スレイヤー講座

Tue, 09 Apr 2019 21:53:47 JST (165d)
Top > クラス講座 > スレイヤー講座

諸事情により、2019.06.26付けで「TERA 攻略メモ Wiki」の更新を停止します。
日付が経過するに連れてWikiの情報が古くなる可能性が高いので、以降は本家Wikiの閲覧を推奨します。
本家Wiki - http://wikiwiki.jp/arborea/


はじめに

このページの内容は、「2019.02.13のアップデート」時点での情報になっています。
「職バランス調整パッチ」などのアプデによって仕様が変更された場合は、情報が古くなる事があります。
講座は主に65Lv向けのPvEを想定して書かれていますが、主観込みの文章なのでこれが絶対というわけではありません。

ガイド一覧

wiki以外にもガイドを書いてる人は複数いるので、そちらも参照するのを推奨。
特に海外勢の検証は綿密なので、英語が読めれば海外の情報を参考にするのが一番良いです。
Discordではリアルタイムで活発な議論が交わされているため、最新情報は基本的にDiscordへ集まる事になります。

名称リンク
スレイヤー議論用Discord(英語)https://discord.gg/M4JNZjv
Saabi's Slayer Guide(英語)https://docs.google.com/document/d/1vJiFIzw3-qBGPgPfZV94LbImUdQDHEi2UmA8gAF3UbY/edit#
+  その他の旧ガイド

Sam202氏作成のスレイヤーガイド(2018年)
https://essentialmana.com/comprehensive-slayer-guide/

スレイヤーについて

基本評価は全職業簡易まとめ参照。

クリスタルや消耗品

「スレイヤー」のページを必ず読んでおきましょう。65Lvからは必須級の知識になります。
「クリスタル」・「有効な補助アイテム類」・「ダンジョンでの動き方」は低Lvの内からでも活用できます。

装備の入手

育成帯は遺物武器やクエストで手に入る装備を+9まで強化して使っていけば十分です。
65Lv以降の装備などの情報については「Lv60~70の手引」を参考にしましょう。

オプション選択

使用する職によって装備の推奨オプションは多少異なります。
「推奨オプション」でスレイヤーの項目を見て装備オプションを選択しましょう。

特性

メイン
https://essentialmana.page.link/cBYz


メイン枠の特性の中には、Lv1だけ取得しておく項目もあるので、取得Lvはよく確認しておく事。
まずはメイン枠の特性を優先して取得していき、メイン枠を全て取得し終えたら、サブ枠をプレイスタイルに合わせて好みで取得する。
 
メイン枠の優先度は「攻勢」>「ホイール連係≒ブレビ怪力≒ブレビ怪力強化」>「ジョーブレイク極撃」>「ホイール致命傷・裂」。
サブ枠は高評価順に「アドジャン増幅≒モータル魔力回復」>「ノックダウン集中≒回避加速戦闘≒フォルス連係≒レトリ迅速≒レトリ連係≒モータル新たな標的」>「その他いろいろ」。

ダンジョンでの立ち回り

火力(アタッカー)
敵を倒す事が主な役目。敵の後方(盾の反対側)からの攻撃を心がける。
盾が纏めたMobNMを一丸となって攻撃する。バラバラになるのはNG。
IDでは基本的に盾職より先に進んではいけない。FA厳禁。
+  詳細な解説を開く
生存重視
火力組は他のクラスとくらべて、操作が比較的簡単な傾向にある。
そのため、火力が死亡するのは、死んだ人自身が原因という考え方が主流。
被弾しないように攻撃を避けつつ、Mobの後方からの攻撃を心がけよう。
道中
道中はタンクの後をついていき、タンクがMobを纏め終わってから討伐しよう。
タンクが敵を纏めて固定する前に攻撃してしまうと全滅の可能性もあるので、
タンクがシャウト等のヘイトスキルを使用したのを確認してから攻撃すること。
NM戦1
被弾しないように攻撃を避けつつ、NMの後方からの攻撃を心がけよう。
敵を後方から攻撃することで、大幅な攻撃力の上昇やクリティカル率の増加が見込める。
慣れてくると、弱攻撃は被弾しながら攻撃を続けることもあるが、やりすぎて死なないようには注意。
NM戦2
盾がNMを誘導している時は、誘導し終えるまで攻撃を止めて回避や生存に専念しよう。
特にリーシュ(NMに鎖を巻きつける攻撃)を使っている時は、誘導中の合図であることが多いので注意。
盾からタゲを奪ってしまったら、攻撃を控えたり盾の近くへ移動して盾にタゲを返す努力をする事。
ギミック処理や味方のカバー
ギミックの処理は基本的に火力が担当。無視することなく確実に処理しよう。
NMが一般Mob/小型Mobを召喚した時には召喚されたMobの討伐を優先的に行い、
ヒーラーやタンクが一般Mob/小型Mobに襲われてる時には状況を見てカバーする事。
プリーストPTの対応
プリーストPTの場合は、ID入場後や戦闘前にバフの付与があるはずなので、
バフの範囲外に出ないようにする、バフから漏れた場合は再使用をお願いするなど。
エレメンタリストPTの対応
エレメンタリストPTの場合は、HPが7割〜5割以下になったら回復玉を拾いに行く。
また、デバフが付与されたとき、デバフ解除用にHP回復玉を拾いに行くなど。
ID入場後に「気持ちいい挨拶」でエレの移動速度(と生存率)を高めてあげるのも有効。
各ダンジョンの攻略法に則った対応
ヒーラーがヒールヘイトを利用したMob集めを行うIDなど、
一部のダンジョンでは特殊な攻略法を用いるような場所もある。
そのため各自IDのページを参照し、IDの攻略法に則った対応をするようにしよう。

