胡乱舎猫支店/出てって

Last-modified: Wed, 24 Jun 2020 23:38:57 JST (481d)
Top > 胡乱舎猫支店 > 出てって

読む Edit

何故かいつも帰って来るのはわかってしまう。決して待ち侘びていたわけじゃない。そう、悪い予感の方がよく当たる。そんなのカンジ。

合鍵を使って上がり込んで来て悪びれもしない。それどころかどうして世界で一番傷ついた子供の様な顔が出来るんだろう?テーブルに並べた料理も殆どお子様向け見たいなものだし、一体幾つのつもり?そう、お互い。

ーお前だけがわかってくれる。

ー私だけがわかってあげられる。

もう原形すら留めていない、もはや呪縛でしかない、いやそれすらでもない何か了解だったらしいものが蟠っている部屋。

本当にウンザリする、本当に。なのにどうして言えないのだろう?言ってしまえばいいのに。言えないのならとっとと引っ越すなり、鍵を変えるなりすればいいのに。

本当にウンザリする、自分に一番。アイツが欲しいのは都合のいい母親と帰れる場所。ただそれだけ。そんなのとっくにわかりきっているのに。

真夜中、彼女はお気に入りの万年筆で日記にだけ打ち明ける。だんだん文字が太くなるのに気づいてため息をつく。ふと、背にした彼の寝息を吹き消せるものならと思った。

ジャンル Edit

リアル?彼女わたし

カテゴリ Edit

超短編/タ行

この話が含まれたまとめ Edit

すぐ読める

評価/感想 Edit

初出/概要 Edit

超短篇・500文字の心臓 / 第158回競作「出てって」 / 参加作

執筆年 Edit

2017年?

その他 Edit

Counter: 121, today: 1, yesterday: 0