よもぎ/引き算

Last-modified: Wed, 09 Sep 2020 22:19:57 JST (413d)
Top > よもぎ > 引き算

読む Edit

ああ今夜はこんなに月の明るい晩なのに俺は死にもしないで飲んだくれている。

きっと今頃花の下は死に場所求める人の群れがぞろぞろ歩いているだろう。

誰れも彼れもうっとりと酔ったような顔をしてそぞろに歩いているだろう。

花の根元に吸い込まれ人が霞んでいなくなる。ひとりひとりと減っていく。

それでも人は気づかずに天を仰いでぽっかりと丸い口あけ歩くだろう。

降りみ降らずみ花びらとうすむらさきの月光を喉の奥へと注ぐだろう。

月すら消える夜明けには虚ろがそこにあるばかり。

残りは赤い薄闇と酒に溺れた俺ばかり。

ジャンル Edit

アウトサイダー歩く?

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第36回競作「引き算」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 79, today: 1, yesterday: 0