スキル優先度

スレイヤーの場合はCTが空いているスキルの内、高優先度のものから順番に使っていくのが基本的な戦闘スタイルになります。
また、スレイヤーは連係前提のスキルが多いため、「始動用スキル」と「連係用スキル」に分けてそれぞれ優先度を記載しておきます。

始動スキル

スラッシュペネトレイト>>ホイールウィンド≧ホームスラスト>ノックダウンストライク>kigou8.pngレトリートキックkigou9.png>フューリーストライク>>kigou8.png跳躍斬りkigou9.png>フォルスエッジストライク
「レトリートキック」と「跳躍斬り」は特殊枠です。
「跳躍斬り」は攻撃が中断された時の仕切り直し用に使ったり、移動用スキルとして使うことが出来ます。
ただし、飽くまで「跳躍斬り」は位置調整用で、「フォルスエッジストライク」と同じように普段のスキル回しには使いません。
 
「レトリートキック」はモンスターと衝突しないため、モンスターをすり抜けるのに使用できます。
このスキルで位置を微調整したり、敵の攻撃範囲外へ移動してから他の連係スキルへ繋げることも可能です。
このスキルはモンスターへの攻撃時間を増やすための重要なスキルの1つとなります。

連係スキル

kigou8.pngソードスプリット>モータルスラッシュkigou9.pngブレードビセクション>ジョーブレイク>モータルスラッシュ>ソードスプリット
連係スキルの優先度は以上の通りで、「ブレードビセクション」が一番優先度の高いスキルとなります。
括弧内のスキルは少し特殊で、「スラッシュペネトレイト」から連係する時のみ、該当スキルの優先度が上がります。

ペネトレイト連係

ゲーム内では一切説明がないが、「スラッシュペネトレイト」は一部スキルへ連係すると、連係先のスキルが高速化します。
また、「スラッシュペネトレイト」の発動後(特に1回目)は、通常は行うことができない連係を使うことができます。
これを利用する事で、連係を短縮化して高優先度スキルを早めに使う事ができるようになります。
また、バフの効果により強制後方判定のまま高優先度スキルを当てることが可能です。
 
例1.スラッシュペネトレイトソードスプリットブレードビセクションジョーブレイクブレードビセクションモータルスラッシュ
例2.スラッシュペネトレイトモータルスラッシュブレードビセクションジョーブレイクブレードビセクション
例3.スラッシュペネトレイトソードスプリットモータルスラッシュブレードビセクションスラッシュペネトレイトブレードビセクションジョーブレイクブレードビセクション(スピリットデストラクション時限定)

回避

回避
「ホームスラスト」や「ノックダウンストライク」などの一部スキルは、スキル発動中に「回避」を使うことが出来ません。
回避が必要な場面で該当スキルを発動中だった場合は、「ブレードビセクション」で動作をキャンセルする事で、回避へ繋げる事ができます。
「ブレードビセクション」のCT中に「ホームスラスト」などを使うと、回避が必要な場面で回避できずに死んだりするので注意。

覚醒

ソードスプリットスラッシュペネトレイトディバイド
ILv439を達成し覚醒クエストを消化すると、3つの新スキルが習得され、攻撃性能が強化されます。
覚醒スキルについての解説は、スレイヤーのスキルページを参照してください。

ソードスプリット

ソードスプリット
基本的な連係スキル。
通常時か憤怒時かを問わず、その他のスキルと同じように使用するのが一般的。

スラッシュペネトレイト

スラッシュペネトレイト
基本的な始動スキル。
ゲーム内では説明されていないが、他スキルへの連係にも使える。
また、この連係を使ったテクニックが存在する。

ディバイド

ディバイド
スレイヤ―初のバーストスキル*
CTが長めのため、憤怒時に合わせて使うと効果的。
チャージによる攻撃力増加量が低めのため、チャージせずに即発動する人も多い。

紋章

紋章例
下記の画像は「高級紋章貴重紋章」をコンプリートしている状態での一例です。
飽くまで一例なので、これが絶対というわけではありません。挑戦するIDによっては紋章を変える事もあります。
紋章の順番はプレイヤーごとに異なるので、参考にする場合はアイコンの形をちゃんと見ましょう。
例1(覚醒前)例2(覚醒後)
glyph_190203.pngglyph_190203a.png

動画

コメント

コメントはありません。 クラス講座/スレイヤー講座/コメント

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




当サイトで利用している画像及びデータは、GameOn株式会社及びKRAFTON Inc.に帰属します。
当サイトの文章や画像を、許可なく他のサイトへ無断転載することを禁じます。
 
Copyright © KRAFTON Inc. All rights reserved.
Copyright © GameOn Co., Ltd. All rights reserved.