21-

Last-modified: Sun, 15 Dec 2019 16:13:12 JST (680d)
Top > 21-

21-ROCK'N'ROLL

 

「帰ってきたぜ、おふくろ」

「あら、ディギちゃん!?随分変わったのね!?」

「ああ、見違えただろ?今は仲間とミュージシャン目指してるんだ。俺ぁ絶対にでかい箱でやろうって決めたからさ。俺の夢を見届けてくれよな!」

「ディギちゃん…随分立派になっちゃって…」

「ああ、昔のままじゃいられないからな。都会でいろんな人にあって世界が開けた気がするんだ。」

「ディギちゃん…あらいけない。面食らったけどおゆはん用意できてるわ。早くお入り。」

「楽しみだぜ。久しぶりのおふくろの料理は。それと…」

「なにかしらディギちゃん。」

「今までありがとうな。俺が突然都会に行くって言い出したときも否定しないで、やりたいことをやれって言ってくれた。」

「なによ今更かしこまって。」

「とにかくここまでこれたのは母ちゃんのおかげだ。ありがとうな。」

(母ちゃん、ここで泣く)

的なアレ。都会に行って帰ってきたら息子が豹変してた。そんな母さんの気持t(ry)

はい。ディギちゃんってなんだよ。

 

21-1 初手蓮コラ。学習したのかちょっと控えめ。

21-12 精度ゲー。イライラ棒。東方要素。

21-13 今までで一番でかい岩。

21-16 死と隣合わせの3つの砂柱。慣れれば楽しい。

21-18 囲まれている。窮地を脱しなければいけない。

21-20 圧倒的ピン。ボムによる手助けがなければ壁を超えられない。少し精度ゲー。

 

ロックな人生のような解釈をムリヤリすることで楽しめる。

分断されたステージが多い。