まつじ/食13

Last-modified: Mon, 05 Apr 2021 00:25:35 JST (205d)
Top > まつじ > 食13

読む Edit

お腹が減った。

けれど食べる物がない。

金も、ない。

お腹が減った。

目の前にゲーム機がある。

…。

食べられるだろうか。

いや、この世に食べられない物などないはずだ。

そうだ、食べられる。これは食べられる物だ。

ぼくはゲーム機のコントローラを手に取った。

食べられる。

そっと歯をあてると、硬い。

ゆっくりと顎の力を強くした。

これは、食べられる。

唐突にコントローラが口の中で砕けると、ぼくは勢いにのってそのままそれにかぶりついたむしゃぶりついた。

うまく噛みきれないところがある。

だけど大丈夫だ。噛みきれなかったら飲んでしまえばいいんだもの。

ごくり。

結局、部屋のテレビまで食べてしまった。

お腹いっぱいだ。もう食べられない。

食休みに、四角くなった腹を天井にむけて寝転がった。

ああ、まいったな、テレビが見られないや。

ジャンル Edit

ご飯リアル噛む?コメディオノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/サ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第45回競作「」 / 参加作

執筆年 Edit

2005年?

その他 Edit

Counter: 287, today: 1, yesterday: 0