まつじ/金属バット10

Last-modified: Thu, 03 Dec 2020 23:34:14 JST (324d)
Top > まつじ > 金属バット10

読む Edit

あの時ぼくは高く遠くに上がった打球が捕れなくて、ボールは高い繁みの中に姿を消した。向こうで聞こえる歓声を背にして、ぼくは慌てて後を追う。

誰かがぼくの名前を大きな声で呼んでいる。後ろの方であがる歓声。球の見つからない繁みから覗く土。地面に無造作に捨ててある金属バット。変にひしゃげたその先端と、俯せに倒れている人。生い茂る緑の葉に鮮やかに散った赤い色。遠くでぼくを呼ぶ声が聞こえる。

鈍い音が鳴って、今、僕は同じ場所に立っている。僕が殴った彼はもう二度と目を覚まさないだろう。僕は突然恐ろしくなって、その場に凶器を捨てて走り出した。

逃げながら、明日の草野球の試合のことを考えた。四回の裏、ピッチャーの放った球は完全に真芯で捉えられ、打球の消えた繁み、俯せの死体、赤く濡れた草、遠くで聞こえる歓声、先のひしゃげた凶器。

それはさっき僕が捨てた金属バットで、きっとそれをあの時のぼくが拾うのだろう。

気が付くとぼくは空高く上がった打球を追いかけていた。

ジャンル Edit

クライム野球生命子ども

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第39回競作「金属バット」 / 参加作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 91, today: 2, yesterday: 0