まつじ/生38

Last-modified: Mon, 17 May 2021 23:13:44 JST (163d)
Top > まつじ > 生38

読む Edit

 特にすることがなくて、怠い夏だった。

 垂れ流していたテレビでは、ラーメン特集がやっていた。

 好きだね、ラーメン。

 なんて誰にともなく思ってみたりする。

 ラーメンか。

 腹が減ったな。


 中身のない冷蔵庫を開いて、生ラーメン、とプリントされた袋を手に取った。

 唐突に、生がそんなにえらいのか、と思った。

 生ラーメンとか生ソバだとか、どうしてかメン類しか出てこないけれど、うちで炊いた米だって生米(なままい)だし、野菜いためだって生野菜いため、変だけど確かに生野菜いためなのだよな、それがフツウなのだよなと、立ったままひとりで考えをめぐらせていた。

 あけっぱなしの冷蔵庫から、つめたいくうきがながれてきた。


 

 つくえの上に置いたラーメンの袋を、しばらく見ていた。

 これはほんとうに生といえるんだろうかとか考えていた。

 ボーっとしていただけかもしれなかった。

 そうやって見ていたら、袋のうえの生という字が、なぜか墓みたいに見えた。

 外で、大勢のセミがやかましく鳴くのが聞こえた。

ジャンル Edit

リアルご飯ラーメン??生命

カテゴリ Edit

超短編/ナ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第51回競作「」 / 参加作

執筆年 Edit

2005年?

その他 Edit

Counter: 66, today: 1, yesterday: 0