よもぎ/予感

Last-modified: Thu, 16 Jul 2020 23:03:06 JST (74d)
Top > よもぎ > 予感

読む Edit

 その音を聞くと、こめかみに甘い痛みが走る。眉間にしわを寄せ目を細める。音が胸に肩に腕に足にからみつき、否応なしに過去へ落ちていく。無性に誰かに会いたくなる。誰かわからない旋律に吐きそうになる。人恋しいくせに人の中へ出ると身じろぎも呼吸もできないのはわかっているのに。春から夏へ、萌黄と薄紅の点描が光の粒で揺れ動き、世界は生の律動に満ちているというのに。その音の調和が自分と自分でないものの境界線を曖昧にさせる。ゆらりと目を細める。それはあの人の表情の真似だったと気づく。

ジャンル Edit

一行作品?色彩生命孤独

カテゴリ Edit

超短編/ヤ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第6回自由題 参加作

執筆年 Edit

2003年?

その他 Edit

Counter: 19, today: 1, yesterday: 0