まつじ/化石村

Last-modified: Tue, 27 Jul 2021 23:27:31 JST (92d)
Top > まつじ > 化石村

読む Edit

 自然現象だよ、と事も無げに言われても参ってしまう。不自然だもの。どちらかと言えば超常現象の類じゃないのか。

 と思う僕をよそに彼の説明は続くのだった。

「だから、たとえば、こう、のっしのっしと君の上に堆積します、で、まあ過程はハショるとして、すると広田くんもこうなるわけですね。ほら簡単。たいへん自然。」

「ハショリ過ぎで全然仕組みが分からんのですが。」

「専門家じゃないので、こちらもそれ以上は分かりかねます。」

 驚いたなあ。まさか昔の友達がホラーの世界の人だったとは。ざっと千人くらい、ずらり並んだ石村くんを見てあらためて感心する。

 兄弟か親戚かと思ったが違うのだそうで

「クローン人間じゃないの?」

「うむ。たぶん。」

 とんだフィールドワークになっちゃったね河合くん、と振り向くと助手の河合くんは百人の石村くんにのしのしやられ

「石村ですが何か。」

 すっかり石村くんになっている。

「はっは。出来方は化石に似てるけどやはり違うなあ。この村の名前まぎらわしいなあ。イヤあながち間違ってないか、でもそしたら」どうやって読むのが正しいのかなあ、と考えるうちに次から次へ石村くんがのっしのっしのっしのっし。

ジャンル Edit

コメディ?名字?オノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第61回競作「化石村」 / 参加作

執筆年 Edit

2006年?

その他 Edit

Counter: 62, today: 1, yesterday: 0