まつじ/共通点

Last-modified: Tue, 20 Jun 2023 23:29:24 JST (400d)
Top > まつじ > 共通点

読む Edit

彼と私は、意思を疎通することができない。なにせ、私と彼の持つ器官がまるで異なる。だからとて、不都合もない。彼も私も、伝達を図ることがない。私は彼の形が分からない。全くが分からない。ゆえに、彼が私の輪郭を認知しているかも明らかでない。理解できることは、何ひとつない。


私と彼は、個別である。

断絶がある。


だのに、私は彼の存在を感じている。

互いの一部が接触することができたなら、もしかして私たちの宇宙は光よりも速く膨らんでいく。

ジャンル Edit

SF物理認知?孤独相似?わたし

カテゴリ Edit

超短編/カ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字心臓 / 第173回競作「共通点」 / 参加作

執筆年 Edit

2019年?

その他 Edit

Counter: 102, today: 1, yesterday: 0