少女はその手を握りしめると、ぎゅんと全速力で走り始めた。引きずられて少年も走り出し、二人に笑いがこみ上げて、涙目で大笑いしながら走り続けて、やがて大川の橋の上に来たかと思うと、欄干を乗り越えて川へドブン。水の中で抱き合い、泣きながら微笑みあって、流れていった先は大きな淵。少年少女を岸にひきあげてぎゅっと抱きしめた。

ヒトの国で待ってるよ。

少女は怒ったような顔で少年をふりほどき、岸に生えていたシダの葉を一枚とると、ふんっと無造作に手渡した。少年はそれを大事に受け取り、その葉で自分の頭をなでると、しゅうぅと人間の男に化けた。少女は、男をもう一度ぎゅっと抱きしめると、もうふりかえらず淵へ飛び込んでいった。真新しいスーツの男はフウと息を吐くと、国道へ続く細い道をガシガシと上っていった。

ジャンル Edit

ファンタジー妖怪大人植物泣く少年少女オノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第121回競作「河童」 / 参加作

執筆年 Edit

2013年?

その他 Edit

Counter: 123, today: 1, yesterday: 0