まつじ/人間の砂漠

Last-modified: Sun, 07 Mar 2021 23:40:15 JST (46d)
Top > まつじ > 人間の砂漠

読む Edit

右から左に通り過ぎる風に長い腕を晒すと音もたてずに細かい粒になり吹き崩れて遠くへ消えていった。雲のない空の下、果てしなく広がる砂の丘、あの小さな波の模様に私はなるのだろう。体が完全に砂に消えてしまうほんの少し前、残った左目が向こうの丘で溶けるように崩れていく人影を見た。

ジャンル Edit

一行作品砂漠/沙漠/荒野リアルわたし

カテゴリ Edit

超短編/ナ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第15回自由題 掲載作

執筆年 Edit

2004年?

その他 Edit

Counter: 54, today: 2, yesterday: 2