まつじ/ひょんの木

Last-modified: Sun, 18 Sep 2022 23:51:10 JST (580d)
Top > まつじ > ひょんの木

読む Edit

 びよぅびよぅと吹き荒ぶ、全体、何の不満があるのか風は誰に彼にとなくぶつかり此れという目的もなく、みじみじと照り炙る、一体、いつ充ち足りるのか、燃え蠢く太陽はあらゆるを焦がすようで、其れと求めるものもない。

 あんぐり裂けた地表は、果たして幾度も震え揺るがしては自ら傷つけるようにまた裂け、どうぶどうぶと猛りうねる海は、近付くものぞろ浚い呑み込み飽きること尽きることがない。


 どこから現れたのか、誰も知らない。

 いつ生えたのか、知る由もない。

 気まぐれのようなたった一本の木が、世界を変えたとか、変えなかったとかいう。

ジャンル Edit

ファンタジー太陽?世界オノマトペ

カテゴリ Edit

超短編/ハ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字心臓 / 第127回競作「ひょんの木」 / 参加作

執筆年 Edit

2013年?

その他 Edit

Counter: 135, today: 1, yesterday: 1