ご当地アニメ・キャラクター経済効果

Mon, 29 Jul 2019 16:02:14 JST (111d)
Top > ご当地アニメ・キャラクター経済効果

ご当地キャラクター Edit

くまモン 1244億円(熊本県内。日銀熊本支店の試算、2011年11月~2013年10月) Edit

さのまる 592億円(佐野市内。2011年2月~2014年10月) Edit

ぐんまちゃん 558億円(2014年~2015年) Edit

琉神マブヤー 200~300億円(累計、試算) Edit

みきゃん 200億円超(2012年6月~、試算) Edit

  • 『日本経済新聞』2016年8月10日付地方経済面、中国・四国特集

ひこにゃん 174億円(2007年度、滋賀大学の試算) Edit

超神ネイガー 100億円以上(累計、試算) Edit

むすび丸 約90億円(2007~2012年度、推計) Edit

あゆコロちゃん 約64億円(2011年4月~2013年12月、試算) Edit

出世大名家康くん 59億6300万円(浜松市内。2012年9月~2014年8月、試算) Edit

オカザえもん 42億5000万円 Edit

ぐんまちゃん 32億9300万円(群馬県内。2013年~2014年度の推計) Edit

東北ずん子 2億2000万円(2011年10月~2016年2月末) Edit

しんじょう君 1億円以上(発表から1年間で) Edit

アニメ Edit

らき☆すた 31億3700万円以上(埼玉県、旧鷲宮町・旧久喜市・新久喜市。2007年~2017年の推計) Edit

氷菓 21億円(岐阜県、年間推計) Edit

ガールズ&パンツァー 7億2100万円(茨城県大洗町。2013年4月〜14年3月の直接経済効果) Edit