Bulgasari(プルガサリ)

Last-modified: Sun, 10 Feb 2019 00:16:12 JST (7d)
s_15.jpg

Basic Data

重量武器スロットモジュール耐久力(Lv12)速度(MAX)防御機構アビリティー特性アビリティークールタイム
中312317500040シールド急加速ダッシュ15秒
ダッシュ
移動速度が高くなるラッシュとは異なり、一瞬で一定距離(60〜80m)を移動する。2回分ストック可能で、移動中にもクールタイムはカウントされる
 
  • 中武器3つ装備可能で、機体の左側に非常に頑丈な盾を持つ。
  • 素の速度は遅いが、ダッシュ・アビリティにより短距離かつ直線的に急加速することが可能である。
     
     

Analysis

 
  • 一枚の盾として比較すれば、全機体中2番目のシールド耐久力を持つ。アップデートver4.3において、Rhino(ライノ)の盾が大幅強化(12%増加)され、Bulgasari(プルガサリ)の盾が大幅弱体化(8%減)された結果として順位が逆転した。ただ、依然として高耐久の盾を有効活用出来れば、エネルギー系兵器が猛威を振るう現環境では有用性はそれなりに高いと言える。この点、Free for all のようなタイマン勝負の場合は、爆発物耐性の関係で不利に働く場合が多い。また、素の速度(40km/h)の関係上、急襲された時に致命傷を負いかねないので相手との相性には細心の注意が必要となる。
     
  • 一方で、盾の位置が斜めのため、通常武器では正面の敵に対して攻撃と防御を同時行うことが出来ない。また、シールドの防御範囲が狭いので、弾が拡散するPunisher(パニッシャー)Molot(モロット)などの機関銃(マシンガン)系、およびThunder(サンダー)といった散弾銃(ショットガン)系のダメージを受けやすい。
     
  • Scourge(スカージ)Shocktrain(ショックトレイン)のようなロック武器と非常に相性がよく、盾で防御したままの攻撃が可能となり、この機体の真価を発揮できるようになる。また、武器スロットが右側に偏在し、その内2か所が高い位置にあるという仕様上、遮蔽物に隠れながらのいわゆる「半身撃ち」がしやすく、場所によっては武器だけ露出しての攻撃も可能である。
 

Setup

装備解説
Storm(ストーム)×3至近距離だと超火力を発揮することができ、Thunder(サンダー)×3のFury(フューリー)を火力で上回る。しかし、ダッシュ機中最も鈍足なBulgasari(プルガサリ)だと、近づく前に天に召されるかもしれない。
Orkan(オルカン)×3高い瞬間火力を持つが、移動速度及び300mという射程の関係上、自機の損害も覚悟した方がよい。同武器装備のHaechi(ヘチ)Fujin(フウジン)は天敵であるし、Griffin(グリフィン)などのジャンプ機には一方的にやられることがある。使用の際にはダッシュ・アビリティーの温存が重要となるだろう。
Tulumbas(トランバス)×3500m付近から攻撃出来るため、足の遅いBulgasari(プルガサリ)とそれなりに相性がよい。比較的初心者で特に有用な武器を揃えていない場合、相手のShocktrain(ショックトレイン)持ちに対抗する唯一の装備になるだろう。盾を上手く活用し、相手のShocktrain(ショックトレイン)を回避しながら一気に全弾撃ち込もう。ただし、周りに連鎖する味方がいないかよく確認すること。
Vortex(ボルテックス)×3Haechi(ヘチ)と共にまれに見かける装備。これだとVortex(ボルテックス)×2+Aphid(エイフィド)×2装備のGriffin(グリフィン)に、火力も入手難易度も射線の確保のし易さの点でも劣っているので、あまりお勧めはしない。
Taran(タラン)×3入手が容易な上に強力なので頻繁に見かける装備例である。継続火力が高くリロードも早い上に、リロード中に遮蔽物がなくとも盾を活用してある程度有利な立ち回りが可能。他のダッシュ機より鈍足でHaechi(ヘチ) のようにアンサイルもないので、爆発系武器持ちと遭遇した場合に距離的優位を取ることが出来るTaran(タラン)の方が、Orkan(オルカン)よりも向いている。
Scourge(スカージ)×3600mからじわじわ攻撃が出来る装備。対象との距離が威力に直接反映されるというScourge(スカージ)の特性上、ダッシュ機で最も鈍足のBulgasari(プルガサリ)とは相性が悪そうだが、実際は、Bulgasari(プルガサリ)の特徴的な盾の位置によって非常に適した装備である。導入時期的にも同機体を想定して作られたと思われる。角度調整に若干の慣れが必要だが、Bulgasari(プルガサリ)が対象の正面に盾を向けながら攻撃できる数少ない武器である。
Shocktrain(ショックトレイン)×3Shocktrain(ショックトレイン)装備のスペクターと並んでよく見かける。正面に盾を向けつつ一瞬で撃ち切ることが可能なためダッシュとの相性も良く反撃されるリスクが低い。現状、Spectre(スペクター)と並んで最もショックトレインに適した機体であり強力な組み合わせと言える。
Pulsar(パルサー)×3射程距離が600mと長いため、鈍足かつ盾と耐久力を備えたBulgasari(プルガサリ)に適した装備といえる。敵の中距離エネルギー兵器を遮蔽物と盾で回避し、高確率のロックダウン効果付きでDragoon(ドラグーン)2.5本分の火力を叩き込む。
 
 

(参考)盾持ち機体とEcu(エキュ)の耐久力の比較。

  • Lancelot(ランスロット)の場合、盾は3枚あるが、実際にほとんどの攻撃を防いでいる中央の盾一枚の耐久力を表記している。
  • Raijin(ライジン)は、左右の一方が破壊された場合でも、もう一方の盾で防御が一応可能なので、盾2枚分としてカウント。
順位(本体)順位()機体本体の耐久MK2盾の耐久MK2
11Raijin(ライジン)250000300000300000360000
52Rhino(ライノ)172000206400271000325000
43Bulgasari(プルガサリ)175000210000218000262000
64Galahad(ガラハッド)120000144000199000238800
-5Ecu(エキュ)------------197000236000
76Gareth(ガレス)8000096000160000192000
27Bulwark(ブルワーク)190000228000153000184000
38Lancelot(ランスロット)182000218400143000172000
 

Bulgasari(プルガサリ)は、盾の耐久力が最も高いが、盾が小さいので拡散する武器(マシンガン系・ショットガン系)は被弾し易い
Rhino(ライノ)は、盾は頑丈だが展開時は動けない上に旋回速度が遅く、前進しか出来なくなるため、側面からの攻撃に非常に弱い
Bulwark(ブルワーク)は、物理シールドとAegisシールドを合わせた全シールド耐久力が非常に高い
  Aegisシールドの回復と合わせて上手に運用すればかなりの防御力を誇る。但し、Aegisシールドは全ての属性を吸収するため、すぐに削られてしまうので過信は禁物である。
Lancelot(ランスロット)は、盾が前を全面カバーしているため、攻撃範囲が拡散する武器((マシンガン系・ショットガン系)の攻撃も防ぎやすいが、
  盾の耐久力が低い(中央の盾のみカウント)ので、油断しているとエネルギー武器にさえ容易に割られてしまう


 
 

Specification

レベル速度耐久値MK2物理シールドMK2コスト強化時間
1308900010680011100013300010k comp-
23295000114000118000141000100k Ag2時間30分
333101000121200126000151000200k Ag6時間
434107000128400133000160000400k Ag18時間
5351140001368001410001690002k Ag1日12時間
6361210001452001510001810004k Ag3日12時間
7381290001548001600001920006M Ag5日12時間
83913700016440017000020400011M Ag6日12時間
94014600017520018000021600017M Ag7日6時間
104015500018600019200023000036M Ag7日18時間
114016500019800020400024500052M Ag8日
124017500021000021800026200070M Ag8日6時間

※新エコノミー導入(PC:7/2、それ以外:7/5日導入)以前の強化費用及び強化時間については「旧コスト・強化費用(機体)」を参照。


 
 

最新の10件を表示しています。 Bulgasari(プルガサリ)/comment

  • 素の速度がライノより優れていて、二人までなら対等に戦える

    -- ID:/ZKSQ8FVg5M 2018-10-31 (水) 00:30:17

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White